カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 黒幕‘‘最高裁事務総局”の恐るべき正体! | トップページ | この波形はまた人工地震の疑いもあり、注意が必要です! »

2012年1月27日 (金)

福島県産米、今年、2012年産米より全量検査へ!

今年の福島県産米、全袋の放射線量検査へ

読売新聞 1月6日(金)7時38分配信

 福島県は、2012年産の県産米について、JAなどの協力を得て放射性物質に関する全袋検査を実施する方針を固めた。

 JAなどが精度の高い測定機器を導入する場合に、費用を補助する。11年産米の一部で、玄米の段階で国の暫定規制値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたことを受けた措置。

 県は、消費者の信頼を確保するため今秋の収穫分は、全袋を検査する必要があると判断。生産、流通関係者には機器導入を促す。

 12年の県産米の検査にあたっては、県が11年の収穫期にも行った抽出検査に加えて、JAなどが出荷する段階でも全袋を調べる。ただ、今秋に県内で収穫される量は、約36万トン、約1200万袋にのぼる見通しで、現在の検査能力(1日あたり約1200袋)では対応できないため、県は、ベルトコンベヤーに検体を載せて測定するタイプの機器を導入し、検査時間の短縮を図る。機器の性能にもよるが、全袋検査には百数十台が必要と見込まれる。

最終更新:1月6日(金)7時38分

読売新聞

 

Yahoo!ニュース関連記事

この記事に関連するニュース一覧を見る(3件)

以上は「yomiuri online」より

昨年の米が一番汚染されているのだから、当然に2011年産の米を全量検査するのが義務と思いますが、それをやらずに、略既に販売してしまった模様です。日本全国にブレンド米として売られているのではないかと思われます。汚染米を国民に食べさせて平気でいる連中の頭の中はどうなっているのやら、無責任にも程があると思います。  以上

« 黒幕‘‘最高裁事務総局”の恐るべき正体! | トップページ | この波形はまた人工地震の疑いもあり、注意が必要です! »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島県産米、今年、2012年産米より全量検査へ!:

« 黒幕‘‘最高裁事務総局”の恐るべき正体! | トップページ | この波形はまた人工地震の疑いもあり、注意が必要です! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ