カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 権力者の子弟が3月15日の直前に「極秘疎開」していた形跡! | トップページ | 菅おろしには、何かウラがあるのでは? »

2011年6月17日 (金)

宇宙天気情報センターのご紹介

NICT
用語集 English
リンク集

HOME -こちら左をクリックしてください。

DeskTopViewer( 760 X 260 )
宇宙天気ニュース

宇宙天気情報のメール配信サービス 2011/06/16 15:00 更新
担当 佐藤

活動領域1234、1236でCクラスフレアが発生し、太陽活動はやや活発でした。
今後とも太陽活動はやや活発な状態が予想されます。
太陽風速度は高速な520km/s前後から通常速度の440km/s前後へ緩やかに下降し、地磁気活動は静穏でした。
今後とも地磁気活動は静穏な状態が続くでしょう。


>> つづきを読む(今日の宇宙天気情報)

現在の地球は、78万年振りの地球大変動期に突入しつつ

あります、したがって今までの、地球内だけの気象情報だけ

では、理解出来ない現象が次々に現れて来ています。

今回の東日本大震災(人災?)についても、1000年ぶり

の巨大地震という向きがありますが、これは、これから

起きると予想されている78万年ぶりの南北地磁気逆転

に比べればまだまだ小さい部類に入ります。

 64万年ぶりに噴火しそうな米国のイエロー・ストーンも

あり、何れにせよ今地球は、それこそ大変な時期に来て

いるのです。そこで今回は、宇宙自然の動きを知る上で

有効なウエブをご紹介致しますので、毎日の地球の天気

予報に加えて、今後は宇宙天気情報も併せて知ること

により、今地球で起きている様々な異常気象が良く理解

出来るようになるものと思います。

 特にこの中にある、太陽黒点数の推移は即、地球の

気温に直接影響を与えている事が良くお分かりになる

ものと思います。尚、本項目は、「本日一番に確認する、

重要項目一覧表」に掲載いたしましたのどうぞご利用

下さい。           以上   

« 権力者の子弟が3月15日の直前に「極秘疎開」していた形跡! | トップページ | 菅おろしには、何かウラがあるのでは? »

宇宙自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙天気情報センターのご紹介:

« 権力者の子弟が3月15日の直前に「極秘疎開」していた形跡! | トップページ | 菅おろしには、何かウラがあるのでは? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ