カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その201[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑩)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その203[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑫)」 »

2010年11月26日 (金)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その202[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑪)」

1-9 まとめ
以上の調査分析結果から、次の指摘ができる。

第1 は,再生可能エネルギー(RES)の太宗が、木材資源を

はじめとするバイオマスと水力であり、RES に占めるウエイトは、

バイオマスが60%、水力が33%と、この2つで93%を占めている。

前述のように開発の進展が著しい風力(1995 年の35 万 toe

から2000 年には183 万 toe と5 倍に増加している)でも2000 年

におけるウエイトは2.3%にすぎない(表-10 参照)。

  表-10 EU加盟国におけるRES生産実績と開発目標
        (単位:石油換算100万トン)EurObserv'ER
 RES         生産実績 生産実績 白書の開発目標値
             (1995年) (2000年)  (2010年)
 風力            0.35    1.83      6.89
 水力(揚水発電を除く) 24.8    27.00       28.8
  太陽光                     0.002      0.011            0.26
  バイオマス                 44.8       48.65            135
  地熱                         2.50        3.42              5.2
  太陽熱                      0.26        0.38               4
  合計(RES)                72.7        81.3            180.16
  合計(エネルギー総消費量) 1366    1460        1581

    RESの割合             5.3%        5.6%            11.40%

このため、EU 委員会が設定した開発目標を達成できるか

否かは、バイオマスの開発がEU委員会の期待どおり、

2010 年までに、2000 年の約3 倍の1 億3,500 万toe を

開発できるか否かに懸かっている。

現在のバイオマス利用の大半は、炊事や家庭暖房用に

薪や木炭を使用するという昔ながらの利用である。この

ような形でのバイオマス利用を増やしていくには限界があり、

今後は工業的利用、例えば、熱併給発電所の燃料として

の利用、地域暖房プラントの熱源、あるいは、都市ガス用

バイオガスや自動車用液体バイオ燃料に転換して利用するなど、

ハイテクを駆使した利用方法を導入する必要がある。EU 委員会も、

表-11 に示されているように、バイオマス発電の増加を大いに

期待しており、2000 年の280 億kWh から2010 年には2,300 億kWh

へと8 倍強の増大を見込んでいる。第2 は、RES の開発と同時に、

エネルギー利用の効率化と省エネルギー努力が必要なことである。

1995 年以降2000 年までに、860 万トンの石油に相当するRES が

新たに開発利用されてきたにもかかわらず、エネルギー消費に

占めるRES の比率は、僅か0.3%の上昇にとどまっている。(表-11 参照)

RES 開発促進政策と併せて、エネルギー消費抑制政策を推進する

ことが、21 世紀の地球温暖化問題の解決にとって重要である。

表-11 EU加盟国におけるRESによる電力生産実績と開発目標(単位:10億kWh)
                                                      EurObserv'ER 2001
RES             生産実績  生産実績  白書の開発目標値
                      (1995年)  (2000年)    (2010年)

 風力              4      21.3        80
 水力             251      274        *280
  小水力(<10MW ) 37            40                 55
  太陽光              0.03          0.13                  3
  バイオマス          22.5          28.1              230
  地熱                   3.5           4.8                  7
  合計(RES)         318         368.3              655
合計(エネルギー総消費量) 2327.6  2559.8    2850
   RESの割合      13.7%        14.4%             **23%

*揚水発電を含む白書の開発目標値は3000億kWh
**2001年9月、ヨーロッパ指令により、目標値はエネルギー総消費量

の22.1%に引き下げられた。

          その203に続く                以上

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その201[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑩)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その203[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑫)」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/37733959

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その202[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑪)」:

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その201[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑩)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その203[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑫)」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ