カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 野田首相は、オバマ大統領の親友ではない(1/2) | トップページ | 「次々に当てる」地震解析業者に聞くーその③ »

2012年2月14日 (火)

福島原発周辺の放射線量急増中!

           「koukabutsu47.pdf」をダウンロード

         降下物明細は上記をクリックして、

         ダウンロードして下さい。

【参考】
【その他】
1 採取場所…福島県原子力センター福島支所

  (福島市方木田地内)
2 測定機関…福島県原子力センター福島支所
3 分析装置…ゲルマニウム半導体検出器
4 測定方法…緊急時におけるガンマ線スペクトル解析法

  (放射能測定法マニュアル(文部科学省)
5 ヨウ素131検出限界値=5.01MBq/km2

  (2月11日~2月12日採取分)
6 セシウム134検出限界値=4.24MBq/km2、
  セシウム137検出限界値=5.45MBq/km2

  (2月11日~2月12日採取分)
平成23年12月27日以前の測定結果は文部科学省

  のホームページで公表しています。(http://radioactivity.mext.go.jp/ja/monitoring_by_prefecture_fallout/

以上は文科省資料より

2月12日に東電が記者会見して、

2号機の温度が高くなったのは、

温度計の故障だといっていますが、

このように、放射能濃度が高く観測

されています、これも観測機器

の故障で押し通すつもりなのか

真実を国民に知らせてもらいたい

ものです。     以上

« 野田首相は、オバマ大統領の親友ではない(1/2) | トップページ | 「次々に当てる」地震解析業者に聞くーその③ »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発周辺の放射線量急増中!:

« 野田首相は、オバマ大統領の親友ではない(1/2) | トップページ | 「次々に当てる」地震解析業者に聞くーその③ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ