カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« レバノン軍事情報機関:シリア反政府ゲリラへの武器密輸を阻止! | トップページ | 57カ国会議,J・ロックフェラー氏参加拒否される、10万人逮捕近し? »

2011年9月12日 (月)

電熱で癌細胞を焼き尽くす!その①

電熱でがん細胞を焼き尽くす
肝がんでは主力、肺がんへの応用に期待
ラジオ波焼灼療法(RFA)

 外科的治療の低侵襲(キズが小さく身体の負担が少ないこと)化は世の流れ。がん治療も例外ではない。肝がんに対する「ラジオ波焼灼療法(RFA)」はその代表だ。RFAは、皮膚を2~3ミリメートル切って直径1.5ミリメートルの電極針を差し込み、がん細胞を100度に熱して死滅させる方法。1回の焼灼で約3センチメートルの範囲を焼き尽くすことが可能だ。全身麻酔や開腹手術が不要なので治療時間が短く、回復も早い。2004年に保険収載された後は肝がん治療の主力になっている。

 肝がんでの適応は3センチメートル以内、3個以下。この範囲に限れば根治的な肝切除術と同じ治療成績が期待できる。「日本肝癌研究会」によると、5年生存率は57%、肝機能が良好であるほど生存率は高く、肝機能低下による意識障害や腹水がなければ5年生存率は7割以上である。また、肝がん患者の8割は5年以内に再発するが、RFAなら繰り返し治療を受けられるのがメリットだ。ただ、比較的新しい治療法なので施設の技術格差が大きい。施設と施術者選びは慎重にし、必ずセカンドオピニオンを取ることをお勧めする。

以上は「DIAMOND ONLINE」より

癌細胞は熱に弱い点を利用して治療する方法ですが、これは従来からの「手術・抗がん剤・放射線」療法に新たな治療法として脚光を浴びてきた治療法の一つです。温熱療法もこの一種です。癌者に負担が軽い点も評価できます。      以上

【送料無料】癌・温熱療法の科学 【送料無料】癌・温熱療法の科学

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« レバノン軍事情報機関:シリア反政府ゲリラへの武器密輸を阻止! | トップページ | 57カ国会議,J・ロックフェラー氏参加拒否される、10万人逮捕近し? »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電熱で癌細胞を焼き尽くす!その①:

« レバノン軍事情報機関:シリア反政府ゲリラへの武器密輸を阻止! | トップページ | 57カ国会議,J・ロックフェラー氏参加拒否される、10万人逮捕近し? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ