カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本の貧富の差は、益々拡がりつつある | トップページ | 「次々に当てる」地震解析業者に聞くーその① »

2012年2月12日 (日)

ナノ材料、健康被害の懸念!

ナノ材料、国が安全評価へ 吸引で健康被害の懸念

関連トピックス

図:ナノ材料の主な用途と動物への有害性拡大ナノ材料の主な用途と動物への有害性

[PR]

 日用品に広く使われているナノ材料について、国は、製造現場で作業員への安全性を調べ、規制が必要か検討する。また、一般の人がどの程度、体内に取り込むのか、健康への影響がないのか調べる。動物実験では、発がん性や胎児への影響を示す結果が相次いでいるためだ。

 ナノ材料は一般的に、直径が100ナノメートル(ナノは10億分の1)以下の物質をいう。工業製品や化粧品、食品、医薬品などに使われている。炭素原子が筒状につながったカーボンナノチューブは、半導体や燃料電池などに、二酸化チタンやシリカは日焼け止めやファンデーションなどに使われている。

 一方で近年、動物実験ではナノ材料の安全性を疑わせる結果が相次いでいる。

 国立医薬品食品衛生研究所などは2008年、カーボンナノチューブを腹に注射したマウス16匹のうち14匹が、がんの一種の中皮腫になったと発表した。アスベストと形が似ていることが影響すると指摘された。

以上は「朝日com」より

この問題は、もう10年位まえに海外では、懸念ありということで、規制されています。当時から、この問題は、必ず起きるで有ろうと思っていましたが、日本でもやっと腰を上げたところかと思います。海外では、不用となった材料を日本に輸出して在庫処分完了したので、日本がやっと調査開始しだしたものと思います。この問題は第二のアスベスト問題になりそうです。どうして日本は繰り返すのか全く理解出来ません。   以上

« 日本の貧富の差は、益々拡がりつつある | トップページ | 「次々に当てる」地震解析業者に聞くーその① »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナノ材料、健康被害の懸念!:

« 日本の貧富の差は、益々拡がりつつある | トップページ | 「次々に当てる」地震解析業者に聞くーその① »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ