カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 人工地震と深海掘削の裏側を見る | トップページ | ヒトラーの先祖はユダヤ人だった! »

2012年1月 7日 (土)

遂に、井戸水から放射能検出!

福島第1原発:井戸水からセシウム検出 南相馬の4カ所

 環境省は26日、東京電力福島第1原発事故後に設定された福島県内の緊急時避難準備区域(9月末に解除)にある飲用の井戸水中の放射性セシウムの濃度を調べ、南相馬市の4カ所で少量を検出したと発表した。最大で水1リットル(キロ)当たり14.7ベクレルで、厚生労働省の暫定規制値(1キロ当たり200ベクレル)以下だが、来年4月施行を目指す新基準値(同10ベクレル)を3カ所で上回った。

 調査は同市と広野町、楢葉町の1317カ所で10、11月に行い、同区域の他の自治体などは継続中。南相馬市原町区北長野の2カ所と同区北原の1カ所で、1リットル当たり11.4~14.7ベクレル、同区萱浜で1.3ベクレルを検出した。検出下限値は5ベクレルで、他の井戸は不検出だった。環境省によるとセシウムが付いた付近の土が混ざった可能性があるという。井戸は個人所有で、結果を知らせており、多くの人が飲む恐れはほぼない。【野田武】

毎日新聞 2011年12月26日 19時29分

以上は「毎日.JP」より

事故発生からそろそろ10か月になり、放射能が遂に地下水にまで浸透してたとのニュースです。今後地下水を通じて全国的に汚染が進むものと思われます。これで日本は、空気も土地も地下水も汚染されて今後そこに住む人たちも汚染が進むことになります。これだけ日本国民に被害を与えても誰も逮捕されないのはどうしてか納得行きません。日本の裁判官の脳みそも汚染されてしまい正常ではありません。                  以上

« 人工地震と深海掘削の裏側を見る | トップページ | ヒトラーの先祖はユダヤ人だった! »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遂に、井戸水から放射能検出!:

« 人工地震と深海掘削の裏側を見る | トップページ | ヒトラーの先祖はユダヤ人だった! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ