カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その198[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑦)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その200[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑨)」 »

2010年11月23日 (火)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その199[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑧)」

1-6-2 太陽熱利用
2000 年に1,046,140 平方メートルの太陽集熱器が、EU 加盟国全体で

新たに設置された。これは、前年の増加分に比べ233,640 平方メートル

多く、かなりよい結果であった。国別にみると、ドイツとオーストリアが

群を抜いて高い増設規模を誇っている(表-7参照)。

表-7 EU加盟国における太陽集熱器設置面積
            (単位:平方メートル)EurObserv'ER 2001
              1999年          2000*年
ドイツ          2750200          3336700
オーストリア      2020000          2150900
ギリシャ                  1975000                    1945000
フランス                   536700                      542500
イタリア                    255000                      271000
デンマーク                219000                      242800
オランダ                  214200                      237300
イギリス                   140000                     130000
スペイン                    364000                     369000
ポルトガル                160200                     145400
スウェーデン              149000                     161900
フィンランド                  9000                        9700
ベルギー                   38000                       39500
アイルランド                 1500                        1500
ルクセンブルク              1000                        1000
         合計              8832800                  *9584200
        *9878940平方メートル(設備廃止前)

ドイツの太陽熱利用促進キャンペーン“Solar Na Klar”が大きな効果を

発揮している。2000年には615,000 平方メートルの集熱器が増設され

たが、2001 年には900,000 平方メートル増設と46.3%も増設規模が

拡大した。なお、今後の見通しについては、2001 年と2002 年に年間

伸び率46%を達成した後、2005 年までの平均伸び率は30%となるもの

と予測されている。

フランスでは、2001 年に46,000 平方メートルの集熱器が新たに設置

された。フランス市場にも“Plan Soleil”の効果が現れてきており、

専門家は、2010 年までには年間100 万平方メートルの増設規模が

達成されると見ている。これは、増設規模を毎年倍増していくことに

相当する。

今後の見通し(目標達成率:80%)

EU 加盟国全体の太陽集熱器面積は、2000 年末において9.6 百万平

方メートルとなっており(12年~18年間の使用後に廃止される設備を除く)、

前年に対して8.5%の伸びであった。加盟各国の努力を考慮すると、

2010 年には80 百万平方メートル程度になるものと思われる。しかし

ながら、EU 委員会の目標である100 百万平方メートルには及ばない

(図-7参照)。

図-7 太陽集熱器設置に関するEU 目標値との比較

(単位:1,000 平方メートル)          EurObserv'ER 2001

                   年         実績        EU目標値

      2000          9584             0

      2003          19000           15000

      2010          81550          100000  

            その200に続く                         以上 

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その198[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑦)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その200[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑨)」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/37673631

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その199[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑧)」:

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その198[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑦)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その200[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑨)」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ