カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その204[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑬)」 | トップページ | 南極上空に巨大な渦が出現する! »

2010年11月29日 (月)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その205[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑭)」

投資資金
        活動                   コスト(ユーロ)
     風力・水力複合システム             19,500,000
     海水淡水化プラント                2,100,000
          バイオガスプラント                                   2,500,000
          代替輸送                                                1,800,000
              合計                                                 25,900,000

運営
ITC(Canary Islands’ Technological Institute)およびEU のSAVE

プログラムの支援を得て、アイランド・エネルギー局

(Island Energy Agency)が設立された。同局は、プログラムの日

常的な運営を担当するほか、Cabildo Insular、カナリア諸島の

R&D 機関および民間会社と密接に協力してRES の開発の可能性

を研究し、かつ、持続可能エネルギー・システムの実現のために

活動している。モニタリングすべての部門の団体と島内グループが

参加する「生物圏特別保護区」委員会は、社会参加のための

フォーラムとして機能している。

また、同委員会は、大学およびR&D 機関から科学的・技術的アド

バイスを受けている。なお、El Hierro プロジェクトは、UNESCO の

「MaB―生物圏特別保護区」プログラムの一環であり、世界各地

(とくに、Minorca、Guadeloupe、Galapagos、Hiiumaa、Lanzarote

などの諸島)で実施されている類似のイニシアティブの経験を活用

している。

  Contact
  Mr. Javier Morales
  Consejero de Agricultura, Ganadería y Pesca - Vice-President
  Cabildo de El Hierro
  C/. Doctor Quintero Magdaleno, II
  Valverde, El Hierro - 38900 Santa Cruz de Tenerife
  Canary Islands – Spain
  Tel: 00 34 922 55 00 78
  Fax: 00 34 922 55 02 52
  E-mail: cabildohierro@cistia.es
  Web Site: www.el-hierro.org

2-3 化石燃料を使用しない都市(スウェーデン)
                                         (スウェーデン・Kristianstad 市)
背景
Kristianstad 市は、Region Skåne の中心都市で、人口は

約7 万4,000 人である。同市は多数の小規模な地区に分かれ

ているが、この中で規模の大きい6 つの地区に、工業、サー
ビスおよび住宅が集中している。
Kristianstad 市は、優れた農業条件、高度な機械化、優れた

環境、および、R&D に対する投資が多いことなどにより、スウ

ェーデンの食糧供給基地の1 つとなっている。Kristianstad 市

の評議会(Executive Committee)は、1999 年に「化石燃料を

使用しない都市」宣言を満場一致で決定した。化石燃料の

削減は、主にバイオ燃料を使用することで実現される。暖房、

電力生産の燃料としてバイオ燃料が、バスおよびその他の

車両の燃料としてバイオガスが使用される。地域計画は、

「化石燃料を使用しない都市」の推進のための重要な手段と

なる。都市中心部では、次のような大きな変化が生じている。

たとえば、都市中心部の歩行者専用道路や自転車専用道路

の拡大などが行われている。また、エネルギー効率の改善や

行動パターンを変化させるための活動なども行われている。
  Promoters
  Municipality of Kristianstad

   その206に続く                  以上

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その204[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑬)」 | トップページ | 南極上空に巨大な渦が出現する! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/37785545

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その205[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑭)」:

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その204[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑬)」 | トップページ | 南極上空に巨大な渦が出現する! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ