カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 世の情報に騙されないための訓練! | トップページ | UFO ナチや諸国で開発中! »

2011年5月21日 (土)

福島原発の放射能の推移は!

「環境放射能の測定結果」⇒やはり3.14の福島第一原発3号機建屋の爆破時が最高値 [地震関連]

画像

『環境放射能の測定結果」....副島先生の所からお借りしてきました。

副島先生のところの「放射線量グラフ」、順調に下降していますね。これだと、今が「レベル7」ならば、3月15-16日は「レベル700」ぐらいですか?(爆) ところで、なぜ、15-16日が線量のピーク? あ、失礼しました。3号炉建屋の小型核爆弾による破壊が14日でしたね。それから1日置いて、各地に放射能が....。 はい、了解です。

その後はどんどん線量が下がって、もうこれ以上は下がりようがないじゃないですか。これでも、原子炉から放射性物質が漏れている? どこで? 枝野さん、あんたの頭から脳味噌が漏れているの間違いじゃないのか?

謀略、ご苦労様です。

以上は「ドクター・イミフ」より

3月11日の事故後からの放射能の濃度の推移ですが、3号炉が3/14に小核爆発のような爆発以降は確実に下降線を辿っています。ということは新たな燃料棒からの放射能は出ていないとの事です。なので冷却とか言って水を供給していましたが、実際には必要ないのに恰も必要であるように装い誤魔化しがばれないようにしていた可能性が出てきました。本当のことを国民に発表すべきです。    以上

  • « 世の情報に騙されないための訓練! | トップページ | UFO ナチや諸国で開発中! »

    放射能」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の放射能の推移は!:

    « 世の情報に騙されないための訓練! | トップページ | UFO ナチや諸国で開発中! »

    2020年9月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      

    -天気予報コム-

    ウェブページ

    無料ブログはココログ