カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • アメリカ破産
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 解体の危機に瀕する特捜検察! | トップページ | 野田内閣が進める共謀罪とは! »

2012年1月28日 (土)

これから何が起きるのか!

無題

すべて表示

これから何が起きるのか? その1

イメージ 1

 これから何が起きるのか? その1

 私は311フクイチ事故直後から、「みんなが想像してる千倍以上

恐ろしいことが起きると言い続けてきた」
 ほんの1グラム環境に漏れても大変なことになる放射能が数トン

の単位で地上に拡散したのだ。それは広島原爆を数百個も同時に

爆発させたほどの凄まじい放射能汚染が起きることを意味するの

だから、政府マスコミ電力が吹聴してるような大本営発表ですむ

はずがなく、まさに日本民族存亡、日本国家崩壊の危機が訪れた

と考えねばならない。

 私は30年以上前から反原発運動にかかわり、長い時間をかけ

て世界各地の核実験の影響や放射能事故を調べ、たくさんの被

曝事例を知っていた。放射能被曝障害をデタラメに甘く考えるア

ホ学者も多いが、過去の被曝事件を少しでも調べれば「放射能

が体にいい」などの妄言が、どれほど陳腐、無知蒙昧で唾棄す

べき愚劣な発言か誰でも理解できるはずだ。

 フクイチ・メルトダウン爆発事故で放出された放射能総量は約8

トンで、ほぼチェルノブイリ事故に匹敵するものであった。ならば

チェルノブイリで起きたことが、そのまま日本で再現されるのは

当然のことだ。
 チェルノブイリで、いったい何が起きたのか?

 この事故で、ソ連政府も後継のロシア政府も、未だに事故によ

る死者総数は33名と言い張っている。だが、ウソで固めたことし

か言わないソ連、ロシアの公式声明を真に受ける者は人類に皆

無だろう。たぶん当のロシア政府関係者や国民の誰一人信じて

いない。身近に放射能による莫大な死者を見せつけられてきた

はずだから。

 国連機関を装ってはいるが実質、原子力産業の代理機関であ

るIAEAですら死者4000名と評価していて、これも原子力産業

に乗っ取られたICRP国際放射線防護委員会は数万名程度の

死亡と評価、信頼性の高い欧州核医学研究機関ECRRは140

万人の死者が出たと主張し、これを裏付けるようにウクライナ

政府の下部機関も自国だけで、すでに150万人の死者が出た

と公表した。
 だが、これらの数字すら膨大な死者数の氷山の一角にすぎ

ないのである。

 ウクライナ・ベラルーシ現地で被曝者の救援に当たってきた

分子生物学者の河田昌東は、被曝が原因と認定される疾病

は全体の一割にも満たないと断言している。
 これまでICRPが被曝病と認めたのは癌・白血病だけだが、

実際に人が死ぬのは心臓病・脳梗塞・糖尿病・多臓器不全な

ど多岐にわたっていて、通常の病気と区別はつきにくく被曝と

の因果判定は不可能であって、大半の疾病や死亡は原因不明

のまま放置されると指摘している。

 ICRPの被曝評価は、内部被曝が完全に無視され、外部被曝

によるガン白血病に限定された原子力産業擁護の目的に沿っ

た政治的なものであって、実際には内部被曝の影響はICRP

評価の600倍に上るというのが矢ヶ崎琉大教授ら内部被曝研

究者の常識なのである。

 我々は、フクイチ事故後、チェルノブイリ救援にあたってきた

ドイツの女医の言葉を噛みしめる必要がある http://vogelgarten.blogspot.com/2011/10/das-leise-sterben.html

 【インタビュアー: 汚染地域で生きること言うことを、どのよう

に想像したらいいのでしょうか?
 生きるですって? 何よりも人々は死んで行くのです。静かに

死んでいきます。主に癌が原因ですが、あらゆる病気で人々は

死んでいきます。ストロンチウムも大きく起因しています。例えば

エネルギー交換が不可能となって心筋がやられます。ベラルー

シーで行った診察は、子供達が2歳、3歳、4歳にして急性心不全

で死んで行くことを証明しています。癌だけではないのです。

腎臓不全、肝不全や多くは血液製造障害が原因で人々は死ん

でいきます。これらは「チェルノブイリ・エイズ」という名称で知られ、

生き延びられるチャンスはほとんどありません。】

 いったい、本当の死者は、どれほどなのだろう?
 その答は、原子力産業が莫大なカネをばらまいた政府、産業界

や学問界には存在しない。ただ操作されない自然な人口統計の

なかにあるはずだ。放射能の影響のあった地域に起きた人口の

変化だけが真実を語ってくれるはずなのである。
 ところが、ソ連政府は1986年の事故後、3年間の人口動態統計

を隠してしまった。これには驚いたが、WHOの人口動態統計に

ソ連の3年間は空白になっている。つまり、ソ連では、統計すら

廃棄せざるをえないほど恐ろしい事が起きたのである。

 しかし、何もかも焚書することもできず、漏れ伝えられた情報

もいくらか残っている。そのうち人口動態を推理可能な重要な

ものが以下のグラフである。


 このグラフの示すものは何か? 事故が起きた1986年から8年

後の1994年に極端な平均寿命の低下が起きている。しかし、

それ以前は、なだらかな右肩上がりのグラフによって順調に平均

寿命が延びていることが分かる。
 この激しい凋落の理由について、ロシア関係者や御用学者た

ちは、91年に起きたソ連政府の崩壊を都合良く解釈し、これに

よって男たちが絶望しウオッカを飲み過ぎて寿命を縮めたなど

とアホ臭いデタラメ解釈を公然と押しつけてきた。
 これを京大・今中哲治のような左派御用学者でさえ主張したの

には本当に驚かされた。

 彼らの主張の根拠は、汚染被害の激しかったベラルーシでは

こうした凋落が小さいこと。1600キロと遠く離れたカザフスタン

でも同じように凋落傾向があった。あんな遠くにまで放射能が

飛散したはずがないというものだった。
 しかし、ベラルーシはチェルノブイリ事故で崩壊したソ連から

分離独立したとはいえ、実は事故のあまりの惨禍に恐れをな

したソ連政府関係者が、独立させることで事故被害の後始末

と補償をロシアから切り離す目的でウクライナとベラルーシを

傀儡政権によって独立させたことが常識なのであって、とりわ

けベラルーシは利権官僚が傀儡独裁政権を結成してチェルノ

ブイリ被害を含む統計データを捏造してきたことが広く知られ

ている。
 またカザフスタンが1600キロ離れて被曝がなかったというの

も、とんでもない詭弁であって、同じくらい遠いトルコも激しい

汚染に見舞われ、たくさんの被曝死者を出しているし、ヨウ素

・セシウム汚染は遠く地中海沿岸諸国や日本や北米でさえ驚

くほどの濃度が検出されてきたののである。
 ましてカザフスタンはソ連の核実験場として有名で、中国の

ゴビ核実験場にも近く、被曝の影響を多重に受けて相乗作用

が働いている可能性を容易に想像しうるはずだ。
 また、フクイチ事故の放射能が1万キロも離れた北米大陸を

汚染し、アメリカの著名医学雑誌が1万4千名の死者が出たと

正式論文を掲載しているのである。
http://www.prnewswire.com/news-releases/medical-journal

-article--14000-us-deaths-tied-to-fukushima-reactor-disa

ster-fallout-135859

288.html

 1万キロ離れたアメリカで、わずか数ヶ月のうちに14000名の

被曝死者が出たことが事実なら、日本では、いったいどれほど

の人々がすでに死亡し、これから死亡するというのだろう?

 これを、上のロシア平均寿命グラフから大ざっぱに推測して

みよう。

 本来ならOECD諸国平均の順調な右肩上がりグラフがロシア

においても期待されるはずであった。ところが94年、女性で

74歳だった期待水準に比べて71歳、3歳も低下し、男性も

65歳より57歳になって8年も低下していて、平均8%低下を

意味していると考えられよう。
 ロシアの人口が1.5億人だったので、1.5億×8%=

1200万人 が実質的に寿命を失ったことになる。しかも、

これは94年だけの話だ。事故以来の毎年の期待寿命からの

乖離を積み重ねれば実に恐ろしい数字が出てくる。これは

チェルノブイリ事故の、期待される寿命に対する失われた

余命、延べ総死者数がロシアだけで数千万人に迫る可能性

を意味するのではないか?
 この厳密な計算は難しいが、読者には直感的に判断願う。

これが酒を飲み過ぎたせいだと? バカも休み休み言え!

 私は、これと同じことが、これから日本で起きると主張して

きたのだ!
 これから、恐ろしい数の人々が死んでゆく。仮に日本人の

寿命が1割低下したとすれば、期待される余命を人口に換

算するなら、やはり数千万の単位になる。放射能が飛散し

た全世界で失われた命の総数は、おそらく億に達する

であろう。
 事故後25年を経たベラルーシの現状は凄まじいものだ。

生まれてくる子供のうち、健全な者は20%しかいない。

それも見かけだけの話で、多くは知的低下を来している。
 日本も必ず同じようになるはずだ。まともに生まれてくる子

供たちは、ごく一部にすぎない。そして大半の子供が知能低

下を来すはずだ。
 広島長崎の被曝データを検証した米軍ABCCの後継機関

である放射線影響研究所は、さらに恐怖のデータを示している。
 http://www.rerf.or.jp/radefx/uteroexp/physment.html

 それは、胎児で5ミリグレイ(≒シーベルト)被曝した場合、

4.4%が重度知的障害児として誕生するというものだ。

たぶん、半数以上が軽度の知能低下を来すだろう。
 1962年核実験の影響を調査した米海兵隊の統計では、

62年生まれのIQが無被曝年度兵に比較して10以上低か

ったと「被曝国アメリカ」という本に記載されている。

 福島周辺、おそらく東京都内ですら、3月の妊婦の被曝量

はミリシーベルトの単位に達していたはずだ。稼働原発事故

の初期は莫大な短寿命核種で汚染されるからだ。日本政府

が放射線測定を始めたのは、そうした短寿命核種が消えた

4月以降のことであった。
 これも政府関係者があまりの凄まじい線量と被曝を隠蔽

する目的で意図的に計測しなかったことは明白だ。
 したがって、これから真の地獄が認識されるようになる。

知的障害は出生直後には分からない。数年してはじめて

分かるものだからだ。

以上は「東海アマのブログ」より

既に福島原発の放射能の影響は日本だけでなく海外でも

その被害が出てきています。日本も2000~3000万人の

犠牲者が予想されています。一番の問題は現世代よりも

3~4世代の孫・ひ孫の世代に大きな影響があるとの研究

結果があります。従って、関東・東北・中部に生活する住人

は、その影響をもろに受けることになりそうです。その時代

には現在の人々はいませんので誰もそれ程強く責任を感

じないのです。孫・ひ孫の70~80%は障害児として産まれ

る恐れがあるのです。それこそ地獄です。誰がそんな日本

にしたのか良く考える必要があります。それは「菅内閣

成立バチアタリ内閣」が全てです。         以上

また、野田内閣は都合悪い情報を消してしまいました。

菅内閣と同じ穴の狢でした。

 

« 解体の危機に瀕する特捜検察! | トップページ | 野田内閣が進める共謀罪とは! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これから何が起きるのか!:

« 解体の危機に瀕する特捜検察! | トップページ | 野田内閣が進める共謀罪とは! »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ