カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« ペニシリンの陰に隠されていた人体実験と「ナイロビの蜂」 | トップページ | 中国の原子力発電所立地点 »

2011年10月 8日 (土)

在エジプト・イスラエル大使が暴動の日に夜逃げ!


エジプトで起きた反イスラエル暴動

◆9月11日

 ムバラク体制が崩壊したことで、エジプト人の本当の意思が現れやすくなり、それはパレスチナ人支援ということになるので、イスラエルとの関係は悪化すると、このブログで指摘したが、事態はますますその方向を強めている。

 リビアではNATOの後押しする勢力がリビアを簒奪した格好になったが、そのまま収まるとも思えないし、シリアに対する同様の欧米側の工作も、成功するかどうかわからない。

 9月11日同時多発テロで始まったアメリカのアラブ・イスラム勢力に対する侵略行為も、成功とは言えず、逆にアメリカや欧米の経済・金融問題の方が足元から彼らの体制を崩し始めている。

 彼らの侵略の成果が出る方が早いのか、彼らが自滅する方が早いのか、という状況に近づいている。イスラエルはその欧米の背後に控えている勢力だから、欧米の側が衰退することで、イスラエルの運命も終わりに近づいてきている

 「夜逃げをしなくてはならなくなるのは、イスラエル大使だけではなくなるだろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●在エジプト・イスラエル大使が暴動の日に夜逃げ
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/egypt/8754193/Israeli-ambassador-to-Egypt-flees-in-night-of-rioting.html
【9月11日 Telegraph.co.uk】

 イスラエルの国旗が焼かれ、大使館の書類が窓から投げられた暴動の事態にアメリカが懸念を表明した。

 デモ隊はイスラエル大使館近くに駐車中の車のタイヤに火をつけ、少なくとも2台の車が焼かれた。大使館はナイル川を見渡す区域の高級住宅街にあるマンションの上階にある。

 夜が明けると、残っていた約500名のデモ隊らが警察や軍隊およびその車両に対して石を投げた。しかし警察は徐々に彼らを押し戻しその一帯の安全を確保した。

 これは5人のエジプト人警備員が先月のイスラエルの対殺し屋の軍事作戦の期間中に殺されてから2回目となる暴動であった。

 エジプトは暴動の夜の後、警察に緊急事態を発令した。

 国営放送は今回の数千人のデモ隊とそのデモ隊に催涙ガスを使用した警察の衝突で448人が負傷したと発表した。また46人の警察官が負傷しデモ隊員17名が逮捕された。

 10日は、内務大臣はすべての高官に休日返上させ仕事に戻るよう命令した。

 この暴動騒ぎですでに悪化していたムバラク後のエジプトとイスラエルとの関係をさらに悪化させた。
以上は「ROCKWAY EXPRESS 」より
今のイスラエルの言動には、国際社会からも批判が強くなって来ました。第二次世界大戦でのユダヤ人迫害で世界の同情を集めていたときとは大分趣が違って来ています。今のイスラエルは一人よがりで他国との共存を望まず自分さえよければ良いとする傾向が目に付きます。自国の要求が通らなければ軍事力で解決するなど強引な点があります。もっと平和共存できないものかと思われますが、そのような思考は持ち合わせていないようであります。「3.11テロ」では日本も大分イスラエルに痛めつけられているのです。以上
放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策 Book 放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

著者:古長谷 稔,食品と暮らしの安全基金
販売元:三五館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« ペニシリンの陰に隠されていた人体実験と「ナイロビの蜂」 | トップページ | 中国の原子力発電所立地点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在エジプト・イスラエル大使が暴動の日に夜逃げ!:

« ペニシリンの陰に隠されていた人体実験と「ナイロビの蜂」 | トップページ | 中国の原子力発電所立地点 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ