最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その117[欧州連合における(トルコのEU加盟問題⑪)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その119[欧州連合における(トルコのEU加盟問題⑬」 »

2010年9月 3日 (金)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その118[欧州連合における(トルコのEU加盟問題⑫)」

EU理事会議長国オランダの提案(2)

なお、オーストリア政府やドイツ野党が提唱している特権的パートシップ については、触れられていない。また、加盟交渉の最終目標や加盟時点についても、意図的に言及していないが、2014年以降のEU予算枠組みが決定されるまでは、加盟交渉を終了してはならないとしている。したがって、トルコの加盟が実現するのは、早くても2015年となる。

 この提案は、各国のEU大使レベルで審議された後 (12月1日から12月第2週の週末まで)、外相会議に送られ、最終的には、加盟国の首脳によって決断される予定である。しかし、上掲の条件が採択されるか否かにかかわらず、高い確率で、交渉の開始が決定されるものと考えられている。そのため、争点は、交渉の開始時期にあるが、イギリス、チェコ、ルクセンブルクなどは、2005年第四半期にも開始すべきであるとしているのに対し、欧州(EU)憲法条約の国民投票 に悪影響が及ぶのを恐れるフランスは、2006年初頭にまで先送りすることを提唱するなど、見解は大きく分かれているとされる。

    ドイツとベルギーの立場
    フランスとオーストリアの立場

オランダ案に対する

トルコ外相の見解

 トルコの Gül 外相 は、オランダ

政府の条件は非常に多く、若干

重要なものに限定すべきと

捉えている。また、キプロス問題

ついては、国連案の受諾を拒否し、

両キプロス統一の道を閉ざしたのは、

ギリシャ系キプロスの方であると

反論するものと見られる。 

オランダの Bot 外相は、この

見解を冷静に受け止めているが、

提案は、欧州委員会の提案を踏

まえたうえで、全EU加盟国

の同意が得られるような内容でなけ

ればならないとしている。

Der Standard v. 30. November 2004

(Türkei enttäuscht von EU-Gipfelentwurf)

 

トルコ首相の見解

 トルコの Erdogan 首相 は、近時、

主張されている ① EU加盟に代わる

選択肢(特権的パートナーシップの構築)、

加盟交渉は加盟の実現

で終わるべきではないとすること、

また、③ キプロス共和国の

承認を新たな要件にすることについて、

異議を述べた。特に、ゲームの最中

にルールを変更することは受け

入れがたいとし、コペンハーゲン基準

維持を訴えた

 また、トルコ野党 CHP (社会民主党)の

Baykal 党首も、婚約が結婚を保障

するものとは限らないが、初めから

それを指摘するのは味気ないと批判した

(2004年12月9日 記)


ドイツ要人の反論

 EU加盟交渉の開始に関する決定を

約1週間後に控え、

トルコの Erdogan 首相は、自らEU

を訪問し、最後の支持を訴え

ているが、ドイツの大衆紙

Bild am Sonntag

紙に対し、「41年間もドアの外

で待たされている国は他にない。

我々はすべての条件

をクリアしたが、EUはトルコの

加盟を拒んでおり、我々は差別

されている」と述べた。

 この「差別」発言は、ドイツ内で

波紋を投じ、多くの政治家

より批判されている。

与党 SPD の Gernot Erler 氏

(外交問題報道官)は、

トルコは加盟に

向けた長い道のりの5分の1

を前進したに過ぎないことを認識

すべきであり、また、交渉過程では

新たな基準が設けられる

ことを受け入れなければならないと述べた。

 また、SPD と連立政権を組む

緑の党の ReinhardBütikofer

代表も、コペンハーゲン基準

は、すべての国に同じように

適用されるとして、別発言

を批判した。その一方で、

すべての加盟申請国が同

じように扱われなければならない

必然性はなく、トルコとの交渉は

従来の交渉とは異なるとした。

 野党 CSU の Edmund Stoiber

党首も同様にトルコ首相の

発言を批判した。

また、トルコのEU加盟に

反対の立場を改めて

強調し、自党や姉妹政党

CDU が政権

を握っている州は、フランスと協力し、

トルコのEU加盟を阻止する構えが

あることを明らかにした。

 

Die Welt v. 13. Dezember 2004 (Ankaras EU-

Kritik verärgert Deutschland)


(2004年12月13日)

 

Der Standard v. 29. November 2004 (Harte

Bedingungen für die Turkei)

Die Presse v. 30. November 2004 (EU-Beitritt

: Türkei protestiert gegen neue Hürden)

      その119に続く                       以上

 

オランダEU理事会議長国のホームページ (英語)

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その117[欧州連合における(トルコのEU加盟問題⑪)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その119[欧州連合における(トルコのEU加盟問題⑬」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その117[欧州連合における(トルコのEU加盟問題⑪)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その119[欧州連合における(トルコのEU加盟問題⑬」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ