カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 検診と放射線 | トップページ | 保安院「冷温停止できない場合、日本は終り」との見解 »

2011年4月29日 (金)

ストロンチウム検出の謎?

「ストロンチウム検出」の謎 [地震関連]

ストロンチウム検出?

海水からも検出されていると現地に入った自衛隊筋からも聞きました。原発から出た?それよりも核爆発で生じた「死の灰」に多量に含まれるそうですが。いかがですか、人工地震津波兵器としての海底核爆発をやったアメリカ人の皆さん?

↓これのことでいいのかな?違う?

「ストロンチウム90はストロンチウムの同位体の1種であり、その質量数が90である。天然ストロンチウムに存在する安定同位体(84Sr, 86Sr, 87Sr, 88Sr)より中性子過剰であるためβ不安定核となり、放射性同位体である。ウランやプルトニウムの核分裂生成物として数%程度生成し、高レベル放射性廃棄物やいわゆる死の灰中に多量に含まれる。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A090

●微量のストロンチウム検出 原発30キロ圏外の土と植物 2011.4.12 21:47
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110412/trd11041221480020-n1.htm
文部科学省は12日、東京電力福島第1原発の30キロ圏外で、福島県内の土壌や植物から微量の放射性ストロンチウムを検出したと発表した。今回の事故を受けた調査でストロンチウムの検出は初。ストロンチウムの濃度限度について法令に基準値はないが、同省は「極めて少ない量で、健康に影響はない」と説明している。専門家は蓄積した場合の健康影響を懸念、分布の本格調査が必要だ。
ストロンチウムはカルシウムに似た性質があり、体内に入ると骨に取り込まれやすい。内部被ばくではガンマ線よりも危険度が高いとされるベータ線を出し続け、骨のがんや白血病の原因になる恐れがあると考えられている。土壌では、空間放射線量の高かった福島県浪江町と飯館村の計3カ所を調べ、ストロンチウム89は1キログラム当たり13~260ベクレル、ストロンチウム90は同3・3~32ベクレルだった。
  • « 検診と放射線 | トップページ | 保安院「冷温停止できない場合、日本は終り」との見解 »

    経済・政治・国際」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: ストロンチウム検出の謎?:

    « 検診と放射線 | トップページ | 保安院「冷温停止できない場合、日本は終り」との見解 »

    2020年8月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          

    -天気予報コム-

    ウェブページ

    無料ブログはココログ