カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 隕石から「地球外の生命の痕跡」を見つける方法 | トップページ | 関東地方及び政府の東北地方太平洋沖地震の情報発信 »

2011年9月28日 (水)

全面核戦争基準・500Bq/kg

全面核戦争基準                   
[ 原発 ]   
松田 浩平教授(東北文教大学)
【食料生産者の皆さんへ】国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争に陥った場合に餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染上限です。もしも放射性セシウム137が500Bq/Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します。全てが基準値ぎりぎりではないとしても重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では10年後に半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。つまり暫定基準500Bq/Kg未満で安全宣言すると言うことは、その食品を食べた人が10年後に半数は死亡してもかまわないと言っているのと同じだと言うことを忘れないでください。
追記、500Bq/Kgでやむを得ず食べる場合の期間は3ヶ月とされています。全面核戦争で食べ物がない場合の基準が規定の2倍の期間も放置されています。
・・・・・↑先生の文章を全文貼り付けさせて頂きました。・・・・・

日本の暫定基準値がWHOの全面核戦争基準ですか、そんな恐ろしい数値だったなんて、
世の中の大半の人は1キロあたり500ベクレル以下のセシウム汚染なら
安心して食べ続けられると誤解していますからこれは恐ろしくなって来ました。
あの福島原発3号機の大爆発で拡散された放射性セシウム以外の
放射性ストロンチウム(半減期29年)や
放射性プルトニウム(半減期2万4000年)に至っては人体に蓄積して
さまざまなガンになる事は疑いない事実。

放射性セシウムはいくらか排出もあるでしょうが
人体に蓄積して内部被曝するものと言う考えをみんなに訴え続けなければいけませんね。

なんかこれも↓本当に思えてきました。







強く豊かな日本を目指して!
以上は「sakuramasu」より
日本の基準はドイツの基準8Bq/kgに対して500Bq/kgであり、空恐ろしい程の汚染を許容しています。今では、海外の日本駐在は忌避されているらしく、ドイツ大使館では、勤務する駐在員が不足していて業務に支障を来たしているほどのようです。日本の基準は3ヶ月間だけ適用との事ですが、しかし既に6ヶ月も経ています。この先何時になったら放射能から開放されるのか見通しがつきません。じわじわ健康を蝕んでいる状況であります。     以上
放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策 Book 放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

著者:古長谷 稔,食品と暮らしの安全基金
販売元:三五館
Amazon.co.jpで詳細を確認する



« 隕石から「地球外の生命の痕跡」を見つける方法 | トップページ | 関東地方及び政府の東北地方太平洋沖地震の情報発信 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全面核戦争基準・500Bq/kg:

« 隕石から「地球外の生命の痕跡」を見つける方法 | トップページ | 関東地方及び政府の東北地方太平洋沖地震の情報発信 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ