カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その192[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題①)」 | トップページ | インドネシアの他の山でも大噴火の予兆! »

2010年11月17日 (水)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その193[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題②)」

第1章 再生可能エネルギー開発2001 年展望
1-1 はじめに
欧州(EU)委員会は、1997 年11 月に“再生可能エネルギー白書

(Energy for the Future:Renewable Sources of Energy‐White

Paper for a Community and Action Plan)”を発表し、EU 加盟国

における再生可能エネルギーの開発利用を、2010 年までに総

エネルギー消費の12%に倍増することを決め、加盟国にそれぞれ

開発目標値(indicative target)を定め、開発努力を要請した。

加盟各国は、EU 委員会の要請を受けて、鋭意再生可能

エネルギーの開発に努めてきており、ある分野の再生可能

エネルギー、例えば風力などは、経済的にもエネルギー資源

の観点からも現実性のある、新しい産業分野に成長してきている。
以下は、加盟各国が進めてきた開発努力の成果ならびに

今後の開発見通しについて紹介するものである。なお、

本調査レポートは、EU 委員会のAltener Programme による

資金援助を受けて、調査会社“EurObserv’ER”が再生可能

エネルギー開発の8分野について3年間の月日を掛けて

データを集め、分析したものである。分析に当たっては、

EU 委員会が再生可能エネルギー白書で示した開発計画

と比較するという手法が採られている。

1-2 風力
目覚ましい成長と技術進歩にもとづく経済的成功により、

風力は、再生可能エネルギー開
発の舞台で主役を演じている。ここ数年の風力タービン

に関する技術面での進歩は、驚くほど急速である。
その最も顕著な例は、ドイツの市場にみられる。1995 年

に建設されたタービンの平均出力は、470kW であったものが、

2001 年には1,280kW に大型化している。このようなユニット

容量の大容量化は、同時にウインドファームの大規模化を

もたらし、より一層のコスト低減に資している。
次世代のタービン容量は、3MW から5MW になるといわれ

ている。幾つかのタービンメ
ーカーは、すでに、この範囲の商用プロトタイプを発表して

いる。世界初の4.5MW 洋上風力タービンを開発するドイツ

の“Enercon”がその代表的なタービンメーカーの1つである。
EU 委員会による風力発電分野の開発支援政策により、

加盟国の開発意欲は高く、2001 年に加盟国が建設した

風力発電設備は、世界中で新設された風力発電設備の

67%に相当する4,615MW に達している。
ドイツは、2001 年末で875 万kW の設備容量を所有して

おり(表-1参照)、風力開発分
野で無敵のリーダーである。ドイツ1カ国で世界の総風力

発電設備の1/3 以上を占めている。風力発電電力の

購入価格を8ユーロ・セント/kWh と定めたドイツの「再生

可能エネルギー促進法」がドイツを世界に冠たる風力開

発国とした原動力である。と同時に、風力開発に対する

ドイツの政治的熱意がもう一つの推進力となっている。

2001 年に266 万kW の新規風力建設(対前年伸び率

43.7%)を認めたことに、政府の意欲が示されている。

表-1 EU加盟国における風力発電設備(単位:MW)EurObserv'ER 2002

設備出力国名  2000    2001   2001年に新設された設備成長率(%)
ドイツ        6091   8750    2659        43.7
スペイン       2443     3660       1217       49.8
デンマーク          2297     2417        120          5.2
オランダ              448       483        35          7.8
イギリス              409       474          65        15.9
イタリア               389       697        308        79.2
ギリシャ              189       273          84        44.4
スウェーデン        231      264           33        14.3
アイルランド         118      132           14        11.9
ポルトガル          100       127           27        27.0
フランス               79        94           15         19.0
オーストリア          78        97           19         24.4
フィンランド           38        39            1           2.6
ベルギー*            13        31           18        138.5
ルクセンブルク     10        10             0           0.0
合計               12933    17548       4615         35.7
       *出典:Apere

スペインの風力開発も目覚ましい。2001 年に122 万kW の

新規設備を運転開始させ(対前年伸び率49.8%)、同年末

の総設備容量は366 万kW となり、EU 加盟国で第2位

(世界で米国に次いで第3位)の風力開発国の地位を確立している。
デンマークの状況は依然として不透明である。投資を促進

するためのメカニズムの将来が不透明なため、風力開発

が2000 年の55.5 万kW から2001 年には12 万kW に

スローダウンしている。それでも、デンマークは、2001

年末で242 万kW の風力発電設備を有しており、EU

加盟国の中で第3位(世界で第4位)の地位を保っている。
その他のEU 加盟国での風力開発は、発進したばかりと

いう状況であるが、その中でイタリアの熱意が目立っている。

2001 年に31 万kW の設備が新規に運転開始した。これは、
イタリアでの新記録である。その結果、イタリアは、2001 年

にオランダ、英国を抜いて世界第4位に躍進している。

     その194に続く                     以上

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その192[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題①)」 | トップページ | インドネシアの他の山でも大噴火の予兆! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/37619190

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その193[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題②)」:

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その192[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題①)」 | トップページ | インドネシアの他の山でも大噴火の予兆! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ