カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 明治維新とは何だったのか! | トップページ | 現実を生きる苦悩より »

2012年1月20日 (金)

北朝鮮=スイスの闇

北朝鮮=スイスの闇 オルタ

北朝鮮=スイスの闇 オルタ 2011年12月21日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/241748552.html

1954年、フランス領であったアルジェリアで独立運動が起こると、アルジェリアの経済界を支配していたフランス系ユダヤ人の利権が失われる危険が発生した。

 
イスラエルのアイゼンベルグ社は、ユダヤ系フランス人の利権の保護を「名目」に、アルジェリアの内乱に乗じ武器販売のチャンスを生かし、当時アルジェリアを支配していたフランス政府のアルジェリア総督ジャック・スーステル[Jacques Soustelle]を全面的に支援し、独立を弾圧するための武器販売を行う。

この時の協力関係を元に、スーステルは後に、アイゼンベルグの資金力と軍事産業ネットワークを生かし、フランス政府の原子力大臣となる。

この時以降、フランスの核兵器開発・原子力発電産業には、イスラエルの軍事産業アイゼンベルグ社が深く関与する事となる。

大臣退任後、スーステルはアイゼンベルグ社のスイス支部で雇用を得、スイスを舞台にアイゼンベルグ社の核兵器販売ビジネスを担う事になる。

スーステルが営業網拡大に尽力したアイゼンベルグ社の核兵器部門は、他国の核兵器開発と原子力発電所建設に資金融資する専門銀行ABT(アメリカン・バンク&トラスト)を創立する。



 
このABTが1988年のパキスタンの核武装に際し、資金を供与し、このパキスタンから北朝鮮に核ミサイル技術が「流された」。
 
北朝鮮は核兵器開発に際し、その資金の一部をABTから「融資」されている。このABTと、そのボス=アイゼンベルグ社の経営幹部が、前ブッシュ政権の副大統領ディック・チェイニー[Richard Bruce "Dick" Cheney]である。

なおパキスタンのムシャラフ元大統領は、その回想録「イン・ザ・ライン・オブ・ファイア」(フリープレス出版)の中で、パキスタンの核兵器開発の現場には北朝鮮の核兵器開発技術者達が常に同行し、パキスタンの核兵器開発技術を学んで北朝鮮に持ち帰っていたと語っている。



The Secret Financial Network Behind "Wizard" George Soros by William Engdahl
http://www.questionsquestions.net/docs04/engdahl-soros.html
以上は「さてはてメモ帳」より
日本の一般世論は北朝鮮と米国が敵対的と思っている方が殆んどだと思われます。これも日本のマスコミが真相を伝えない為に国民が騙されているだけです。裏ではこのように北朝鮮の核開発に米国が協力しているのが良く判ります。昨年暮に金正日が死去(暗殺)しましたが、その原因は「3.11テロ」時に北朝鮮が米国の指示に従わず日本に原爆を投下しなかったのが大きな要因と思われます。その後の金正恩は果たして日本に原爆投下を決断するかどうか予断を許しません。大変危険な状況にあります。以上

« 明治維新とは何だったのか! | トップページ | 現実を生きる苦悩より »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/43533660

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮=スイスの闇:

« 明治維新とは何だったのか! | トップページ | 現実を生きる苦悩より »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ