カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 今、木星でも大変な異常気象が発生か? | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その202[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑪)」 »

2010年11月25日 (木)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その201[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑩)」

1-8 木質系燃料

EU 加盟国全体で、再生可能エネルギー(大規模水力を除く)の

58%は木材から得られるエネルギーである。木質系エネルギー

の利用は、風力や大規模水力の開発に見られるようなマスコミ

受けがなく地味なものであり、昔からの伝統的方法によって行

われてきた。加盟国全体で、2,000 年に47.3 百万トン(石油換算)

の木質系エネルギーが利用されている。フランスは、加盟国の

中で、木材を1次エネルギーとして最も多く利用している国である。

2,000 年に9.8 百万トン(石油換算)相当のエネルギーを木材から

得ている。次いで、スウェーデン(8.3 百万トン)、フィンランド

(7.5 百万トン)と続いている(表-9参照)。

表-9 EU加盟国における木質系燃料生産(単位:石油換算100万トン)
                            EurObserv'ER 2001
       国名  生産量(1999年)  生産量(2000年)
     フランス     9.8           9.8
     スウェーデン  7.7              8.3
           フィンランド     7.8                       7.5
           ドイツ             4.7                       5.0
          イタリア           4.5                       4.6
          スペイン          3.6                       3.6
          オーストリア     2.9                       3.0
          ポルトガル       1.7                       1.7
          イギリス          1.0                        1.0
        ギリシャ          0.9                        0.9
          デンマーク       0.8                       0.9
          オランダ          0.5                       0.5
          ベルギー         0.3                       0.3
          アイルランド     0.1                       0.2
          ルクセンブルク 0.0                       0.0
             合計          46.3                      47.3
- 16

家庭の暖房用や工業用ボイラの熱源として木材を利用するのが、

今までの主要な利用法であったが、近年は、熱併給発電方式

により熱と電力を同時に生産するために、木質系燃料を利用

することが普及してきている。

IEA の統計によれば、木質系エネルギーから生産された電力は、

加盟国全体で1999 年に173 億kWh である。EU 委員会が設定した

目標を達成するためには、2010 年までの間に新たに52.7 百万トン

(石油換算)のエネルギーを木質系で得なければならない。

木質系エネルギーの利用拡大のための最も重要な手段は、

電力生産用燃料として利用することであるが、これを実現する

ためには、熱併給発電技術の一層の向上と建設資金の確保

問題を解決する必要がある。中でも、木質系エネルギーで発電

された電力の販売価格に優遇価格を設定して、この分野への

投資にインセンティブを与えることが重要である。

今後の見通し(目標達成率:62%)

今後の木質系エネルギーの利用についての見通しは、

加盟国政府の開発計画を考慮して計算すると、2010 年には

62 百万トン(石油換算)となる。これは、EU 委員会の

目標値(100百万トン)をかなり下回る(図-9参照)。

以上の調査分析結果から、次の指摘ができる。

図-9 木質系燃料に関するEU目標値との比較

(単位:石油換算100万トン) EurObserv'ER 2001

             年         実績       EU目標値

     2000         47.3         -

     2003         52          52

     2010         62         100

      その202に続く             以上

« 今、木星でも大変な異常気象が発生か? | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その202[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑪)」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/37733671

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その201[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑩)」:

« 今、木星でも大変な異常気象が発生か? | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その202[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑪)」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ