カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「ダマイラマ詐欺」に引っかかる、ピュアなネット人権屋さん達 | トップページ | 近日関東地方に巨大地震か? »

2012年1月14日 (土)

福島原発の影響で、東京の未来はどうなる?

ソドムとゴモラの滅亡。そして東京の未来はどうなるのか。

2011-12-31 13:39:18 | 福島第一原発

 表題ではないですが、苫小牧情報だけ。苫小牧市長が避難者おかあさんたちに「 「『あなたたちの排泄物の方が、ガレキの焼却より環境汚染をします。』という見解もありますね。」と発言したそうです。最低です。

 

 旧約聖書のソドムとゴモラの滅亡の話は、僕の中で、来年、東京がどうなるのか。僕自身が皆さんにどういうことを語りかけるべきなのか。ぼくが、どうしても助けたい、ある一人を、どうしたら助けられるのかということにも、密接に響いてくる内容のものです。示唆に富む話を山本誠一さんがノートで要約されています。http://www.facebook.com/#!/note.php?note_id=220696678011020この話をまずお読みください。(上記より引用、一部省略。山本さんの見解は上記ノートでお読みください。)

==============================================================

≪かつてあったことは、これからもあり、かつて起こったことは、これからも起こる。太陽の下、新しいことは何一つない。

見よ、これこそ新しい、といってみてもそれもまた永遠の昔からあり、この時代の前にもあった。

昔のことに心を留めるものはない。これから先にあることも、この後の世にはだれも心に留めはしまい。≫

(旧約聖書コヘレトの言葉/1章9~11節)

「ソドムの滅亡」では、2人の中心的な人物がいます。

それはヘブライ人のアブラハムとロト、特にロトの人生が深く関与しています。

ところで、ソドムとは、どんな町だったのか?

「ソドムの住民は、邪悪で、主に対して多くの罪を犯していた」(13章14節)というものでした。

さて、アブラハムはイスラエル(共同体)の祈りの父といわれています。

ユダヤ教成立に大きな意味を持つ人物です。その弟ハランの子がロトです。

また、アブラハムは、当初の名前をアブラム。第17章において、

神はアブラムに、多くの国の父となると告げ、名をアブラハムに改名させます。

ハランは、ロトがまだ幼い時に早世。父を早く亡くしたロトは、

アブラハムと共に波乱の旅を続け、多くの財産を蓄積したところで、アブラハムと別れます。

そしてロトは、問題の町であるソドムに住みます。

アブラハムには、主より、ソドムを滅ぼす計画が示されます。

「主は言われた『ソドムとゴモラの罪は非常に重い、と訴える叫びが実におおきい。

わたしは降って行き、彼らの行跡が、果たして、わたしに届いた叫びどおりか見て確かめよう』」

(18章20~21節)

アブラハムは、主に対して、懸命にその思いをとどまらせるべく交渉を行います。

しかし、主の使いはソドムへと向かいました。

ロトは、主の使いである2人が、あまりに気品のある姿に驚き、

野宿などさせてはならないと思います。そして、自宅へと、お連れしたのでした。

そして主の使いより、ロト、妻、娘たち、その婿も助けるが、

ほかの人々は、明日滅ぼされることになると、主はお考えであると知らされます。

ロトは、婿の家に行き、「さあ、早くここから逃げるのだ。主がこの町を滅ぼされるからだ」(19章14節)と伝えます。

しかし、婿たちは冗談だと思い、相手にしません。

夜が明けるころに、主は、2名の客人とロト、妻、その娘2名に対して、

「命がけで逃げよ、後ろを振り返ってはいけない。低地のどこにもとどまるな。

山に逃げなさい。さもないと滅びることになる」(19章17節)

「主はソドムとゴモラの上に天から、主のもとから硫黄の火を降らせ、

これらの町と低地一帯を、町の全住民、地の草木もろとも滅ぼしました。」(19章24~26節)

しかし、多くの財産を残してきた妻は、町を見たいがために振り返り、塩の柱となって死んでしまいます。

 

ロトは、自分の普段からの行いが良かった為に、助かったと思っていました。

しかし、実は、アブラハムによって、懸命にロトや、その家族の命が助かるように祈りを続けていたのです。

主へアブラハムの必死の祈りが届いたため、助かったのでした。

 

しかし、そのことに気づかないロトや娘達は、その後、幸せな生活を送ることは出来ませんでした。

==========================================================

 僕は、そんなに聖書が好きでもありませんし、精読もしていないし、信仰もありません。しかし、この逸話はいろんな意味で、今の日本、特に東京にとって、多くの示唆を含んだ内容であると思います。

 おきている現実というものが、どういうものかを理解してほしいと、この九ヶ月、僕は訴え続けました。僕の語っている話は、おそらくそんな奇妙な話でなく、ふつうの情報を提示しているだけと思いますが、こうした当たり前の作業をしている人が、日本にほとんどいない。普通に危険が存在していることを認識しないことが、正しいかのごとく、完全に奇妙な言説を振りまく人々がいる。首都圏・全国の土壌の調査データ、ほこりのデータ、尿検査のデータ、健康被害を訴えるさまざまな話を伝え続けても伝え続けても、この問題の認識は、まだ伝わりきっていない。というか、敢えて耳を塞いでいるとしか思えない現象。さらに耳を塞がせる人々もいます。旧ソ連の独裁国家と同じ現象が、21世紀の日本で続く現実です。

僕は身近な一人の人間にもあきらめきれずに語っていますが、十二分に認識しても、決断できない感覚の壁を僕も打ち破れていません。危険を認識する人々でさえ、捨てられないしがらみや思いは、まさにロトの妻が塩の柱になった逸話にシンクロします。僕はあなたを塩の柱にさせたくはありません。

これを打ち破るためには、相当な覚悟をしなければならないと僕は確信しています。一人の人を助けることも、多くの人を助けることも本質的に同じ話なんです。それの閾値をどうやって突破することができるのか、僕は年末のこの日まで、ずっと悩み続けていますが、僕自身が、なんとしてでも、どうしても、この流れをさらに大きなムーブメントにつないでいかなければ、どうにもならないと思います。

僕の中では間に合うのかという問いかけばかりです。一人も全体も。そこにしか、突破口はありません。東京はソドムとなるのか、ぼくにも、あなたにも、皆さんにも追い詰められた日が続きます。

あなたは、来年、どうしますか。

*********************
石川県小松での講演会詳細です。岩手と北海道も講演会を調整しています。

緊急講演会
木下黄太氏講演会in石川・こまつ

放射能は今!
~ 私たちができること、すべきこと

放射能から子どもたちや、未来を
守るために立上りました。
知っておきたい、放射能の本当のこと。
具体的な提案とすべきことを
お伝えします。

講師プロフィール  
木下黄太(きのした こうた)
徳島県生まれ。 中央大学法学部卒。
3.11以降、ブログ「福島第一原発を考えます」を書き続け、Facebookで同名のグループを運営(参加者五千人)、
「放射能防御プロジェクト」を立ち上げ関東圏の土壌調査を
行いその実態を発表。放射能問題の実態を取り上げ、
健康被害や汚染状況を取材調査継続中。

以上は「木下黄太氏」ブログより

ドイツの専門家が東日本の60%が5年以内に死亡の可能性があるとの予測を出していますが、これもまんざら嘘でもないような状況にあるようです。いまだに福島原発から放射能灰が撒き散らかせて居る状態ですから、それもありえるように思えます。一刻も早く飛散をストップさせねばならないのに、それもできずに収束したとの政府の発表は何をか言わんであります。見殺しを黙殺しているのです。これが今の日本の政府です。こんな酷い日本にした「菅内閣」を誰が一体あのときに支持したのか責任をとってもらいたいものです。以上

« 「ダマイラマ詐欺」に引っかかる、ピュアなネット人権屋さん達 | トップページ | 近日関東地方に巨大地震か? »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の影響で、東京の未来はどうなる?:

« 「ダマイラマ詐欺」に引っかかる、ピュアなネット人権屋さん達 | トップページ | 近日関東地方に巨大地震か? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ