カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 世界各地で巨大な穴が出来ている、地球的地殻変動? | トップページ | すべての海流が死につつある? »

2010年11月 3日 (水)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その179[欧州連合における(廃棄物処理の現状③)」

第2章 家庭廃棄物に係る問題

1.家庭廃棄物の増加傾向

 欧州連合における家庭廃棄物の量は,1980年の1.1億トンから1992年には1.3億トンと,23%増加した。近年の年間増加率は3%と増加傾向にある。
 一人当たりの量も,1980年当時は330kgであったが,1992年には390kgと増えている(表2)。工業化の進展,所得水準の上昇が,その原因と考えられている。中でも一人当たりの量が多いのは,フィンランド(537kg),オランダ(500kg),ルクセンブルグ(490kg)である(表3)。もっとも1990年代には,一人当たりの廃棄量の増加率は下がっている。
 家庭廃棄物の中で量が多いのは容器包装材で,一人当たり154kgと総量の40%程度を占めている。家事労働の省力化,スーパーマーケットにおける加工食品の購入の割合が高まるにつれて,容器包装廃棄物の量は増える傾向にある。1990年当時には,家庭廃棄物の69%が最終処分場に廃棄され,18%が焼却された。近年最終処分場での廃棄の割合は減少し,焼却の割合が増えている。焼却による処理の割合が高いのは,ノルウェー,スウェーデン,デンマーク,フランス,ドイツである。廃棄物処理施設が飽和状態に近づき,処理事情が逼迫しているのはオランダ,ベルギー,英国,イタリアである。

 表2、家庭廃棄物の量の変化(kg/人)     eurostat 1995

国名                          年

                   1975   1980  1985   1990   1992 

ベルギー              296        310                  343

デンマーク                                         399       475                 460

ドイツ                                   333        348       317      360

ギリシャ                                            259       304     296      310

スペイン                               226        270      260       322      360

フランス                                271       289       294       360    470

アイルランド                          175       188        312

イタリア                                257       252        265       348       350

ルクセンブルグ                      330       351        357       445      490

オランダ                                           498       435       497      500

ポルトガル                                        213       247       257      330

英国                                   324       312       341       350

オーストリア                          185       222        229       430

フィンランド                                                   510       620      537

スウェーデン                         293        302      317       370

平均                                               330               388      390

(参考)

日本                                    378        376      344      411       410 

表3、 家庭廃棄物処理量                Eurostat 1995

    国名                総量(百万トン) 一人当り量(kg)

ベルギー                      4(1980)       310(1980)

デンマーク                     2.3(1992)      460(1992)

ドイツ                        28(1990)       360(1990)  

ギリシャ                      3.2(1992)       310(1992)     

スペイン                      14(1992)       360(1992) 

フランス                       27(1992)       470(1992)  

アイルランド                    1.1(1984)        310(1984)    

イタリア                       20(1992)        350(1992)

ルクセンブルグ                  0.1(1992)         490(1992)

オランダ                      7.6(1992)        500(1992)  

ポルトガル                     3.2(1992)       330(1992)  

英国(北アイルランドを除く)           20(1990)       350(1990)

オーストリア                    3.2(1990)        430(1990) 

フィンランド                     3.1(1990)        620(1990) 

スウェーデン                   3.2(1990)         370(1990)  

合計                       130

(参考)

日本                       50(1993)         410(1993)             

 家庭廃棄物の内容を統計が存在する国毎に表示すれば表4のようになる。

表4 家庭用廃棄物の内容(重量別)      OECD統計(1991)

              ベルギー   フィンランド   ギリシャ   英国

   食料品、庭木    47%       41%     50%    19%

   紙 類         31            37              23            39

   プラスチック            4                     5               11            10

   ガラス                  8                     2                4              9

   金属                   4                     3               4              7

   その他                  6                   12                8             16   

2.家庭廃棄物の中の危険物質

 家庭廃棄物の中には危険物質が含まれている場合がある。

例えば,バッテリー,油脂,塗料,樹脂,古くなった薬品,

家庭用化学製品等である。廃棄物毎に含まれている危険物質を

例示したのが表5である。
 家庭廃棄物の中に含まれている危険物質の量は年とともに

増加している。したがって,これらは一般の廃棄物処理施設で

処理されても,産業廃棄物と同様に慎重な無害化措置をとる

必要がある。無害化措置をとらないと,処理の過程で,

再生利用が可能な物質が危険物質によって汚染されるという

弊害が起こる。したがって,家庭廃棄物の場合には,

分別収集が徹底される必要がある。また,処理施設の

操業には十分な規制が望ましい。

表5 危険物質が含まれている家庭用消費物質

 ○プラスチック製品

   有機塩素化合物、 塩化ビニール(PVC)中の有機溶剤

 ○殺虫剤 

   有機塩素化合物、有機燐酸塩化合物

 ○薬品

   有機溶剤及び残滓、重金属

 ○塗料

   重金属、絵の具、溶剤、有機物残滓

 ○乾電池

   重金属

 ○石油

   重油、石炭酸及び他の有機化合物、重金属、

      アンモニア、塩酸、苛性ソーダ

 ○金属

   重金属、顔料、研磨剤、めっき用塩、重油、石炭酸

 ○皮革

   重金属

 ○繊維

   重金属、染料、有機塩素化合物

 ○冷蔵庫、冷凍庫、空調器

   冷媒フロンガス

         その180に続く                     以上

« 世界各地で巨大な穴が出来ている、地球的地殻変動? | トップページ | すべての海流が死につつある? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界各地で巨大な穴が出来ている、地球的地殻変動? | トップページ | すべての海流が死につつある? »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ