カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 南極上空に巨大な渦が出現する! | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その207[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑯)」 »

2010年11月30日 (火)

「平成の船中八策」を実現する市民の会、その206[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑮)」

目標/活動
Kristianstad 市の「化石燃料を使用しない都市」目標は、次に示す

多くの施策によって実現されつつある。バイオマス1980 年代半ば

以降、Kristianstad Energy Ltd(C4 Energi)は、Kristianstad 市に

おいて、石油のバイオ燃料への代替と熱電併給プラントの開発に

向けた努力を続けてきた。同市の大部分では地域暖房が普及して

おり、また、新たに地域暖房を行う地域も増加している。

小さな地区では、バイオ燃料を使用した小規模な地域暖房プラント

が計画されている。C4Energi は、すでに2 基の小規模暖房プラント

(Vä およびFärlöv)を建設した。第3 の小規模暖房プラントの建設は、

2003 年にÅthus に予定されている。

バイオガス1997 年、現地の廃棄物回収会社

(Kristanstads Renhållnings AB, KRAB)は、持続可能なエネルギー

生産量を増加させるために、Karpalund にバイオガス生産プラント

を建設した。ソーラー市営住宅会社(AB Kristianstadsbyggen)は、

太陽光パネルで発電を行う実験プロジェクトを実施している。

輸送1999 年11 月1 日以降、下水処理プラントで生産されたバイ

オガスは、改質されたうえ、バスおよびその他の車両の燃料として

使用されている。これは、パートナーであり、共同投資者である民

間のSydgas との合弁事業として行われているものである。公共輸

送会社(Skånetrafiken)は、市内の輸送のために、バイオガスを使

用する8 台のバスを導入した。2002 年夏には、Skånetrafiken は、

バイオガスを使用するバスをさらに14 台導入する。

スウェーデン環境省は、バイオガス・プロジェクトを継続するために、

下記の投資に対する資金援助を決定した。

・ガスの浄化とガス充填ステーション用の第2 の拠点建設(2002 年)

・廃棄物と排泄物を使用するKarpalund のバイオガスプラント能力

 増強プロジェクト(2002 年)地域計画は、交通量の増加を抑制す

 るための重要な手段となっている。Kristianstad 市は、自転車利

 用者と歩行者を増やすために、都市中心部を大幅に変更した。

 大半の都市中心部は、歩行者天国になっている。1998 年から

 2000 年にかけて、多額の投資が行われたほか、自転車専用

 道路ネットワークの拡大が計画された。1999 年には、「自動車

 をやめて、自転車に乗ろう」というキャンペーンが実施された。

 このキャンペーンの目的は、人々の行動パターンを変化させて、

 近距離での自動車の利用を減らすことにあった。エネルギー・

 アドバイザー1998 年夏以降、Kristianstad 市は、スウェーデン

 国家エネルギー庁(Swedish NationalEnergy Administration)

 から資金支援を受けて、エネルギー・アドバイザーを雇用して

 いる。同エネルギー・アドバイザーは、地域暖房対象外の家庭

 の暖房システムを石油からバイオ燃料に転換するための活動

 を指導している。成果プロジェクトの2000 年の主な成果は、

 以下のとおりである。

2000 年に達成された重要な成果

内容 数字
 発電所から販売されたエネルギー 220GWh
 発電所で生産された電力 25GWh
 地域暖房システムより供給されている家庭の数 9,472
 バイオ・ペレットに転換した家庭の数 35
 バイオ・ペレットに転換した学校およびその他の建築物の数 30
 下水処理プラントから生産されたバイオガス(暖房用) 4,586MWh
 下水処理プラントから生産されたバイオガス(バス、車両用)1,570MWh
 バイオガス生産プラントの生産量(暖房用) 22,000MWh
 風力発電タービンで生産された電力 6,296MWh
 2 基の太陽光発電パネルで生産された電力 11MWh
 自転車専用道路ネットワーク 136km
 自転車専用道路ネットワーク(観光客用) 38km

投資資金
 1998~2002 年における同プロジェクト投資額は、合計2,800 万ユーロ

  となっている。
運営
 同プログラムは、「地域投資プログラム」の枠内で運営されている。

  実施主体はKristianstad市当局で、同市の評議会がこれを監督し

  ている。
モニタリング
モニタリング活動は、「地域投資プログラム」の中に含まれている。
 Contact
 Mr. Lennart Erfors
 Municipality of Kristianstad
 Västra Boulevarden 13
 SE - 29132 Kristianstad – Sweden
 Tel: 00 46 44 13 61 60
 Fax: 00 46 44 12 84 49
 E-mail: lennart.erfors@kristianstad.se

    その207に続く                   以上

« 南極上空に巨大な渦が出現する! | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その207[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑯)」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南極上空に巨大な渦が出現する! | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その207[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題⑯)」 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ