最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国の家庭に迫り来る経済地獄(その①) | トップページ | メガバンクの東電への短期融資実施(金利1%未満) »

2011年6月27日 (月)

NASAからの警告について!

NASAの警告について
2011年06月13日 (月) | 編集 |
コメントでいただいたリンクを早速見ています。

http://www.nasa.gov/centers/hq/emergency/personalPreparedness/index.html

この動画はNASAが家族/個人に向けての緊急事態に備えることを伝える動画のようです。
なお、何が起こるかなどは特に細かくは説明しておらず、何かあったときにはどうするかを考えて知っておいてくださいと語っています。

-----

地球や地球外から来る可能性のある危機的な状況についての備えをすること
自然災害や911のようなテロに注意すること
見たこともないような出来事に対して備えること
緊急グッズを自宅に置くこと
ガルフ海岸に住む人々はハリケーン用の緊急キットを持つこと
西側の人は地震に気をつけること
緊急事態が起きたら家族とどうやって連絡をとるかの確認
動物のいる人はどうするのかを考えること
家族で特別な措置が必要な人がいるかどうか
最も大事なことはまず家族を世話すること。そうすれば助けがきたときに容易にことが運びやすい
緊急事態が起こったら家族をそうするかを知ること
準備をしてください

-----

上記の動画の中で最も気になったのが以下の文章です。

イーグルホライズンというFEMAのプログラムというものをNASAは参加しているために、この緊急事態に対するオペレーションを行ってくださいということだそうです。

このイーグルホライズンってとても怪しいと思いました。

イーグルという紋章は、英皇太子やヒトラーが正装時についているもので国旗やイルミナティの紋章として使われているものです。古代のシュメールと関係があるようです。NASAが月に到達したときのシンボルでもありました。

イーグルが水平線にのぼってくる=これがやばいです。エロヒム彗星が今年の9月に地球に接近するそうですが、これが関係しているのかもしれませんし、何か他の重要な暗号が隠されているのかもしれません。
以上は「ブルースターのブログ」より
今何が進行しているのかどうか判りませんが、警告発信先がNASAということなので、地球規模か、或は宇宙に絡む問題かと言えば、先の4月下旬に、ロシアのモスクワのクレムリン宮殿にて、ロシアのプーチン首相と米国のバイデン副大統領との会談があり、そこで、現在、宇宙かなたに、宇宙船と大UFO艦隊が地球に向かいつつある事をNASAが確認したとの情報があり、場合によれば、宇宙人との宇宙戦争があり得るので、米国がロシアに支援を申し出て協議をしたとの事が伝えられています。
 事の真偽はともかくもこうした協議が実際に行なわれることの意義は小さくはありません。あと、そのほかに考えられる事は、今年1月に米国専門家が、イエロー・ストーンの64万年ぶりの噴火が近いことを宣言しています。万一予想通り大噴火が起きれば、米国の3分の2の地域には人が住めなくなるとの予想が出ています。
 既に余裕ある人々は米国より徐々に海外に移動しつつある模様であります。様は米国の未来は不安なので、今のうちに米国を脱出しようとの動きであります。果たして今後どのような動きとなるものか、注目して行きたいところで有ります。  以上
【送料無料】2012地球大異変 【送料無料】2012地球大異変

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 米国の家庭に迫り来る経済地獄(その①) | トップページ | メガバンクの東電への短期融資実施(金利1%未満) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASAからの警告について!:

« 米国の家庭に迫り来る経済地獄(その①) | トップページ | メガバンクの東電への短期融資実施(金利1%未満) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ