カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 頭の良い人とそうでない人の差は何処に、その対策は!ーその① | トップページ | EM技術による放射能被爆対策 »

2011年11月 7日 (月)

米住宅ローン担保証券、2,000億ドル訴訟の行方そのー④

米住宅ローン担保証券を不適切販売
17金融機関“2000億ドル訴訟”の行方

レプワラ問題が投資銀行にまで拡大

 そして、今回の訴訟が注目されている点がもう一つある。それは、銀行を対象とした住宅ローン債権の「買い戻し問題」が、投資銀行にまで飛び火したことだ。

 じつは、10年夏頃からバンカメなどの米銀に対し、住宅ローン債権を買い戻せという訴訟が頻発している。銀行が貸し出した住宅ローン債権をファニーメイやフレディマック、投資銀行などが買い受け、それを証券化して投資家に販売するが、住宅ローンの返済が焦げついた際にはファニーメイとフレディマック、保証会社が立て替え払いをすることになっている。この立て替え払いの保証を付けるために債権を売った銀行に対し、住宅ローンの内容表示に虚偽があれば買い戻すという“表明保証”を付けさせている。

 そして実際に返済不能が多発し、内容を調べてみるとローンの属性に虚偽が見つかり、表明保証に基づいて住宅ローン債権の買い戻しが行われているのだ。この表明保証の英単語の頭文字を取って「レプワラ問題」と呼ばれている。

 これら買い戻し訴訟を受けたバンカメなどは和解金を支払ったり、多額の引当金を計上することで幕引きを図ろうとしていた。その矢先に今回の訴訟が発生した。

 住宅ローンの内容に虚偽がある点で両者は同じだが、これまでは住宅ローンの貸し手である銀行がターゲットだったが、今後はRMBSを販売したことがある投資銀行もすべてターゲットになった。

 つまり、今回の訴訟ではファニーメイとフレディマックの2社にRMBSを販売した金融機関しか訴訟の対象となっていないが、この2社以外にRMBSを販売した投資銀行も今後、提訴の対象となる可能性があるということだ。

 もっとも、ドイツ銀行などは「断固として闘う」とするなど、「買い手側もプロの金融機関」(伴豊・SMBC日興証券シニアクレジットアナリスト)と見る向きもある。どこまで損害賠償が認められるかは未知数だ。しかし、ファニーメイとフレディマックには1644億ドル(約12兆6588億円)もの公的資金残高がある(11年3月末)。国民感情を抑えるための見せしめとして、投資銀行がターゲットとなった可能性も否めない。今後の動向に注目である。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 藤田章夫)

以上は「DIAMOND ONLINE」より

« 頭の良い人とそうでない人の差は何処に、その対策は!ーその① | トップページ | EM技術による放射能被爆対策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米住宅ローン担保証券、2,000億ドル訴訟の行方そのー④:

« 頭の良い人とそうでない人の差は何処に、その対策は!ーその① | トップページ | EM技術による放射能被爆対策 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ