カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「核燃料サイクル」は国策詐欺の一種・民族破滅へ! | トップページ | 対米国で、イランと同盟を組むパキスタン »

2012年2月27日 (月)

南極で地震等の地質的な変化が増加中

2012年01月27日


南極で地震をはじめとした数々の地質的変化が増加中

(訳者注) これは米国のエクスティンクション・プロトコルという災害系ブログで報告されていたものですが、文章がメインの記事ではなく地図を作成して載せていました。

その地図に、日本語の注釈をつけてご紹介いたします。

なお、地図の中には、タイトルとして「南極磁の不安定化」とありますが、これはこの米国のブログの人のつけたものを訳しただけで、南極の磁極が不安定になっているというような事実が報告されているわけではありません。私も特にはそうは思っていません。後で書きますが、南極の地震は珍しいものではないからです(ただ、最近のはマグニチュードが昔より大きいです)。

確かに南極の周辺でいろいろなことが起きていますが、「何が原因かはわからない」ということがある程度の事実だと思います。

では、その地図です。

かなり細かいので、注意して日本語を入れたつもりですけれども、読みづらい部分もあると思いますので、地図の下に文字でも書いておきます。なお、日付けのあるものはすべて今年 2012年です。




Southern polar region status: 5.4 magnitude earthquakes shakes Scotia Sea

south-pole.png


(地図の上から時計まわりで)

・1月15日 マグニチュード 5.1の地震

・1月12日 南アフリカにかけて5回の地震

・マグマプルーム

・アザラシの大量死

・1月19日 マグニチュード 6.1の地震

・すさまじい亀裂

・氷河の湖が移動中

・スコシア海でマグニチュード 5.4の地震

・チリでマグニチュード 6.2の地震

・マグニチュード 6.2と 6.6の地震

・土地が熱しているとの報告

・サンドイッチ島の群発地震


(追記) その後、さらに追加分の地震等が南極で起きましたので 2月2日の記事「地球の中心部から異常なエネルギーが噴出しているという報告」に、今回の記事にある南極での地質的出来事の追加分を入れた地図をアップしています。





(訳者注) 最近の南極は上のような感じになっているようです。南極の地震というのはあまり実感のない話にきこえることもあるかもしれないですが、ふだんからも地震はよく起きます。

どうしてそんなことを知っているかというと、私は3年も4年も前ですが、「震源の深さがジャスト 10kmの地震」というものを追っかけていた時期があり、その頃、いつも登場する震源域が「南極近辺」でした。

その中で最も思い出深いのが、2009年4月4日に発生した「南極と北極で同時に地震が発生した時のこと」です。

メモとして書いておきます。


南極と北極が地震で連動した2009年4月4日

このことは、こちらの記事に書かれていて、その部分をそのまま抜粋します。

とてもおもしろい現象がありました。

4月4日に、

07:02:46にマイエン島でM4.5の地震(深さ10.0km)

07:19:42にバレニー諸島でM5.3の地震(深さ10.0km)

の2つの深さ10kmの地震がほぼ同時間にあったわけですが、これは「北極と南極」なんですね。

まずは、マイエン島という島で深さ10kmの地震があったのですが、このマイエン島というのは北極海にある島です。

場所はこのあたり。

MAYEN.gif


そして、その17分後に、今度はバレニー諸島という島で深さ10kmの地震。バレニー諸島というのは聞き慣れないですが、南極にある島で、このあたり。

BALLENY.gif


ということがありました。

偶然ではあるにしても、こういうものを見聞きしたのは自分の知っている中ではこのときだけでした。

そんなわけで、南極も、あるいは北極圏なども、あるいは確かに不安定化しているようにも見えますが、その不安定がどのようになるのかは予測できないです。

「南極ウォッチャー」の私個人としての意見でいえば、2009年からそんなに変わっていない感じもして、さほど懸念することではないと思いますが、しかし、やはり(物理的ではない)ポールシフトは加速していると考えます。

それに伴うある程度の地殻等の異変は続くのかもしれないです。

--
[南極]キーワード関連の In Deep 過去記事

南極上空に現れた「月のサイズ」ほどもある渦巻き
2010年11月28日

南極の血を流す氷河
2010年03月23日




--
[1年前の In Deep ]
2011年01月27日の記事

「 DNA はテレポーテーションしている」: HIVを発見したノーベル賞学者リュック・モンタニエ氏が発表
以上は「IN DEEP」より
この異変も「地球大異変」の一環で起きているものと思います。地球の地殻の再編成が動き出したものと思ったら理解が早いと思います。                    以上

« 「核燃料サイクル」は国策詐欺の一種・民族破滅へ! | トップページ | 対米国で、イランと同盟を組むパキスタン »

地球自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南極で地震等の地質的な変化が増加中:

« 「核燃料サイクル」は国策詐欺の一種・民族破滅へ! | トップページ | 対米国で、イランと同盟を組むパキスタン »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ