カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« T・P・P導入で米国流強奪司法に再占領される! | トップページ | 実現論36、第四部、場の転換(ヘ)秩序収束=規範・制度の共認圧力と政権闘争 »

2012年1月29日 (日)

年1ミリ以上「集団疎開を」政府に提言!

年1ミリ以上「集団疎開を」=広島被爆の医師ら、政府に提言-東京

 東京電力福島第1原発事故を受け、学者や医師らが設立した「市民と科学者の内部被曝(ひばく)問題研究会」が27日、東京都内で記者会見し、政府に対し、年間1ミリシーベルト以上の被ばくが見込まれる地域の子どもを集団疎開させたり、妊産婦や病人を安全な地域に移したりすることを求める提言を発表した。
 提言は、原発を推進してきた学者ら「原子力ムラ」以外のメンバーで委員会をつくり、事故原因を究明することなども求めている。
 研究会のメンバーで、広島への原爆投下で被爆した肥田舜太郎医師は「日本人は放射線の被害を教わっていない。もっと勉強し、放射線と縁を切らなければいけない」と訴えた。米国の水爆実験で被ばくした「第五福竜丸」元乗組員の大石又七さんは「(日本は)全然進歩していない。原発を導入した人たちの責任が問われなくて良いのか」と憤りをあらわにした。(2012/01/27-20:37)

以上は「jijicom」より

まだ日本には良心的な人々が沢山います。今の日本のリーダーにこれらの人々を起用したら日本もまだ望みがあります。「3.11テロ」を引き起こす極悪人たちが政治を司るようでは先が暗いです。これらの極悪人たちを逮捕どころか、擁護している日本の検察です。以上

« T・P・P導入で米国流強奪司法に再占領される! | トップページ | 実現論36、第四部、場の転換(ヘ)秩序収束=規範・制度の共認圧力と政権闘争 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年1ミリ以上「集団疎開を」政府に提言!:

« T・P・P導入で米国流強奪司法に再占領される! | トップページ | 実現論36、第四部、場の転換(ヘ)秩序収束=規範・制度の共認圧力と政権闘争 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ