カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 原発「再稼動行うべきだ」、狂気の世界ー河瀬敦賀市長 | トップページ | 米国債を「買う」日本と英国、「売る」中国とロシア »

2012年2月29日 (水)

全球異常気象分布図

世界の週の天候

全球異常気象監視速報(No:623) ------- 対象期間:

この期間の主な異常気象・気象災害

                                                         Fg20120208


      

異常気象の種類 地域 概況
1 高温 中央シベリア北部
  • 中央シベリア北部のオレニョクでは、2日の日平均気温が-7℃を上回り(平年値:約-35℃)、日最高気温は-6℃を上回った。
2 低温 中央アジア~ヨーロッパ
  • 勢力の強い高気圧の南縁に沿って寒気が入った。
  • カザフスタンのアスタナでは、2日の日平均気温が-35℃を下回り(平年値:約-15℃)、日最低気温は-39℃を下回った。
  • ウクライナのキエフでは、2日の日平均気温が-22℃を下回り(平年値:約-4℃)、3日の日最低気温は-26℃を下回った。
  • この寒波の影響で、ウクライナでは130人以上、ポーランドでは50人以上、ルーマニアでは30人以上が死亡したと伝えられた(1月末からの合計数、各国政府の2月7日時点の速報値)。
3 多雨(雪) アルジェリア北部
  • 低気圧や前線の影響を受けた。
  • アルジェリア北部のベジャイア空港では、2~7日の6日間降水量が160mmに達した(2月の月降水量平年値:80.5mm)。
4 高温 ブラジル南部~アルゼンチン北部
  • 北からの暖気が入った。
  • アルゼンチン北部のサンティアゴデルエステロでは、5日の日平均気温が33℃に達し(平年値:約26℃)、日最高気温は40℃に達した。
5 多雨 オーストラリア東部
  • 低気圧の影響を受けた。
  • オーストラリア南東部のモーリーでは、1~2日の2日間降水量が100mmに達した(2月の月降水量平年値:74.5mm)。
  • オーストラリア東部では洪水が発生していると伝えられた(オーストラリア政府)。

以上は「気象庁」より

この図からも今の異常気象の様子が判ります。欧州の寒冷化と中央シベリアの温暖化が著しいのが判ります。  以上

« 原発「再稼動行うべきだ」、狂気の世界ー河瀬敦賀市長 | トップページ | 米国債を「買う」日本と英国、「売る」中国とロシア »

地球自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全球異常気象分布図:

« 原発「再稼動行うべきだ」、狂気の世界ー河瀬敦賀市長 | トップページ | 米国債を「買う」日本と英国、「売る」中国とロシア »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ