カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 世の中おかしい | トップページ | 国立環境研究所の放射能プルーム拡散のシミュレーションについて »

2011年10月29日 (土)

カタストロフイ、今までの常識が通用しない危険な方向に突き進む欧米

2011年8月27日土曜日

カタストロフィ。今までの常識が通用しない危険な方向に突き進む欧米

リビア政権は崩壊した。この北アフリカ・中東の混乱は「民主化のうねり」だというのは嘘八百で、あからさまに欧米が主導であるのは、もはや誰の目にも明らかになっている。

もう誰も「中東の春」だとか「ソーシャル・ネットワーク革命」だとか、国民が主体に反政府運動を起こしたようなニュアンスのある言葉は誰も口にしない。

どう見ても欧米が全力でリビア政権やシリア政権を倒そうとする姿がそこにある。

イスラエルも望まない事態

最初は欧米も背後にいて目立たなかった。しかし、カダフィ大佐が徹底抗戦を宣言したあたりから、フランスもイギリスも本気を出して倒しにかかっていっている。

状況を見ると、本当は2011年の2月から3月のどこかでカダフィ政権が倒れる「予定」で欧米は動いていたように見受けられる。

しかし、そうならなかったので、NATO軍まで動かしたが、戦闘は半年も続いた。つまり、予定が半年も狂っている。おまけに、シリアの抵抗も激しく、こちらはこれからの勝負だ。

欧米は親米政権だったチュニジアもエジプトも壊し、欧州と協力関係に入ったばかりのカダフィ政権をも壊し、ヨルダンもイエメンもシリアもサウジも片っ端から政情不安にさせている。

石油利権を考えるのであれば、親米・親欧政権を維持していたほうがやりやすい。しかし、今はそれらをすべて一掃しようとする勢いである。

この地域に広くスパイ網を張っていたイスラエルですら先が読めずに対応に失敗した。

イスラエルはアメリカと同心一体の国だが、そのイスラエルでさえ国内で暴動が起きていて、ネタニヤフ政権が突き上げられているのである。

イスラエルは最初から今回の中東の騒乱には危機的な意識を持っていた。

「ムバラク大統領が崩壊すると、中東の混乱は収拾がつかなくなる」

エジプトのムバラク政権が崩壊しつつあるとき、イスラエルはオバマ政権に伝え、ムバラク擁護を訴えた。しかし、オバマは動かなかった。

「オバマの弱腰外交が中東の政変を招いており、これはカーター大統領の二の舞だ」

そういって、まったく中東の混乱を収めようとしないアメリカにユダヤ系のメディアは噛み付いていたが、アメリカは逆にムバラク政権を崩壊させる方向に動いた。

カダフィ政権と癒着していたイギリス

そして、リビアでも騒乱が起きると、やはりカダフィ政権の崩壊に向けて動いている。

イギリスとイタリアは当初、カダフィ政権とは非常に深くビジネス取引があって、カダフィ政権の崩壊は望んでいなかった。

トニー・ブレア元首相はあまりにカダフィ政権との癒着が大きかったためにかなり動揺していた。デイリーメール紙のインタビューではこう答えている。「私は今起きていることに、他の誰よりも驚愕している」

ブレア元首相はイギリスの代表でもあるが、さらに言えばイギリスでもっとも重要な企業BP(旧ブリティッシュ・ペトロリアム)のエージェントでもある。

リビアの石油利権はすでにトニー・ブレアを介して、BPががっちりと持っていた。逆に言えば、石油利権のためにリビアが崩壊しては困る状況だった。

また、防衛計画から軍のトレーニングを請け負う契約をリビアとも交わしているのだが、こちらはアメリカのJ.P.モルガンの代理人として動いていた。

ここから見えるのは、イギリスもまたリビアで起きている事態は不意打ちだったということである。

この点ではイタリアも同じだ。ベルルスコーニ首相とカダフィ大佐は美しい女を交換しあうほどの仲だったし、リビアの石油を買っていたのもイタリアだった。カダフィ政権が倒れてイタリアにとっていいことは何ひとつない。

しかしカダフィ政権が打倒されるのは既成事実化していく流れとなり、オバマもヒラリーもそれを「望む」発言と行動をやめることはなかった。

そうなると、窮地に陥るのはイギリスだ。下手にカダフィ大佐が生き残ると、今までの裏の取引が暴露されてしまう。

イギリスのスパイがリビアに入り込んで必死になってカダフィ大佐を探しまわっているのも分かる。生け捕りではなく抹殺されなければならないとイギリスは考えているはずだ。

今まさに目の前で動いている

中東で親米政権が崩壊していくとアメリカの影響力は中東から消えていく。ドル防衛から見ても現在起きていることは非常に不利だ。従来ならばそれは許されざる動きだったとも言える。

カダフィ政権が倒れるとイギリスの利権も消えて行く。従来ならばそれも許されざる動きだったとも言える。

イスラエルはポスト・ムバラク、ポスト・カダフィがどうなるのかまったく分からない状況になるのだから、国が存続できるかどうかの正念場に来ている。これも、従来ならばそれも許されざる動きだったとも言える。

つまり、アメリカのドル防衛的にも、イギリスの利権維持的にも、イスラエルの存続的にも、今起きている中東・北アフリカの動きは、すべて「起きてはいけないこと」なのである。

そう考えると、今起きているこの騒乱は、今までの欧米の動きとはまったく違うものであることが分かってくる。

何かが変わった。第二次世界大戦後に作られた世界秩序のルールが今、すべて破壊されつつある。まさに、ゲーム・チェンジである。

アメリカの衰退、ドル覇権の縮小、ユーロの瓦解、中東の政権崩壊、日本の凋落、イスラエルの窮地は、2011年1月から一気に加速化されている。

別々の事件が適当に起きているのではなく、ひとつの意図を持って起こされている。何か、とてつもなく大きな「計画」が、今まさに目の前で動いている。

それは驚いたことに、今までの秩序、利権、国家計画、スキームをすべて吹き飛ばしてでも遂行されている。今までの常識が通用しない時代が来ており、とても危険な方向に向かっている。

私たちはカタストロフィ(大崩壊)に準備しなければならない時期になっているのだろうか。はっきりとした確証は何ひとつないが、どうやらそのように見える。



〓 この話題について、参考になる書籍・メディア
無差別テロの脅威—21世紀型の戦争の実態
テロリズムとはこう戦え
「テロ対策」入門—遍在する危機への対処法
アッラーの花嫁たち
世界を変えたテロ決定的瞬間
生き残る判断 生き残れない行動
最新 日本の対テロ特殊部隊
生物・化学・核テロから身を守る方法
生物兵器と化学兵器—種類・威力・防御法
生物・化学兵器 (図解雑学)
生物兵器—なぜ造ってしまったのか?
悪魔の生物学—日米英・秘密生物兵器計画の真実
見えない脅威 生物兵器
世界生物兵器地図—新たなテロに対抗できるか
生物兵器テロ
以上は「DARKNESS OF ASIA 」より
最近の世界の動きにはルール無視が罷り通っています。「9.11テロ」「ロンドンテロ」「3.11テロ」と段々その動きはエスカレートして来ています。一種の問答無用といった様子です。刃向かうものは容赦ないほどに攻撃します。これでは第3次世界大戦に突入もありえることになりそうです。                                 以上

3.11同時多発人工地震テロ

Book 3.11同時多発人工地震テロ

著者:リチャード・コシミズ
販売元:リチャード・コシミズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

勃発!第3次世界大戦 World War Ver.3.0 Book 勃発!第3次世界大戦 World War Ver.3.0

著者:ベンジャミン・フルフォード
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する



« 世の中おかしい | トップページ | 国立環境研究所の放射能プルーム拡散のシミュレーションについて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 世の中おかしい | トップページ | 国立環境研究所の放射能プルーム拡散のシミュレーションについて »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ