カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ニビルは地球にどんな影響を与えるか?その② | トップページ | 東北ガストで赤痢発生の原因は? »

2011年9月17日 (土)

国民総出で妊婦と子供を守れ!-その③

児玉龍彦教授激白「国民総出で妊婦と子供を守れ!」原子力行政を批判し、除染活動を続ける東大アイソトープ総合センター長に密着

2011年09月10日(土)フライデー

 児玉氏は、今後の展望をこう語る。

「現在、南相馬市の除染は良い方向に進んでいます。表土を削る作業も進み、今は削った土を埋めるためのコンテナに関する議論に入りました。ここまで進んだのも、市が適切に情報を整理し、活動を主導しているからです。国は、その動きをサポートする、除染方法や食品の安全検査について詳しい情報を持った、本当の意味での『原子力安全委員会』を作らなければならない。『子供と妊婦を守れ』ということに反対する政治家は誰一人としていないはずです。首相が誰になろうと、それを早くやれと言うだけです」

 児玉氏は、政治家だけでなく、科学者、経済人、マスコミと、すべての人がそれぞれの立場で行動することが必要だと語る。これは福島だけの問題ではない。

「フライデー」2011年9月16日号より


トップページへ戻るこのページのトップへ戻る
【食の研究所】高まる食への関心!今こそ食の安全と健康を考えよう!! 通貨が教える世界経済の行く末!知らなかった価値ある情報がココに! 事前登録無料! インテージフォーラム 2011開催

■以上は「現代ビジネス」より
児玉教授のような人ばかりなら世の中上手く行くのですが、現代はこのような方は少なく自己主張ばかりで、他人を思う人は少なくなりました。利己主義から利他主義への転換が必要です。資本主義は利己主義を基本としていますから、その資本主義の行き詰まった今日では、基本となっていた哲学もそろそろ転換の時期となったようです。今はあらゆる面での転換の時期となったようです。                    以上
闇の支配者に握り潰された世界を救う技術 Book 闇の支配者に握り潰された世界を救う技術

著者:ベンジャミン フルフォード
販売元:武田ランダムハウスジャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« ニビルは地球にどんな影響を与えるか?その② | トップページ | 東北ガストで赤痢発生の原因は? »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民総出で妊婦と子供を守れ!-その③:

« ニビルは地球にどんな影響を与えるか?その② | トップページ | 東北ガストで赤痢発生の原因は? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ