カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 地球は人類進化のための学校だったーその② | トップページ | 今は究極の人生計画を考える時 »

2011年11月20日 (日)

「タイムマシン」の特許ついに成立、米国

「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?

カルマ(因果応報)

みなさん、こんにちは。

次はこれ。そう「タイムマシン特許」である。ついにアメリカで「タイムマシン」の特許を取得した男が出て来たのである。Mabuhay氏の集めた情報にそれとなくあったので、うっかりして見逃すところだった。以下のものである。

タイムマシンの特許
元記事:U.S. Scientist Patents Time Machine

最近なぜかちょっとブログ熱が冷め気味です・・・

どうせ誰も信じないような記事ですが、タイムマシンの特許はどうやら2006年に取得されていたようです。

タイムマシンの特許は、オクラホマのマービン・B・ Pohlman 博士によって合衆国特許商標局にファイルされました。

特許の概要



上記博士の著書

合衆国の科学者がタイムマシンの特許を取ります


記事後半では2034年にゼネラルエ・レクトリック社(GE)が米国陸軍のために作ったタイムマシン『C204』を公開し、西暦2000年に未来から現れたジョンタイターに言及。

タイターは当時まだ起きていないイラク戦争とニューヨーク(911)のような攻撃をほのめかした・・・

タイターは彼のマシンモデル C204 重力わい曲時間転置ユニット(GDTDU)、がスイスの CERN によって作られたミニブラックホールによって電力を供給されたと主張しました。


タイターは、若干の写真を公表することによって、科学者らの希望通りに、ペンレーザー光線がどうブラックホールのパワー源によって発散された重力波によって曲げているかを実演して説明しました。

懐疑的ではありましたが、グループの多くがそれに感銘を受けました・・・

C204 GDTDU の米国陸軍発行のマニュアル


GE C204 GDTDU マシン


フロリダの家の実物写真

いやー、この記事は実に面白い。そこで、本当にこの「マービン・B・ Pohlman 博士」(Marvin B. Pohlman)が存在するのかと調べてみると、やはり実在の人物である。博士のことを収集したサイトを見つけたのでメモしておこう。以下のものである。

Marvin B. Pohlman TALESFROMTHELOU'S BLOG

さて、問題の特許とは何か? 以下のものである。ここから全文をダウンロードできる。これを解読すれば、密かにタイムマシンを自前で作ることが出来るヨ!

Method of gravity distortion and time displacement Marlin B. Pohlman

これを理解し、解読でき、さらには自分でタイムマシンを作ろうという強者が出て来るかどうかは分からないが、いまやタイムマシンを作り出して、「311」以前の日本に戻り、そこで「仁」の主人公のように、「歴史を変えて来る」ほか、福島原発を元に戻す方法はないだろう。

その意味では、実にタイムリーな記事である。Mabuhay氏に感謝しよう。


ところで、この記事では、例の「タイムトラベラー」の「ジョン・タイター」と、このマービン・B・ Pohlman 博士が同一人物ではないのか?という疑念が書かれているが、むしろ私はこの「マービン・B・ Pohlman 博士」と、「ウィングメーカー」のACIOのボス「フィフティーン」の方との類似に着目したい。なぜか、マービン・B・ Pohlman 博士の経歴が「フィフティーン」と似ているように感じるのである。

メンサのメンバーというが、このメンサというのは、知能指数140以上でないと入れないとかいうような天才的頭脳の持ち主の集まる秘密組織である。フィフティーン氏は、ETの知能開発テクノロジーの世界最初の被験者であり、普通の知能の500%アップを施された人物であると言う。もしそうなら、メンサにはIQ500で楽々パスできるからである。

どうやら脳のある部分に刺激を加えると、知能が一瞬にしてアップするという座(場所)があるらしい。ACIOのクリアランス12以上の人々はすべてこの知能増強を受けるというのである。この方法の結果、知能増強したメンバーには、「フラッシュメモリー」のように、物事が何でも瞬時に大量の情報を処理できるようになるのだという話である。そんな連中が総出で「タイムマシン研究」しているという組織がACIOであるという。

タイムマシンもさることながら、この知能増強テクノロジーも是非とも欲しいところですナ。さもなくば、永久に福島第一の放射能除去はできるはずがないからである。東電のバカどもをみんな天才にしないことにはらちがあかんというわけですナ。
以上は「井口和基氏」ブログより
嘘かまことか、実に興味ある話です。信じられないことです。事実なら、今までの常識が全てひっくりかえるほどの衝撃であります。今後の推移を見守ってゆきたいと思う次第です。
                                          以上
闇の支配者に握り潰された世界を救う技術 Book 闇の支配者に握り潰された世界を救う技術

著者:ベンジャミン フルフォード
販売元:武田ランダムハウスジャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 地球は人類進化のための学校だったーその② | トップページ | 今は究極の人生計画を考える時 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「タイムマシン」の特許ついに成立、米国:

« 地球は人類進化のための学校だったーその② | トップページ | 今は究極の人生計画を考える時 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ