カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 福島原発・1号機の放射能濃度は低すぎの謎? | トップページ | 福島市の大気、恐るべき調査結果!その① »

2011年8月10日 (水)

太陽、数年ぶりのX7級フレアー発生する!

地震情報 数年ぶりのX7級フレア

く、くほぉお?
こ、これは?

8/9の16:48にX7.0の巨大フレア発生
20110810_xfrare.jpg
http://swc.nict.go.jp/sunspot/latest30sunspot.php

3.11の前の3月10にX1.6という大きさのフレアが発生していますたが。
今回はそれをも越えるX7というサイズの超巨大フレアが発生した様です。
数年に1回の規模だそうです。(読者様、ブロ友様、この情報はできれば拡散して下さい。)

以下の動画、東京工業大学・大学院の丸山茂徳教授が、「宇宙線と地震や火山の噴火」についての説明。
地震を起こすトリガー(発生に至るシステムではなく、引き金)となるのは宇宙線であって、今まで語られていた「力学的」なものではない。今後の日本は火山活動が活発化すると言っています。



太陽フレア=太陽表面の爆発。
ご存じのように映画2012年も太陽フレアの場面から始まりますね。
太陽表面が爆発すれば、それと同時に膨大な量の放射線が発せられる。
その放射線は約31時間後に地球に到達します。
8/9の16:00ということは31時間後+日本時間9時間は8/11日前後です。
この計算が違うという指摘があれば連絡ください。
まぁ、あの予言を信じる訳ではないのですが、どうもあのコテ蔵君の予言の日に近くなっていますね。
まぁ、もちろん影響があるのは日本とは決まっていません。

新しい世界が始まっている。
滅んでいく古い世界にフォーカスして、悲観したり不安に思ったりする必要はない。
新しい世界に目を向ければ、嬉し嬉し。
株価暴落、資本主義崩壊もそうですが。
キチガイ社会、人を不幸にするだけのシステム、中の人が悲鳴を上げているのになおも回っていくキチガイシステムがぶっ壊れる。
こんな素晴らしいことがあるでしょうか。
以上は「ふぐり玉蔵氏」ブログより
X級とは、フレアーの規模を表す記号ですが、これは最大級の記号です。それも7ですからそうざらにある規模ではありません。地球にも相当影響あるものと思われます。日本でも猛暑日となり各地で今年最高気温になる恐れがあります。そのほかには、大地震が起こる恐れも十分ありますので気をつけたいものです。     以上
2012地球大異変―科学が予言する文明の終焉 Book 2012地球大異変―科学が予言する文明の終焉

著者:ローレンス E.ジョセフ
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 福島原発・1号機の放射能濃度は低すぎの謎? | トップページ | 福島市の大気、恐るべき調査結果!その① »

宇宙自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽、数年ぶりのX7級フレアー発生する!:

« 福島原発・1号機の放射能濃度は低すぎの謎? | トップページ | 福島市の大気、恐るべき調査結果!その① »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ