最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 太陽系惑星群、銀河系宇宙の星間雲に突入を確認!その八 | トップページ | 太陽系惑星群、銀河系宇宙の星間雲に突入を確認!その十 »

2010年2月 7日 (日)

太陽系惑星群、銀河系宇宙の星間雲に突入を確認!その九

「来るべき未来の形」

地磁気の異常の基本的原因は、太陽系全体が天の川銀河の赤道平面を通過しているからであるこの通過が完了するのに20年かかる天の川銀河のこの地帯は大変に磁気が強く、太陽系全体が圧縮されたような状態となる。

地磁気の異常は、海流と気流の異常となって現れる。これは異常気象の原因となるが、それは2009年末から次第に現れて主要メディアなどでも取り上げられるようになるが、2010年には更に本格化する多くの場合、これは暴風を引き起こす。これは世界の民衆のカテゴリーにもはっきりと現れている。

2019年までの10年間には、月の位置が変わったり、肉眼でも確認できるほどの巨大な物体が太陽系に捕らえられたりというような、実にショッキングな現象が相次ぐ。

一方地球上では、新しい陸地の隆起や既存の陸地の沈下、また陸地の位置が変化するような現象が相次ぐ。

こうした中でも最大の被害を出すのは北極から南極へと向けて発生する巨大な津波である。この津波は発生後12時間で南極に到達するこれは遅くとも2011年に起こる見込みである

津波の原因は、北極の巨大な氷床が分離し、約10マイルほどの規模の巨大な湖が出来る事にある。津波の最大の被害を受けるのはアフリカ沿岸とアメリカの東南部である。津波が南極に到達すると、シベリア、アラスカ、そしてカナダ北部に被害が出る。そして南極に到達後数日で発生する引き波で、北部ヨーロッパのスコットランド、アイルランド、フィンランド、そしてロシア北部が被害を受ける。

やはり2012年前後には何かあるのだろうか?星間雲突入による巨大な変化はあるのだろうか?今後も注視してゆきたい。   この続きはその十に   以上

« 太陽系惑星群、銀河系宇宙の星間雲に突入を確認!その八 | トップページ | 太陽系惑星群、銀河系宇宙の星間雲に突入を確認!その十 »

宇宙自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系惑星群、銀河系宇宙の星間雲に突入を確認!その九:

« 太陽系惑星群、銀河系宇宙の星間雲に突入を確認!その八 | トップページ | 太陽系惑星群、銀河系宇宙の星間雲に突入を確認!その十 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ