カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 恐るべき首都圏土壌汚染の実態! | トップページ | 米国とドルに「no」と言い出した中国の決意!その① »

2011年8月28日 (日)

トリポリでのNATOの殺戮:アルカイダによって実行!


NATOの空爆で一般人も犠牲に

◆8月23日

 リビアのカダフィ政権が風前のともしびとなっているようだが、これはフランス、イギリスを中心とするNATOという欧米の軍事機構がリビア政府打倒のための戦争をしているからである。

 本来はNATOはリビアの一般市民の保護、ということを目的として介入が許されているはずであるが、実際は、カダフィ政権打倒の作戦を実行しているのだ。この作戦名は、「暁の人魚」である。

 この作戦にアルカイダの戦士が加わっている。NATOはこのようなイスラム主義者勢力をリビアやシリアに対する不安定化作戦で利用している。アルカイダをNATOが利用しているのか、アルカイダがNATOを利用しているのかは、見方による。どちらも自分たちの思惑を秘めながら、協調作戦を実行しているのだ。

 チュニジアとエジプトで達成された「民主革命」は、リビアでは捻じ曲げられ、さも「民主化」の流れのように見せながら、実際は欧米勢力のリビアの富の奪取という19世紀から20世紀の植民地争奪の戦いと化しているのが実態だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●トリポリでのNATOの殺戮:「暁の人魚作戦」がアルカイダによって実行
http://www.voltairenet.org/Carnage-de-l-OTAN-a-Tripoli
【8月22日 by Thierry Meyssan】

 20日夜8時、ラマダン終了を機にNATO司令部はリビアに対して「暁の人魚作戦」を開始した。

 モスクの大型スピーカーがサイレンを鳴らし、それがアルカイダがカダフィ政府に対する反乱を呼びかけることに使用された。

 すぐさまベンガジの反乱勢力のスパイ工作員らが行動を開始した。これらは行動範囲の広い小さなグループで何回も攻撃を繰り返した。一晩中続いた戦闘で350人に死者、3000人に負傷者が出た。

 状況は21日には多少沈静化した。NATOの軍艦がトリポリ沖に接近し錨を下し、重火器を積み下ろし、アルカイダのジハード戦士らを上陸させた。彼らはNATOの将校らが率いている。

 戦闘は再び夜間に始まった。非常に激しい戦闘があった。NATOの無人機と航空機はあらゆる場所を空爆していた。NATOのヘリコプターはジハード戦士らのための道をあけるため通りの一般市民に向けた機銃掃射をしていた。

 夜に、政府要人を乗せた公用車の車列が攻撃された。車列はホテル・リクソスへ逃げ込んだ。そこは外国人ジャーナリストが拠点としているところだ。NATOはこれらジャーナリストを殺害したくなかったのでこのホテルを空爆しようとはしなかった。しかし私も宿泊しているこのホテルは、現在激しい火災に見舞われている。

 午後11時30分に、厚生大臣は、病院は満員で溢れていると発表せざるを得なかった。21日夜、1300人がさらに死亡し、5000人が負傷した。

 NATOは国連安全保障理事会によって、リビアの一般市民を保護することが要請されている。実際は、フランスとイギリスは植民地主義的な殺戮を再開したところなのだ。

 22日午前1時には、カダフィ大佐がリクソス・ホテルに現れホテルの防衛のために武器を自分で配ってそれから去って行った。今、ホテル周辺では激しい戦闘が続いている。
以上は「ROCKWAY EXPRESS」より
欧米の戦争は、汚い戦争であることがこれでも良く分ります。戦争に綺麗・汚いは無いかも知れませんが、「9.11テロ」でも表面上はアルカイダの犯行となっていますが、そんなことにはお構いなしでこのようにリビア戦争で利用しています。このような情報は欧米では一切報道されません。勿論日本でも大本営報道に徹しています。ここでも国民を欺いています。「3.11テロ」実行に協力した前原氏を菅後継にしようと企んでいます。所詮日本は欧米にいいように使い走りさせられ最後には捨てられる運命です。前原総理は本当に日本の将来にとっては悪夢であります。これを許せば菅内閣の「3.11テロ」と同じく日本国民の自業自得となり日本破滅の道です。絶対許してはならないことです。多分金(@10億円?)による買収で票獲得を目論むのでしょう。              以上
3.11同時多発人工地震テロ Book 3.11同時多発人工地震テロ

著者:リチャード・コシミズ
販売元:リチャード・コシミズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

勃発!第3次世界大戦 World War Ver.3.0 Book 勃発!第3次世界大戦 World War Ver.3.0

著者:ベンジャミン・フルフォード
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 恐るべき首都圏土壌汚染の実態! | トップページ | 米国とドルに「no」と言い出した中国の決意!その① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリポリでのNATOの殺戮:アルカイダによって実行!:

« 恐るべき首都圏土壌汚染の実態! | トップページ | 米国とドルに「no」と言い出した中国の決意!その① »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ