カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 東京・浅草の放射能濃度は今どの程度? | トップページ | 米新論文「意図しない再臨界」が起こっているのか! »

2011年4月10日 (日)

原発危機に初動から後手の政府、いらだつ米国!

原発危機に初動から後手の政府、いらだつ米

 2011年3月11日、マグニチュード9・0の巨大地震と大津波が襲った東日本大震災が発生して11日で1か月を迎える。

 原子力発電所事故を引き起こした複合危機は、日本国内だけでなく、国際的な問題にも発展している。原発事故では危機管理対応の空白が浮かび上がり、米国の

ちを増幅させた。

 大震災から一夜明け、東京電力福島第一原発の危機的状況が明らかになった3月12日午前9時前、米太平洋軍のウィラード司令官は、折木良一統合幕僚長に電話し、情報開示を求めた。

 「ワシントンから原発の情報提供を求めるよう言われた。フクシマは安全か?」

 しかし、自衛隊にも詳しい情報はなく、折木は「専門家が情報分析中だ。結果が出れば提供する」と答えるしかなかった。同日未明、1号機の格納容器圧力が異常上昇し、原子炉は危険な状態に陥っていた。ウィラードが心配したように同日午後、1号機原子炉建屋は水素爆発し、白煙が上がった。国内外に衝撃が走った。

 「米国の原子力の専門家を支援に当たらせる。首相官邸に常駐させたい」

 この日以降、ルース米駐日大使は枝野官房長官らに何度も電話をかけたが、枝野は「協力はありがたくお願いしたい。ただ、官邸の中に入るのは勘弁してほしい」と条件もつけた。

(2011年4月10日03時14分  読売新聞)
以上は「yomiuri online」より
今回の福島原発の対応に付いて、菅政権の初動の後手が全てで最悪の事態に進んでいます。原子力に付いては、全くど素人並みで、子供の対応です。こんな指導者を頭に持つ日本の国民は不幸せです。
 最小不幸社会を目標にと言ってた菅内閣は国民最大不幸社会にしたようです。こんな内閣をまだ変えられない日本は一体どうなってしまったのでしょうか?日本は今でもまだ、少年程度の頭なのでしょうか?戦後65年も経ちましたが、この面では一向に成長していなかった様です。                以上

苛立

(

いらだ

)

« 東京・浅草の放射能濃度は今どの程度? | トップページ | 米新論文「意図しない再臨界」が起こっているのか! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発危機に初動から後手の政府、いらだつ米国!:

« 東京・浅草の放射能濃度は今どの程度? | トップページ | 米新論文「意図しない再臨界」が起こっているのか! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ