カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 天安事件、米国は北朝鮮に謝罪を求めたことは無いと言明! | トップページ | 原発推進学者が次々懺悔、これが日本の実力! »

2011年4月25日 (月)

実は1日、154兆ベクレルの放射能放出だった!

放射能の大気放出続く…1日154兆ベクレル

 内閣府原子力安全委員会は23日、東京電力福島第一原子力発電所から大気中に放出された放射性物質の量が、放出量が落ち着いた今月5日の時点でも、1日あたり154テラ・ベクレル(1テラは1兆)に達していたことを明らかにした。

 5日に福島第一原発から大気に放出された放射性物質の推定値は、ヨウ素131が毎時0・69テラ・ベクレル、セシウム137が同0・14テラ・ベクレル。国際的な事故評価尺度(INES)で使われるヨウ素換算値で、ヨウ素とセシウムの合計量を計算し直すと、放出量は同6・4テラ・ベクレル(24時間で154テラ・ベクレル)となることがわかった。同委員会はこれまで、5日ごろの放出量について、セシウムとヨウ素の量を単純に合計し、「毎時約1テラ・ベクレル以下」と低く見積もっていた。

(2011年4月23日21時15分  読売新聞)
以上は「yomiuri online」より
国会で質問されて始めて真相を話す、不届きものである。どれもこれも皆菅内閣の指示で動いているようである。こんなことで政府が発表するものだけが正確で他は全て「デマ」とはとんでもない事である。どうしてこんな内閣を何時までも続けさせているのか理解出来ない。独裁者のやる手であり、民主国家とはとてもいえません。どこかの独裁国家と何ら変わりありません。民主国家に反する国家反逆者は早く逮捕するべきである。以上

« 天安事件、米国は北朝鮮に謝罪を求めたことは無いと言明! | トップページ | 原発推進学者が次々懺悔、これが日本の実力! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実は1日、154兆ベクレルの放射能放出だった!:

« 天安事件、米国は北朝鮮に謝罪を求めたことは無いと言明! | トップページ | 原発推進学者が次々懺悔、これが日本の実力! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ