カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国は間違った方向に向っている!米国民7割強の意見! | トップページ | ワシントン114年ぶりの大地震発生! »

2011年8月26日 (金)

アルジャジーラが伝える「首都圏で放射能健康被害が始まった」

アルジャジーラが伝える「首都圏で放射性物質による健康被害がはじまっている」

2011-08-20 12:31:24 | 福島第一原発

 放射性物質による健康被害は、首都圏でおこっていることは、色々なシグナルが出ています。僕のところにも、十人を超える医師からの懸念が伝わっています。こういう懸念を持つ人々の懸念を、僕も、「放射能防御プロジェクト」も共有化したいと考えています。医師や歯科医師、医療関係者の皆さんで放射能による被害の兆候感じたり、心配をされている方は、メールなどで情報をお寄せ下さい。情報のみならず、連携して行動することが大切と思います。

 下記に引用しましたが、アルジャジーラの取材に対して、千葉の柳沢医師が「子供に、鼻血が増えたり、インフルエンザのような症状、下痢がつづく状態がみられる。放射能によるものとみている。。これまでの、身体についての医学的知見では説明のつかない状況に直面している」と話しています。こうした言説が、明確化し、出てきたのが、全世界のメディアの中で、原子力に依存する発想を持つ必要のないテレビ局で、なおかつ取材情報レベルが世界標準よりも高い「アルジャジーラ」というのは、興味深いです。諸外国の、特に欧米メディアが、この流れに続いて参入してくると僕は思います。そうすると、日本のメディアの後進性、今回の事態に直面しないマスメディアの組織的硬直さと記者たちのふがいなさが明確化して、僕はよいと思います。こういう懸念を伝える事が記者の最もすべき仕事であって、それをしない人は、記者としての根幹がないと僕は思います。自国に起きている健康被害の兆候をいちはやく細かく伝える事が、記者としてすべきであって、それよりも優先されることなど一つもありません。しかも子供のことです。僕のブログを何のために、メディア関係者は読んでいるのだろうかと疑問に思います。正直、馬鹿かと。こういうインタビューを先に海外の、しかもアルジャジーラに流される恥を知ったほうがよい。

さて、イタリア在住の邦人からは、次のような情報が寄せられました。

「北イタリアのロンバルディア州(ミラノのある州です)でチェルノブイリの事故前に200例だった先天性白内障の症例が3000例に増えた。その後数年でまた減って行ったためチェルノブイリの影響とわかった。」
「1991年生まれの彼のお子さんが先天性白内障で、生後2年間も原因がわからないまま
盲目だと思われていたそうです。
診断がついた後で手術をして見えるようになりましたが、成長に応じてレンズを入れ替えるため
何度も手術を受けなければならず、今年20歳で最後の手術を受けるそうです。」
 
 症例の数はおっしゃっている話なので曖昧な点もあるかも知れませんが、かなり増えている事は事実です。なお、例えば、イタリアのセシウム134とセシウム137の合算降下量はチェルノブイリの時に平均6,500Bq/㎡とされています。東京は、「放射能防御プロジェクト」」の調査でも平均30,000Bq/㎡を超えています。まずこれで今の東京はチェルノブイリの時のイタリアの約五倍、セシウムが降下しています。しかも、これは、動くホットスポットの巣鴨の60,000Bq/kgは入れていない平均値ですので、これを入れればさらに東京の平均値は二倍から三倍になります(チェルノブイリではこのような最大値や動くホットスポットはカウントされています)。このように考えると、チェルノブイリの時のイタリアのセシウム合算降下量(平均)と、今回の東京を比較すると、十倍から十五倍も多く、合算したセシウムが東京に降下している可能性があります。ちなみに西ドイツは、セシウム合算の降下量の平均は6,000Bq/㎡で、イタリアよりも少し少ないです。東京が、チェルノブイリの時の、イタリアや西ドイツレベルの対応を続けても、顕著な健康被害が回避できる担保はありません。降下量が違います。まして、何も考えていない人々は、追い込まれる可能性が高いと僕は思います。

 

http://english.aljazeera.net/indepth/features/2011/08/201181665921711896.html

Doctors in Japan are already treating patients suffering health effects they attribute to radiation from the ongoing nuclear disaster.

"We have begun to see increased nosebleeds, stubborn cases of diarrhoea, and flu-like symptoms in children," Dr Yuko Yanagisawa, a physician at Funabashi Futawa Hospital in Chiba Prefecture, told Al Jazeera.

She attributes the symptoms to radiation exposure, and added: "We are encountering new situations we cannot explain with the body of knowledge we have relied upon up until now."

"The situation at the Daiichi Nuclear facility in Fukushima has not yet been fully stabilised, and we can't yet see an end in sight," Yanagisawa said. "Because the nuclear material has not yet been encapsulated, radiation continues to stream into the environment."

============================================================

福岡に講演会に伺うように言われました。

主催側より下記の通りという事です。参加希望の方は受付HPよりお申し込み下さいとのことです。

一部の講演会は満席。午後五時半からの懇親会は空席があるそうです。懇親会は色々お話を伺って答えるスタイルです。会場費などとして五百円はかかると思います。

木下黄太氏講演会in福岡(春日グローバープラザ)

◆日時:9月3日(土)15時~17時、懇親会17:30~19:30

=====================================================

http://kokucheese.com/m/event/party/15753/

ジャンル:ウェブログ
コメント (4)トラックバック (0)この記事についてブログを書く  |  Messenger この記事をはてなブックマークに追加
« 再爆発の懸念を抱... | トップ

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 
Unknown (Unknown)
2011-08-20 14:00:10
怖いですね。

そういえば、NHKも原発推進気味のビデオを
制作していましたね。(エネルギー図書館)
NHKが放射能被害を隠そうとするのは
こういった利害関係のためなんでしょうか?
東北の情報をください。 (Unknown)
2011-08-20 14:02:49
ブログの内容が、首都圏目線で、
東北の情報があまり入ってきません。

宮城、岩手、栃木、山形など東北の土壌汚染の状況、健康被害の状態をもっと伝えてほしいです。
たくさんの友人、知人が情報が無い。と困っています。

マスコミも首都圏中心に報道しており、ホットスポットなどの情報も関東はすぐに広まりましたが、
東北は、情報難民。置き去りです。
首都圏より、さらに酷い汚染かと推測されるのに、情報が少ないのです。

福島だけの問題じゃ無い。東北もかなりの汚染があると思います。

木下さんも、東京目線ではなく、東北の現状も伝えてください。

お願いします。
Unknown (Unknown)
2011-08-20 14:40:55
世界中に原発をつくりたがる世界的原子力マフィアがマスメディアも資本的に掌握してるとしたら欧米のマスメディアは今後の日本の健康被害を日本と同じように可能なかぎり無視隠蔽封殺すると思います
新総理 (ほっぺ)
2011-08-20 15:00:11
今朝のNHKニュース

家事をしながらのながら聞きだったため聞き間違いだったらすみません。

民主党の鹿野さんが「原発問題で国民に隠してきたことを明らかにし、早急に対策をとらなくてはならない時がきている。それができる人材が必要であろう・・・」といったような内容が聞こえた気がします。

それを聞き、もしかしたら今よりもう少しマシな政策をこの人ならとってくれるかもしれない。

ただし、そのことがどの程度まであきらかにされるのか、どのようなパニックが起きるのか・・・

パニックが起きるうんぬんではなく、それよりもっと重大なことが日々人々の体に起きている。

華やかではないけれど、管さんより海江田さんよりましかもしれない。

以上は「木下黄太氏」ブログより

日本のマスコミより海外のマスコミの方が日本国民の健康を気遣ってより真相の情報を知らせてくれています。どちらが日本のマスコミだか分りません。日本のマスコミは逆に真相を隠蔽して国民を騙そうとしているのですから、全く日本のマスコミ人の倫理観を疑います。何の為のマスコミなのか自分達の存在を否定するような態度です。これでは斜陽産業化は自業自得であります。国民は真相を知りたいのです。嘘など知りたくはありません。ペテンはペテン菅内閣でもうこりごりです。               以上

放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策 Book 放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

著者:古長谷 稔,食品と暮らしの安全基金
販売元:三五館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上州は赤城の「嶺りんご」「木村りんご農園

りんご・ペクチンが体内放射能除去に有効!)

« 米国は間違った方向に向っている!米国民7割強の意見! | トップページ | ワシントン114年ぶりの大地震発生! »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルジャジーラが伝える「首都圏で放射能健康被害が始まった」:

« 米国は間違った方向に向っている!米国民7割強の意見! | トップページ | ワシントン114年ぶりの大地震発生! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ