カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米共和党の次期大統領候補:ミッシェル・バックマン氏とは? | トップページ | 自民党がどうしても原発をやりたい理由! »

2011年8月15日 (月)

「太平洋産鮮魚」って、何処で獲れた魚?

妙な「産地名」表示が急増中 「太平洋産鮮魚」って、 いったいどこで取れたのか

風評隠し? 放射能隠し?

現代ビジネス 週刊現代 8月9日

都内のJRの駅に隣接した、とあるスーパー。野菜は見たところ、すべてのものに生産県名が記されている。ただし、福島県産はな し。偶然目に付いた袋入りのフキの水煮を手に取って、裏の生産地を見てみると「原料原産地名 国産」と書いてある。これでは何もわからない。その下には製 造者として福島県内企業の名前が・・・。

次は精肉コーナー。福島県産の牛肉は出荷停止だから、店頭に並んでいないのは当然として、ここもほとんど「国産」表示ばかり。薩摩地鶏とか飛騨牛 とかブランド肉には、堂々と産地表示があるのに。牛肉は個体識別番号があるから、いざとなれば生まれた場所はわかる。でも、鶏と豚は見当もつかない。

そして、驚いたのがお刺身のコーナー。銚子産カツオ、北海道産タコなどと並んで「太平洋産カツオたたき」と「太平洋産びん長まぐろ」って。こんなの初めて見た気がする。値引きシールを貼りに来た鮮魚コーナーの担当者に聞いた。

「太平洋産? 前からあるにはあるんだけど、あんまり見なかったなぁ。どこで取れたかはこっちもわからないのよ。カツオやマグロは太平洋の沖合を移 動しながら取るから、『太平洋産です』と仲買業者が持ってきたら、それで終わり。法律で、売るほうには産地表示をきっちりするよう決まっているけど、取っ てくるほうはアバウトでも許される。おかしいよね。業者だってバカじゃないから、もし福島の沖合で取ったって『福島産です』なんて言うわけない」

こちらが驚くほどの率直さで語ったこの店員、「気になるならこっちを買ってくださいよ」と、銚子産カツオを指さした ・・・

この記事はこちらから 現代ビジネス 週刊現代

以上は「nanohana」より

また、国民を騙して汚染された魚を食べさせてしまおうという企みです。国民の健康を守るのは政府です。その政府が先頭に立ち「ペテン」「嘘」「騙し」をやるのですから、この世も末です。その政府のトップにあの歴史的ペテン師で有名な菅直人が居座っているのですから、これも当然の成り行きには違いありません。今のような激動の時代には、政治のプロが総理に付かねば、上手く行きません。菅直人のような普通以下の人間が総理の椅子に座ってしまったことこそ日本民族の悲劇であります。何も無い平和な時代では、官僚が全てやってくれるからただの人でも務まるのかも知れませんが、今は78万年ぶりの地球大異変の時代ですから、プロ中のプロの方がやっても困難な時代なのです。国が国ならば、菅直人夫婦は絞首刑間違いないくらいの犯罪を国民に行なっています。全く存在感のない東京地検特捜部でもあります。害あって益無しの制度であり早く解体すべき組織であるように思います。                              以上

放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策 Book 放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

著者:古長谷 稔,食品と暮らしの安全基金
販売元:三五館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

低線量内部被曝の脅威―原子炉周辺の健康破壊と疫学的立証の記録 Book 低線量内部被曝の脅威―原子炉周辺の健康破壊と疫学的立証の記録

著者:ジェイ・マーティン グールド
販売元:緑風出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 米共和党の次期大統領候補:ミッシェル・バックマン氏とは? | トップページ | 自民党がどうしても原発をやりたい理由! »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「太平洋産鮮魚」って、何処で獲れた魚?:

« 米共和党の次期大統領候補:ミッシェル・バックマン氏とは? | トップページ | 自民党がどうしても原発をやりたい理由! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ