最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その228[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題37)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その229[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題38)」 »

2010年12月22日 (水)

南半球は今真夏なのに!オーストラリアに雪が降る異常!

2010年12月21日


真夏のオーストラリアで雪景色。この時期としては50年間で最低の気温に

(訳者注) オーストラリアなど南半球では本来は現在、夏本番で、オーストラリアのクリスマスというオーストラリア在住の方の書かれたサイトから引用させていただきますと、
南半球のクリスマスはどうでしょう? 想像できますか? そう、クリスマスシーズンはまさしく真夏!水上スキー、サーフィン、カヌーで川くだり、マリンスポーツ真っ盛りです。みなさんが夏にやっていることをそっくりそのままクリスマスシーズンにやっているのです。
というのが普通です。
今回のオーストラリアに雪が降ったニュースは、感覚としては、8月の日本で雪が降るような感じでしょうか。
ある意味で、欧州の寒波よりも衝撃的です。



Wintry weather brings snow to Australia in midsummer
テレグラフ 2010.12.20

真夏のオーストラリアに雪をもたらした冬の天候

オーストラリアの今の季節は真夏で、気温も普通だと 30度ほどの高温となる。しかし、今年は、オーストラリアの人々が素敵なホワイトクリスマスを経験できる可能性が高くなっている。

なんと、真夏のオーストラリアに雪が降ったのだ。


au-snow-1.jpg


南極海から低気圧によってオーストラリアに運ばれてきた冷たい風は、現在、ヨーロッパを大きな混乱に陥れている雪のカオスを連想させるような事態をオーストラリアの各地に発生させた。

ニューサウスウェールズ州にあるスキー場では約 30センチの雪が積もり、オーストラリアのいくつかの地域で「ホワイトクリスマス」を経験できる可能性が強くなった。

「真っ白なんです。どこもかしこも真っ白なんですよ」と、コジオスコ・チャレット・ホテルのゼネラルマネージャーのミッシェル・ロヴィウスさんは言う。

「今日の朝はとても静かで平和な風景でした。すべてのものが白い雪で覆われていたんです」。

子どもたちは、サンタクロースの帽子を被って、雪玉を作り、そりに乗って遊んでいた。

au-snow-2.jpg


このような大量の雪がニューサウスウェールズ州に 12月に降るのは非常に珍しいことで、通常だと、今の季節は山岳地域で野草や草花を楽しめるシーズンなのだという。

「この寒波があと5日続けば、ホワイトクリスマスを経験できるのかもしれないと期待しています」と、ロイヴィスさんは言う。

オーストラリアの天気予報によれば、ニューサウスウェールズ州では気温は 4度まで下がり、この 54年間でもっとも寒い 12月となった。雪は、さらに南部にあるビクトリア州でも降り、ホサム山では 10センチの積雪、ブラー山では数センチの積雪が見られた。

「こんな季節(真夏のクリスマスという意味)に一面が雪景色になるなんてのは本当に美しいことだ。人々はみんな雪の中で写真を撮ったり、サンタクロースの帽子を被って外出しています」と、レポーターはオーストラリアの AAP 通信に語った。


この異例の大寒波はシドニーにまで及んでいる。気温は季節外れの 13度までに下がり、時速 100キロメートルの風が吹き付ける海岸線の西部の地域では気温は 9.8度にまで下がった。

また、この過酷な天候により、国のいくつかの地域では、この 50年間で最悪の大規模な洪水が発生している。西オーストラリアのカーナボンの町は洪水により孤立し、畑の収穫と牛の飼育農場に大きな被害が出ている。


--
(訳者注)回の寒波と関係ある話ではないですが、以前の記事「南極上空に現れた「月のサイズ」ほどもある渦巻き (2010年11月28日)」でご紹介した、「南極の近くの上空にある巨大な大気の渦」を思い出してしまいました。




あと、個人的にオーストラリアの気候関係として忘れられないのが、2009年9月に起きた現象の「赤い朝」です。

sydney-ds.jpg

オーストラリアに出現した「地球最期の日」」 (地球の記録 2009年09月23日)に記事があります。

私は、オーストラリアの文化が好きですので
(あるマイナーな音楽ジャンルでは、1980年代から日本や英国と並んで盛んな国でした。あと、マイナー映画も最高。日本未公開映画ですので、見るのは難しいかもしれないですが、ノット・クワイト・ハリウッドというドキュメンタリー映画でその面白さがわかります)、なんとか生き残ってほしい国のひとつですが。
以上は「In Deep」さんからの引用です。
今、欧州では氷河期入りか?で大騒ぎですが、今度は、南半球のオーストラリアでは真夏なのに雪が降るという異常事態です。本当に地球は大変なことになって来ました。地球の気候は完全に狂ってしまったようです。自然がおかしくなると人間もおかしくなりますね!
米国の「9・11偽装テロ事件」も権力者の狂った行動の一端です。菅政権もこの狂った国の言いなりで平常心をなくした最近のオカシナ異常政治です。日本もこの先不安が一杯です。困ったことです。マスコミも一切真相を国民に知らせず大本営報道のみです。日本も独裁国家と同じで他国をどうのこうのと言う資格がありません。先ず自分の国を正常化すべきです。銀河系宇宙人より警告です。

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その228[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題37)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その229[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題38)」 »

宇宙自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南半球は今真夏なのに!オーストラリアに雪が降る異常!:

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その228[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題37)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その229[欧州連合における(再生可能エネルギー開発問題38)」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ