カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 今度は240キロの巨大物体が地球に向っている? | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その140[欧州連合における(トルコのEU加盟問題34)」 »

2010年9月24日 (金)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その139[欧州連合における(トルコのEU加盟問題33)」

欧州憲法条約批准危機の影響

 2004年12月、EU加盟国首脳は、トルコとのEU加盟交渉を2005年10月

3日に開始すると決定したが、従来のEU加盟国の国民の間には反対論

が根強い。先ごろ、フランスオランダ で実施された国民投票でも、

多くの有権者は、トルコのEU加盟に反対するあまり、欧州憲法条約

の批准に反対したと解されている。特に、オランダでは、反イスラム

主義が主たる争点になった。また、フランスの投票者の35%は、

トルコのEU加盟に反対し、欧州憲法条約の批准にも反対票を投じた

と見られている。

 EU(EC)の原加盟国であるフランスとオランダで、憲法条約の

批准が否決されたことについて、トルコの Abdullah Gül 外相は、

自国の加盟が影響を及ぼしたわけではないと述べている。また、

国民投票の結果は、加盟交渉の開始(10月3日)に変更をも

たらすものではないとしているが、トルコ政府の中では、

懐疑論が高まりつつあるとされる。特に、Ali Babacan 財務相は、

加盟交渉は困難になるであろう発言している。

 もっとも、来る10月3日に加盟交渉が開始されること自体

については、EU加盟国政府やトルコ政府も確信を得ている。

トルコのEU加盟に反対しているドイツの CDU・CSU も、

加盟交渉の開始そのものには異議を述べていないが、

すでに確定された計画を破毀するのは困難と解される。

   2005年6月11日付けの Die Presse 紙によると、

同16・17日の 欧州理事会 の決議に、トルコとの加盟

交渉の開始 次期に関する声明は盛り込まれないこと

になった。これは、フランスやオーストリアの要求に

従ったものであるが、昨年12月の決定に変更がない

ことを意味するものとして説明されている

 2005年2月24日から3月8日にかけて、TNS Sofres は、

6つの加盟国(6大国)でトルコのEU加盟についてアン

ケートを実施した。対象となったのは、フランス、ドイツ、

イタリア、ポーランド、スペイン、イギリスの各1000人

の国民であるが、調査結果は以下の通りである。

 トルコのEU加盟    

賛 成 反 対

37%
フランス
59%
36%
ドイツ
60%
49%
イタリア
38%
55%
ポーランド
28%
49%
スペイン
25%
50%
イギリス
32%
45%
平均
43%

100%に達しない数値は、「分からない」とする回答である。


 6ヶ国の平均では、賛否両論とも過半数には達しておらず、

EU市民の見解は大きく割れていることを示している。他方、

独仏では反対意見が多いのが目立つが、

フランスでは、欧州憲法条約批准の是非を問う国民投票

に悪い影響を及ぼしかねないと懸念されている。なお、

ドイツでは、国民投票は実施されない。

リストマーク フランス国民投票の結果
トルコのEU加盟に対するフランス国民の態度

オランダにおける反イスラム主義

 他方、2005年初頭の政権交代後、EU加盟を訴えて

いるウクライナの加盟については、以下の通りである。

 ウクライナのEU加盟   

賛 成 反 対

58%
フランス
37%
41%
ドイツ
53%
62%
イタリア
23%
77%
ポーランド
12%
60%
スペイン
11%
49%
イギリス
27%
55%
平均
31%

100%に達しない数値は、

「分からない」とする回答である。


 ドイツを除く全ての国では、賛成派が多数を

占めており、EU市民は、トルコの加盟問題のように、

神経質になっていないことが伺える。なお、

ドイツで反対派が過半数に達しているのは、

首都キエフにあるドイツ大使館が不正に大量のビザを

発給し、多数のウクライナ国民が西欧

(特にポルトガル)に移住していることに起因

すると解される。

 唯一ポーランドでは、トルコとウクライナの

EU加盟に賛成する見解が半数を上回っているが、

これは、第3国の新規加盟に好意的な中東

欧諸国の見解を象徴している。また、ロシアに

対する消極的な立場が、ウクライナのEU加盟を

支持する見解につながっていると分析されている。

(参照)

Die Welt v. 24. März 2005

("60 Prozent der Deutschen gegen EU-Beitritt der Türkei")

アンケートについて

さらなるEU拡大に関するEU市民の見解


(2005年3月28日 記)

         その140に続く                       以上






« 今度は240キロの巨大物体が地球に向っている? | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その140[欧州連合における(トルコのEU加盟問題34)」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度は240キロの巨大物体が地球に向っている? | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その140[欧州連合における(トルコのEU加盟問題34)」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ