カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「言うだけ番長」、もはや絶望的、仲間割れへ | トップページ | 中国次世代戦略と日本の対中政策はどうあるべきか(1/8) »

2012年3月 8日 (木)

福島原発に末期的事故の予感、人生最後の事態も

広瀬隆氏 「福島第一原発に末期的事故の予感 人生最後の事態も」(週刊朝日) 

http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/457.html

投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 2 月 29 日 10:06:26: igsppGRN/E9PQ

広瀬隆氏 「福島第一原発に末期的事故の予感 人生最後の事態も」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120229-00000307-sasahi-pol
週刊朝日 2012年3月9日号

 原発の即時全廃を訴える作家・広瀬隆氏。2月初めに福島県内の連続講演会をした際には、「福島第一原発の内部で何か"異常"が起こっているような気がします。みなさん、逃げる用意をしておいてください」と話した。広瀬氏は昨年起きた連続爆発より「ケタ違いの放射能が放出される"人生最後の事態"」が起きる可能性があると警告する。

*  *  *

 福島第一原発では、4基とも危ないが、とりわけ4号機の原子炉建屋は、昨年のプールから生じた水素の大爆発で、ほとんど骨組みしか残らないほど大崩壊してしまった。東京電力は、傾いて倒壊寸前のこの建屋のプールを補強するため、応急処置の工事をしたが、それは、何本かのつっかい棒を入れただけである。その支柱の下は、補強できないまま、実は軟弱な基礎の上に、つっかい棒が立っているという、いい加減な状態のままである可能性が高い。

 この大気中にむき出しのプールには、不幸にして通常の運転で原子炉が抱える「数個分」の使用済み核燃料が入っているとされる。その量は、10~15年分の運転期間に相当するウラン・プルトニウム燃料が入っているということになる。元旦に東北地方・関東地方を襲った地震のあと、このプールの隣にあったタンクの水位が急激に低下したので、プールに異常が起こったことは容易に類推できる。さらにその後、1月12日と23日に、立て続けに、福島第一原発のある浜通りを激震が襲ったので、私は生きた心地がしなかった。

 こうした中地震の続発がプールのコンクリートに与えてきた疲労は、相当なものに達している。したがって、大地震でなくとも、コンクリートの亀裂から水が漏れる可能性は高い。

 4号機に何かあれば、もう手がつけられない。致死量を浴びる急性放射線障害によって、バタバタと人間が倒れてゆく事態である。東電も、真っ青になって震えながら、今度こそ「直ちに健康に影響が出ますから、すぐに遠くに逃げて下さい」と記者会見するはずだ。

 

コメント
 
01. 2012年2月29日 10:30:21 : LGUfwnafEI
たぶんそういう事態になっても・・・真っ青にもならず・・・震えもせず・・・

「影響は少ないです」とかいうんでしょうな。


02. 2012年2月29日 11:35:31 : iQinVlOl1c
なにしろ10~15年分の運転期間に相当するウラン・プルトニウム燃料が地べたに転がって放射能を出すなど、チェルノブイリに匹敵とかいうレベルを超えて人類未体験ゾーンに踏み込んでいる。どういった事態になるか予測もつかない。
緊急ニュースが耳に入り覚悟を決め外に出た時にはもう手遅れ。逃げの一手で逃げ切れる事態とはとても思えない。首都圏でさえ、あたり一面急性放射線障害でうめき苦しむ人の山…。ポリティアー氏の忠告をきいておけばおけばよかったと思ってももう遅い。悪いことは言わない。逃げるあてのある人は早めに準備をしておくことだ。

03. 2012年2月29日 12:35:08 : dsJopsCRMw
いまさらだな。
こんなことは3.11以後ずっとつづいている危険であって、
逃げない都民たちは外人からみればキチガイ。
そのてん、おれは西に住んでいるから精神的安心度は桁違い。
東の人たちの気持ちをおもんばかると、なんともいえない。
慰めることばもない。

04. 2012年2月29日 12:39:04 : 7UQdqFCoMs
CTBTO高崎のデータから福島第一原発の臨界を証明できる。
臨界を示す物質の存在、テルル129(Te-129)の検出だ。
昨年の9月12日までは、ほぼ継続的に検出され、10月16日を最後に現在まで検出されていない。しかし、福島第一原発の状況を考えると、データが隠蔽された可能性が高くなる。
http://www.cpdnp.jp/pdf/120227Takasaki_report_Feb22.pdf

Te-129の親核種を考慮すると、主に二つの系統からTe-129が生成された。
①Ag-130系統 全体の4% 括弧内は半減期
U-235 → Ag-130(50μ秒)→ Cd-130(162μ秒)→   In-130(290μ秒)→ Sn-129(2.233分)→  Sb-129(4.44時間)→ Xe-129(1.611時間)
②Ag-129系統 全体の96%
Ag-129(44μ秒)→ Cd-129(242μ秒)→ In-129(611μ秒)→ Sn-129以下は①と共通。
半減期を合算しても60時間余で検出できない数値まで下がる。
つまり、高崎が10月16日に検出したTe-129は、少なくとも2日半前に臨界が起きていなければ生成されない。


05. 2012年2月29日 12:52:44 : q9xGsaZzlM
今の日本人は、完全な、茹でカエル状態、お湯が沸騰しないことには、絶対、飛び出さない。
(その証拠には、福島放射能を食べて応援、とか福島女子マラソン、とかを見よ!)
残酷かも知れないが、お湯が沸騰したほうがいいのかもしれない。
(綺麗ごとを書いたとて、問題は解決しない。読みづらいこともあえて書いたほうがいいのかもしれない)


06. Ryukyuan.isao-pw 2012年2月29日 12:55:51 : YrP2vZDuHZBQs : yNxQKmYZKI
03. 2012年2月29日 12:35:08 : dsJopsCRMw
おれは西に住んでいるから精神的安心度は桁違い。
東の人たちの気持ちをおもんばかると、なんともいえない。
慰めることばもない。

★誰も書かない自爆用原爆1000発以上の衝撃!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/11/post_7105.html
★誰も書かない原発列島、恐怖の実態!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/10/post_783e.html
★IWJ岩上安身氏、福島原発の完全レポート!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2012/02/iwj_1fdc.html


07. 2012年2月29日 13:09:40 : VmrM5pfMOQ
思えば広瀬氏は3.11前はクレイジーな人物・異端だとされていたが

今では警告は見事に実現されてしまったという経緯がある…

こんな大きな事実があるにもかかわらず

今度はこう忠告しているのに、また多くの人は警告に耳を貸さない、クレイジーだと思っている。

東京の友人に真剣に東京出ようと思っていると話しても「何で?」と聞かれた。
原発だよ!って言ったら「あぁ、それね」と軽く流された…
他の友人は何と家を買った…

彼らに言わせれば福島の事位では移住なんてありえないそうだ…

皆一体どうしてしまったんだろう…

インターネットしない人ってまだまだ多くいるだろうけど

全くこういう事知らないのかなと思ってしまう…

きっと3.11前の生活と何ら変わらず生きて居るんだろうなと思えて来る…

ある意味幸せなのかなとも思えて来る…。

だけどいざ移住を考えるとやはりとてもパワーが必要だなとは感じてしまう…

やっぱりやめようかなという悪魔の囁き・誘惑がものすごい…

正直、嫌々移住しないといけないのってものすごくめんどくさいし、労力を使うと思う…

そんな感じだから激しく被曝して満足に動けなくなってからではもう気力体力共に無理だろうなとも思ってしまう…

4号機もあるが、そのへんの見極めも大事だろう…


08. 2012年2月29日 13:37:39 : S2hRsvXwd6
>03
西に住んでいるから精神的安心度は桁違い

なにが?どこが?

もんじゅが事故ったら
迷わず東へ帰りす
10基と15基じゃ~
10基のほうがまだましだよ


09. 2012年2月29日 14:08:57 : kejlwA5Rsw
まあ、即死の方が幸せかもね。
この人の言っている事を大げさだと、
話半分にして聞いてもトンデモないことだけどね。

以上は「阿修羅」より

最近関東地方に地震が嫌に多く発生しています。そろそろ、また大地震が来るような予感がしています。福島原発の放射能封じ込め工事完了よりも早く、地震が来るように思う次第です。早く完了することを望みますが、今までの政府のやり方を見ていると、手ぬるくて歯がゆい思いでやり切れません。もうこれ以上駄目政府を当てに出来ません。自力で行動するのみです。まだ死にたくないからです。以上

« 「言うだけ番長」、もはや絶望的、仲間割れへ | トップページ | 中国次世代戦略と日本の対中政策はどうあるべきか(1/8) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発に末期的事故の予感、人生最後の事態も:

« 「言うだけ番長」、もはや絶望的、仲間割れへ | トップページ | 中国次世代戦略と日本の対中政策はどうあるべきか(1/8) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ