カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その190[欧州連合における(廃棄物処理の現状⑭)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その192[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題①)」 »

2010年11月15日 (月)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その191[欧州連合における(廃棄物処理の現状⑮)」

第9章 結論

1.廃棄物取扱い計画の作成とその特色

 廃棄物の発生を抑制し,減量化をはかるとともに,適正処理をするためには,各種の廃棄物が発生する過程を明らかにする必要がある。また,廃棄物処理が環境に如何なる影響を与えるかを調査するためには,廃棄物の発生処理に関する詳しく正確な統計資料が必要である。しかし,現在のところ欧州連合加盟国間で廃棄物の定義が一定でなく,分類方法も異なるため,廃棄物に関する統計を国毎に比較することは困難であり,適正な施策も立てにくい。
 現在,欧州連合各国によって廃棄物取扱い計画が作成されているが,その特色は次のとおり。

(1)

 各家庭に対し,使い拾て型の生活様式を見直すことによりゴミの

減量と再利用を奨励している。減量策としてとられる措置としては,

ゴミ収集料金の徴収があり,その方法としては有料ゴミ袋を使う

容積制料金制度と,電子計器を用いる重量制料金制度がある。

(2)

 企業に対し,環境に良い商品の製造,販売を奨励している。また,

環境に良い製造技術を採用することを促している。

(3)

 一部の国では企業に対し,製造者責任を課し,容器包装物等の

回収を義務付けている。これに伴い,瓶,缶や乾電池の販売に

デポジット制度を採り入れ,その回収を促進している。回収された

プラスチックの容器や包装材は加工して製鉄所の高炉還元剤等

に使う方法が検討されている。

(4)

 一般廃棄物は,できる限り発生場所の近くで処理する。また,

自国内処理を原則とする。

2.その評価

(1)

 廃棄物減量化のための各種施策が講じられた結果,廃棄物

の増加率は低下したが,増化傾向には歯止めがかかっていない。

多くの廃棄物を発生する部門として,農業,鉱業,製造業や

家庭があるが,いずれも廃棄物は増加することが予想されている。

(2)

 廃棄物の内容は各国の経済構造や発展段階によって異なる。

家庭廃棄物の中で,プラスチックや容器包装品の割合が高く

なっている。工業廃棄物には危険なものが増加している。

(3)

 廃棄物処理の原点は,廃棄物を自然に還元し,自然の生態

系循環を維持することである。欧州連合では,廃棄物は最終処

分場に廃棄されることが多い。このため,処分場の管理が十分

に行き届いかないと廃棄物は自然に還元されず,土壌や地下水

の汚染をもたらす。また,炭酸ガス,メタンガス等のガス発生

の原因ともなる。

(4)

 一部の廃棄物を処分場に廃棄することを禁ずる等,より厳格

な規則を定めた結果,多くの廃棄物が焼却され,また,別の

処理が行われるようになった。しかし,焼却の場合には厳格な

規制が行われても,不完全燃焼により,ダイオキシン,塩酸,

水銀等危険物質が発生する。欧州連合は,ダイオキシンの

発生を2005年までに1985年の発生量の90%にまで減少する

目標を立てている。

(5)

 廃棄物の分別収集徹底等により廃棄物の処理過程が合理化

されつつある。しかし,循環型経済社会を実現するとの目標

は未だ達成されていない。

(6)

 危険工業廃棄物の処理に関する国際的な規制強化にもか

かわらず,多量の危険工業廃棄物が処分のため欧州連合内

で,また,欧州連合から発展途上国へ輸出されている。危険

工業廃棄物は規制の厳しい国からより緩い国へ移動して処分

される傾向があるが,発展途上国への輸出を規制するための

法整備は未だ十分でない。そのため危険工業廃棄物はで

きる限り欧州連合内で処理するとの目標は未だ実現され

ていない。

(7)

 最終処分場の管理が不十分なため起こる土壌や大気の

汚染が,健康や環境に如何なる悪影響を及ぼすかについ

ては未だ不明な点が多い。しかし,廃棄物の量が増加し,

危険物質も多い現在,悪影響を防止するための費用は極

めて大きくなることが予想される。

(8)

 近年欧州連合では,消費者や企業が環境保全に配慮し,

資源循環に役立つような製品,材料を優先的に購入する

動きが強まっている。それにも拘らず廃棄物の発生と処理

の過程を短期間に改善し,循環経済を実現するとの目標

を達成することは難しい。欧州連合統合の結果,経済活動

は活発化し,廃棄物発生量も今後増加するであろう。

廃棄物の減量目標や安全な処理基準が守られない場合

には,廃棄物処理は欧州連合の環境問題に対し将来も

大きな脅威を与えることになろう。

参考資料
Europe's Environment  European Environment Agency 1996
Environment in the European Union  European Union 1995
EU Environment Guide 1996
Eurostat  European Union 1996
Europe in Figures  European Union 1995

    その192に続く                     以上

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その190[欧州連合における(廃棄物処理の現状⑭)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その192[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題①)」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/37592304

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その191[欧州連合における(廃棄物処理の現状⑮)」:

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その190[欧州連合における(廃棄物処理の現状⑭)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その192[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題①)」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ