カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その283[欧州連合における(言語問題⑲)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その284[欧州連合における(言語問題⑳)」 »

2011年2月15日 (火)

マスコミに二度と騙され無いために!

えひめ丸事件犠牲者への供養:森降ろしの

マスコミに二度とだまされないこと

新ベンチャー革命2011211日 No.289
タイトル:えひめ丸事件犠牲者への供養:森降ろしの
マスコミに二度とだまされないこと
1.えひめ丸沈没、11回忌(満10年)を迎える
 2011210日、えひめ丸事故遺族がハワイで
行われた11回忌慰霊祭に出席したというニュース
が流されています。
10年前の2001210日に起きたえひめ丸沈没
原因は、米国戦争屋配下の米国防総省・米海軍
の原子力潜水艦急浮上による日本船への体当
たりです。詳しくはウィキペディア『えひめ丸事件』
をご覧ください。ここでは事故では
なく“事件”とはっきり書かれています。
 さて本ブログのテーマは米国戦争屋およびその
ロボット・悪徳ペンタゴン日本人です。なお、上記、
米国戦争屋およびそのロボット・悪徳ペンタゴン
日本人の定義は、本ブログ
No.225の注記をご覧ください。
 本ブログでは、上記ウィキペディア投稿者と
同じく、えひめ丸沈没は事故ではなく事件とみなし
ています。なぜなら、えひめ丸は故意に体当たり
されたのではないかと疑っているからです。
2.米大型原潜の索敵性能はそんなにお粗末
なはずがない 大型潜水艦という兵器は、人間が
搭乗して操縦されます。
潜水艦が潜水するのは、敵にみつからないよう
攻撃(ステルス攻撃)するためです。海上航行
軍艦には潜水艦索敵能力は備わっていますが、
敵の海上艦に対する索敵能力に比べれば、
格段に劣ります。だからこそ、現在まで、
米海軍は大量の潜水艦を保有しているのです。
 一方、米原潜は敵の海上艦を攻撃するのが
任務ですから、海上船舶の識別能力は非常に
高いはずです。間違って、一般船舶に激突する
ことはあり得ません。
 えひめ丸に体当たりした原潜グリーンビルは
事件当日、新任ブッシュ大統領の支援者16
(戦艦ミズーリ保存会メンバー)を招待試乗させ
ていました。戦艦ミズーリは周知のように日本
政府の無条件降伏調印式が行われた
歴史に残る戦艦で、日米太平洋戦争で殊勲を
立てた米海軍太平洋艦隊凱旋の象徴です。
そのミズーリを誇りとする米国人とは、すなわち、
日本を敵視してきた人たちに他なりません。
 一方、日本のえひめ丸はこの時期、毎年、
ハワイ沖で水産学生向けに実習訓練していた
わけで、ミズーリ保存会メンバーからは
“いやがらせ”あるいは、実習船を装
おう日本の“偵察船”にみえたはずです。
グリービルがえひめ丸に体当たりしたとき、
艦内がどのような雰囲気だったかおよそ想像
がつきます。
3.なぜ、危険を承知で体当たりしたのか
 2001210日当時、16人のブッシュ支援者は、
晴れてブッシュ戦争屋政権の誕生(20011
20に就任)に浮かれており、プレデター(獲物を
みつけると本能的に攻撃する習性をもつ猛獣)
の本能丸出しで、グリーンビル艦長をけしかけて
、体当たりさせた可能性があります。
 戦争屋に属する米国人(軍人など)はそろって
プレデターの本能をもっており、米海軍太平洋艦
隊基地(パールハーバー)の沖をうろつく日本国籍
えひめ丸を目撃し、その攻撃本能を抑えきれなく
なったと思われます。この本能は戦後日本人には
理解不能でしょうが,戦争経験者は戦場で四六時中、
敵と対峙した経験をしてきたわけで、敵に遭遇
すれば、とっさに攻撃します、
さもないと自分が殺されるからです。
 原潜グリーンビルはえひめ丸に体当たりしても、
その後、まったく救助活動をしていないのです。この
体当たりが、原潜の操縦ミスによる偶発的な事故で
あったなら、その後の原潜の行動は、車事故のひき
逃げ行為とまったく変わりません、つまりこの事件は
れっきとした“海事犯罪”です。
 以上の分析から、この体当たりは限りなく故意の
所業であったとみなせます。しかしながら、体当たりに
計画性があったかどうかは不明です。これに限って、
残念ながら、もはや第三者には証明しようがありま
せん。
4.えひめ丸事件は戦争屋傀儡・小泉政権誕生と
トリガーとなった
 さて、疑惑だらけのえひめ丸事件ではっきり言
えること、それは、この事件が紛れもなく、
小泉政権誕生(2001426日)のトリガーであった
ということです。本件について
本ブログではすでに分析済みです(注1)。
 えひめ丸事件当時、森内閣1年目弱でしたが、この
事件により、森総理は中途辞任を余儀なくされています。
このときの悪徳マスコミの森降ろしネガキャンはひどい
ものでした、筆者は決して森総理の支持者ではありま
せんが・・・。しかしながら、この当時の国民は、日本
の大手マスコミが米戦争屋のプロパガンダ機関である
とはまだ知らなかったのです。
 えひめ丸事件以前の90年代、米国は民主党政権
であり、ビル・クリントン大統領は隠れデビッドRF
であったものの、共和党政権に比べて米戦争屋は
やりにくい時代でした。しかも、当時の米国経済は
好況であり、民主党支持率は極めて高かったのです。
そして、90年代の日本政治は、米戦争屋の対日介入
が弱く、その結果、野中広務氏など経世会系政治家
(非親米)が牛耳っていました。米戦争屋ジャパン
ハンドラーにとって好ましい状況ではありませんでした。
 2000年代初頭、米民主党人気持続にあせった米
戦争屋は、歴史に残るおおがかりな不正選挙を
やってポスト・クリントン最有力候補・アル・ゴア
(アンチ戦争屋)を退け、強引にブッシュ(戦争屋
傀儡)政権を2001年に誕生させ、俄然、勢いづい
たのです。
 えひめ丸事件は、米戦争屋が勢いづいた初期に
発生しています。
5.中東戦争の軍資金が欲しい米戦争屋の対日
介入が強まる
 2000年代初頭の戦争屋の世界戦略は、9.11軍事
プロパガンダ作戦をトリガーにイラク戦争、イラン
戦争を起こして、中東における戦争屋およびイスラ
エル過激派の覇権を奪回・確立するというものでした。
そのために必要な軍資金の原資として、属国日本
の国民資産を合法的に収奪しようと計画したのです。
それが、米国政府の強要した日本の郵政民営化の
真の目的です。そして、ジェイRF率いる米銀行屋も
、呉越同舟にて、米戦争屋の対日戦略に割り込ん
でいます。
 その結果、小泉政権下、米国寡頭勢力エージェント
・竹中氏は戦争屋、銀行屋の両方からハンドルされ
ています。
 さてそこで、米戦争屋主導の対日戦略成功に不可
欠となったのが、日本における米国傀儡政権の樹立
でした。そして、白羽の矢が立ったのが、あの小泉氏
(愛国心のない政治家)でした。
 90年代の小泉氏は経世会主流の自民党内では
一匹オオカミであり、総理大臣になるための自民党
総裁選で勝てる見込みは薄かったのです。米戦争屋
ジャパンハンドラーは、ブッシュ政権誕生と同時に、
小泉ヒーロー化作戦を練っていたはずです。米戦争
屋ジャパンハンドラーは、まず自分たちに不都合な
小渕総理(経世会)を巧妙に無力化することに成功
した後、動転する自民党幹部に小泉を推薦したものの、
経世会の自民幹部は拒否、それならせめて小泉氏
所属の清和会から総理をだせと要求され、やむなく
、安全パイの森氏(清和会所属だが経世会に近い
政治家)を差し出したのでしょう。
 しかしながら、米戦争屋ジャパンハンドラーは
森総理をまったく評価せず、小泉傀儡政権シナリオ
を虎視眈々と狙っていたのです。そうこうするうちに、
このえひめ丸事件が発生、コレダー!と叫んで、
彼らはえひめ丸事件を強引に森降ろしに利用した
のです。いかにも戦争屋らしい発想です。そしてこの
森降ろし作戦に、あの悪徳マスコミが全力で協力
したのです。今起きている小沢降ろし作戦と、かつて
の森降ろし作戦は実によく似ています。両ケースとも、
マスコミの報道があまりに不自然で、あまりに異常
なのです。
6.えひめ丸事件犠牲者への供養:国民は同じ過ち
を二度と繰り返さないこと
 さて、JAL御巣鷹山墜落事件のように、えひめ
丸事件にもし、計画性があったなら、米戦争屋の
対日戦略構想は、われわれ日本人の想像を絶する
ほど“遠大なシナリオ”であるといえます。
 2001年当時はまだネットが一般に普及しておらず、
日本国民は、大手マスコミの森降ろしプロパガンダ
にすっかり乗せられ、まんまと小泉傀儡政権誕生を
もたらしました。その後の日本がどうなったかは、
周知のとおりです。
今、振り返ってみると、悪徳ペンタゴン・大手マスコミ
の罪がいかに深く、大きいかよくわかります。
 米戦争屋のロボット・大手マスコミのプロパガンダに
乗せられて、世にも危険な前原政権を誕生させること
の絶対にないよう、現在のわれわれ国民は警戒を怠
れません。それがえひめ丸事件犠牲者への供養と
なります、黙とう。
注1:本ブログNo.229尖閣列島事件とえひめ丸沈没
事件の相似性から占う前原政権誕生シナリオ2010
118
以上は「新ベンチャー革命」さんからの引用です。
このブログの記事は世の中の捉え方が小生と良く似て
いるため、ご参考までにご紹介しました。前原氏の
危険性に付いては、皆さんも既にお気づきと思われ
ますが、先の尖閣事件もCIAに唆され同氏が国交相
の時に自ら敢て引き起こしたもので、そして、今回の
モスクワ訪問で北方領土問題に敢て強行姿勢を取り、
日本をファショ化に導こうとしております。これも日本を、
大陸から引き離そうとしています。ロシアも北方領土
の開発に、中国・韓国を加えようとしています。日本と
中国・韓国の離反が狙いです。米国は尖閣諸島は
中国領と思うと先日ニューヨークタイムズ紙上で発表
しました。尚、北方領土はロシア、竹島は韓国領で
あると米国は認めています。日本は米国に騙されて
いるのです。安保条約も日本を守っているのではなく、
日本が再び再軍備(特に核武装)しないように監視
しているのです。
このように日本を孤立化させて、菅総理の後任に
前原氏を立てようとしています。そのために小沢氏
を党員資格停止として、代表選から排除しようと
工作しています。前原総理になれば次はアジア人
同志の戦争に持ち込もうとするでしょう。こんなこと
になれば、3回目の原爆がまた日本の頭上に落ちる
可能性が大変強まるものと思われます。この流れは
是非に避ける必要があります。マスコミに騙されて
は駄目です。以上

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その283[欧州連合における(言語問題⑲)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その284[欧州連合における(言語問題⑳)」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

internal allergy symptoms allergy testing for children
http://viagrawithoutadoctorprescription.us.org viagra without a doctor's prescription
viagra without a doctor prescription
http://viagrawithoutadoctorprescription.us.org viagra without a doctor prescription

digestive syndromes food allergy and anaphylaxis network
http://generic-cialis.us.com generic cialis
cialis for sale
http://generic-cialis.us.com generic cialis online

Hey, how are you doing?
Feel free to surf to my twitter: cialis over the counter at walmart cost, where can i buy cialis over the counter at walmart, cialis over the counter at walmart.

dxfjatp8776 drugs no prescription 20199 canadian pharmacy chimzx online prescription pharmacy 278012 http://pharmacy-nopriorprescription.com/ canadian pharmacy

Call me!
Take a look at my aNobii cialis coupon, cialis canada, cialis canadian pharmacy, cialis sale

viagra without a doctor prescription, viagra without doctor prescription, viagra without a doctor prescription, buy viagra without seeing doctor

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/38857752

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミに二度と騙され無いために!:

« 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その283[欧州連合における(言語問題⑲)」 | トップページ | 「平成の船中八策」を実現する市民の会、その284[欧州連合における(言語問題⑳)」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ