カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本株式会社、敗戦の日が近づいている! | トップページ | 新聞がおかしい、朝日新聞だけではない、-その② »

2011年10月 2日 (日)

生態系汚染と慢性被爆

<>

 

【生態系汚染と慢性被ばく】

本日は、広域放射能汚染が地域の生態系に如何に影響を与えるかを解説する。
保安院の試算によれば、福島第1原発1~3号機から放出されたセシウム137は1万5000テラベクレル(テラは1兆)。広島型原爆は89テラベクレルだったということなので、福島原発は広島原爆168.5個分ということになる。今回は公表されていないが、半減期が2.1年と短いセシウム134は、1万8000テラベクレルとされている。ストロンチウム90は、140テラベクレルとされている。※最大は、キセノン133で1100万テラベクレル。(保安院発表)

超ウラン核種は、Np239、Pu-238、Pu-239、Pu-240、Pu-241、Cm-242全体でだいたい10テラベクレル程度とされている。従って詳細な土壌分析が必須というのは、我々国民の要求であるだろう。今後の放射能対策にも大きな影響を与える。これらの超ウラン元素の多くは、アルファ線を出し、半減期が長く厄介である。

さて、これらの放出された放射性物質が如何に生態系に影響を与えるかは、生態系が如何に出来ているかを知る必要がある。

図1=森林内の物質循環
植物は葉緑素をもっており、太陽エネルギー、大気中の炭酸ガス、水、無機養分を利用して光合成を行ない自身の体を形成する。成長した植物体は、動物の食物となり、植物を食べて成長した動物の死体や排泄物は、地中の小動物やバクテリヤなどの働きによって分解され、もう一度無機成分となって植物の養分となる。
このように森林生態系では、太陽エネルギーを利用して、植物、動物、微生物の間を物質が回っており、これを「物質循環」という。

図2=森林内の食物連鎖
森林では大型の哺乳類から微小な土壌動物まで多種多様な動物が生息しており、これらは相互に影響しあい、生態系を構成している。土壌中の小動物、あるいは、昆虫類などは餌を植物に依存していて、小型鳥類やヘビなどはそれらを餌とし、さらにイヌワシやクマタカなどの猛禽類は、小型鳥類やヘビ、ノウサギなどを餌としている。このように上位の動物が下位の動物を餌として連なっていることを「食物連鎖」、あるいは「食物ピラミッド」といい動物生態系を理解する上で重要な法則となっている。つまり物質循環を見れば、太陽光が重要な役割を果たしていることが分かる。

福島県は、面積が広く、森林や田畑、放牧地などが多い。特に放射性物質は、風に乗って流れ、降雨や降雪によって地表面に降下する。多くの人が居住する平野や盆地の外周には広大な森林や河川が広がっており、放射性物質はそこに大部分が降下し、そこにある生態系に影響を与える。その影響は、現時点では解明されていない。放射性物質に強い植物や動物もあれば、そうでないものもあるといった程度の研究でしかない。しかしながら、食物連鎖が最終的に、多くの生態系の消費者である動物群にダメージを与えることは誰の眼にも明らかである。

図3=海の生態系食物連鎖
従って、住民の命を守るための緊急除染は当然であるとしても、依然として生態系汚染からのリスクはあると申しておかねばならない。アメリカ国立癌研究所の調査結果によると、慢性被曝による癌リスクは日本の原爆被爆者が受けた急性被曝によるリスクに匹敵し、放射能汚染は、白血病全体のリスク増加に加え、チェルノブイリ事故前には放射能被曝との関連性が知られていなかった慢性リンパ性白血病に影響を及ぼしていることが分かったと報告されている。食物も、空気も、水も汚染され続ける。そしてその影響は広島・長崎というより、チェルノブイリと似ている。

本年、チェルノブイリ事故を旧ソ連諸国~西側諸国に横断した被害研究結果として「ヤブロコフ・ネステレンコ報告」がニューヨーク科学学会から出版されている。その中でも慢性被ばくからのものであると見られる症例が多数報告されている。この報告を読めば、チェルノブイリ事故の実態がこれほどまでにひどいものだったとは知られていなかったことが分かる。

一方、放射性物質だけを取りあげれば、広島も、長崎も、チェルノブイリも、そしてフクシマのものもなんら変わりないことに躊躇は無い。そこにあるものは毒だ。

毒をばら撒いた者は罰せられなければならない。そして、我々国民はその完全なる除去、その補償を求める。
妥協は無い。皆さんのご意見をお待ちする。
 
以上は「olive news]より
福島原発事故は修復不可能な事故であり、以前の状態に戻すことは事実上無理であります。前菅内閣はいかにも修復できるかのような甘い期待を国民に与えて誤魔化していましたが、これが不可能なことであることが時間が経つごとに明らかになるものと思われます。半永久的に汚染された土地に住むことになる訳です。平均寿命も結果的に短縮するはずです。日本民族の滅亡の始まりです。以上
放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策 Book 放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

著者:古長谷 稔,食品と暮らしの安全基金
販売元:三五館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オリーブ拝 ( 2011/08/28 18:30 )

« 日本株式会社、敗戦の日が近づいている! | トップページ | 新聞がおかしい、朝日新聞だけではない、-その② »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生態系汚染と慢性被爆:

« 日本株式会社、敗戦の日が近づいている! | トップページ | 新聞がおかしい、朝日新聞だけではない、-その② »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ