カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「ベーシックインカム」という新兵器(4/7) | トップページ | 警察権力による無言の言論弾圧? »

2012年3月20日 (火)

明日の日本はこうなる、!チエルノブイリ事故が参考

ウクライナとベラルーシの人口変動、

激増する死亡と激減する出生

人口統計上の大惨事ーチエルノブイリ事故の影響、

特にセシウム137

ユーリ・バンダシェフスキーら、科学的真理のために

弾圧された人々

 ユーリ・バンダシェフスキー(バンダジ

ェフスキー)

 1986年4月のチェルノブイリ原発事故後7-8年経て、

ウクライナとベラルーシは激しい人口の自然減に見舞われた。

その要因は「出生」(生児出生)の急激な減少と「死亡」の急増だった。

「人口統計学上の大惨事」といわれるゆえんである。その人口

変動のカーブは驚くほどよく似ている。

  Bu_1            




 両国とも旧ソ連政府の放射線汚染食品の制限値を採用して、

放射線保護食品行政にあたったが事実上汚染食品制限はない

も同様だった。1991年のソ連崩壊後、ウクライナとベラルーシ

は独自の放射線食品保護行政を採用することができ、ウクライ

ナは1997年、ベラルーシは99年に、画期的な制限値(特に毎日

大量に摂取する飲料水)を持つ放射線汚染食品制限を実施した。

 一つの国の人口変動を「放射線汚染食品」の1点から眺めるの

は危険なことではあるが、チェルノブイリ事故から放出された

「死の灰」(放射性物質フォールアウト)をもろに受けた両国の事情は

あまりにもよく似ており、「死の灰」が共通の大きな要因の一つで

あることほぼ間違いない。

 抜本的な食品規制から、ほぼ4-5年して「出生」に歯止めがか

かり、10年近く経って「死亡」に歯止めがかかるかのようになった。

両国とも人口減少傾向に歯止めがかかった状態とは言えないが、

その減少傾向だけを見ると歯止めがかかりつつあるように見える。

 しかし、ウクライナ、ベラルーシ政府も自ら進んでこうした厳しい

「放射線汚染食品」制限をもうけたわけではない。一部の良心的

科学者と自らの健康と安全を守ろうとする多くの市民が、放射線

の低線量被曝の危険、特に食品摂取を通じての危険を明らかにし、

「核推進」に固執する政府に迫って、「放射線汚染食品」の厳しい

制限を実現させた。(その意味では核推進勢力はいまだに強力であり、これ

ら制限もまだ十分とは言い難い。)

 そうした実情をベラルーシに例をとってみてみよう、というところま

でが前回の流れだった。

 ベラルーシでチェルノブイリ事故による放射性降下物から受ける

低線量被曝の危険についてもっとも優れた研究をし、警鐘を鳴ら

し続けたのは、ユーリ・バンダシェフスキーとそのチームだった。

 バンダシェフスキーについて日本語Wikipedia「ユーリ・バンダジェ

フスキー」は優れた記述をしている。(「バンダジェフスキー」、と濁るのが

正解のようだが、ここでは「バンダシェフスキー」と表記する)

 死の灰に覆われたゴメリ地方

 日本語Wikipediaの記述を引用する。

ユーリ・バンダジェフスキー(Yury Bandazhevsky) (ベラル

ーシ語: Юрый ндажэўскі / Juryj Bandažeŭski,

ロシア語: Юрий Иванович Бандаже

вский / Yuri Ivanovich Bandazhevski、1957年1月9日-

)は医師・病理解剖学者。ゴメリ医科大学初代学長。チェ

ルノブイリ原発事故の影響を調べるために、被曝した人体

や動物の病理解剖を行い、体内臓器のセシウム137などの

放射性同位元素を測定する研究を行った。』

 ゴメリ地方は、チェルノブイリ事故でもっとも放射性降下物の影響

を被った地域である。下図がベラルーシの主要都位置図である。

 べラルーシは、首都のミンスクの他6つの行政区分に分かれている。

ホメリ州はチェルノブイリ原発にもっとも近い州である。(「ホメリ」と表記

するのが正しいようであるが「ゴメリ」と表記する。)ゴメリはゴメリ(ホメリ)州の州

都であり、首都ミンスク(人口;約165万人)に次いで第二番目の都市

(人口:約49万人)である。

B_5




 チェルノブイリ原発からの死の灰は特にこのゴメリ州をおそった。

 下記の表は2006年にIAEAが発表した「セシウム137によるヨー

ロッパ国別汚染状況」の表である。IAEAの表なので、頭から信用は

できないが、それでもベラルーシの汚染がもっとも深刻でかつロシア

と並んで広範囲だったことがわかるだろう。

チェルノブイリ事故によるヨーロッパのセシウム137の汚染状況
 
IAEAが2006年に公表した報告書「チェルノブイリ事故の環境への結果と改善:20年の経験」(”Environmental Consequences of the Chernobyl Accidentand their Remediation:Twenty Years of Experience”)による。
セシウム137によるヨーロッパ国別汚染状況(km2
汚染国 1平方メールあたりのセシウム137汚染とその面積
37-185 kBq/m2 185-555 kBq/m2 555-1480 kBq/m2 1480 kBq/m2以上
ベラルーシ 29,900km2 10,200km2 4,200km2 2,200km2
ウクライナ 37,200km2 3,200km2 900km2 600km2
ロシア 49,800km2 5,700km2 2,100km2 300km2
スエーデン 12,000km2 - - -
フィンランド 11,500km2 - - -
オーストリア 8,600km2 - - -
ノルウエイ 5,200km2 - - -
ブルガリア 4,800km2 - - -
スイス 1,300km2 - - -
ギリシャ 1,200km2 - - -
スロベニア 300km2 - - -
イタリア 300km2 - - -
モルドバ 200km2 - - -
合 計 162,160km2 19,100km2 7,200m2 3,100km2
*ちなみに日本の面積は約370,000km2、福島県の面積は13,783km2である。

 また下図は、チェルノブイリ事故から10年後の1996年時点

におけるセシウム137の汚染状況である。(英語Wikipedia“Chernobyl

”(チェルノブイリ大惨事)から引用して加工)

Chernobyl_radiation_map_1996_s

(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)

 ベラルーシのゴメリ地方がいかにチェルノブイリ事故による放

射性降下物によって長く、また広く深く汚染されたかわかるであろう。

 核論争」を報道するスイステレビ

 日本語Wikipedia「ユーリ・バンダジェフスキー」の記述を続けよう。

 1980年、国立フロドナ医科大学を卒業、臨床研修を終え

病理解剖学の専門家となる。1989年、ベラルーシの中央科

学研究所所長(The Central Laboratory of Scientific Research)

就任。ベラルーシコムソモール賞、アルバート・シュバイツァ

ーのゴールドメダル賞、ポーランド医学アカデミーのゴール

ドスター賞を授与される。1990年、ゴメリ(Gomel)医科大学を

創設、初代学長・病理学部長を務める。』

 1990年といえば、ベラルーシがソ連からの独立を宣言した年だ。

翌91年、ソ連が崩壊ベラルーシの独立は承認された。ベラルーシの

人口は対前年比0.5%以下ではあったが辛うじて増加していた。し

かしすでに生児出生は、89年15万3449人、90年14万2167人、

91年13万2045人と激しく落ち込みを見せた時だ。以後ベラルーシ

の出生は今に至るも11万人台を回復していない。

 ゴメリ医科大学では1986年のチェルノブイリ原発事故以来、

セシウム137の人体への影響を明らかにするために、被曝

して死亡した患者の病理解剖と臓器別の放射線測定や、

放射能汚染地域住民の大規模な健康調査、汚染食料を

用いた動物飼育実験、などの研究に取り組む。』

 日本語ウィキペディアのこの部分の記述には、註が打ってあり、

その註には「スイステレビ「Nuclear Controvesy(核論争)」2004

年放送。動画6分00秒でバンダジェフスキーの場面(英語字幕)」http://www.youtube.com/watch?v=LqHjfyT5Dmkと記載されている

。先ほども見たようにスイスもまた、チェルノブイリ事故で放射性降下

物が大量に降りており、「原発と放射線」に対する関心も高い。原発

からの全面撤退も決定した。どうもこれは2004年放送のドキュメン

タリー番組らしい。(2004年放送とするとつじつまの合わないところが出てくるが・・・)

 横道にそれるようだが(決してそれていないのだが)、このビデオ

をのぞいておこう。

 このシーンは、WHOが2001年6月4日に、ウクライナの首都キエフ

で開催した「チェルノブイリ原発事故による人体への影響に関する

国際シンポジウム」の一こまである。

S_video1

(左の写真はN.ゲントナー。前出スイス

テレビのドキュメンタリーからコピー。なお

著作権はスイステレビに属しており、使用

自由のサイトからの引用ではない。私は

正確には著作権違反を犯している。以下同じ。)

 冒頭プレゼンテーションをしているのは、「原子放射線の人体に対

する影響に関する国連科学委員会」(UNSCEAR)のN. ゲントナー

(N. Gentner)という人物である。UNSCEARはIAEAや全米科学アカ

デミー、イギリス放射線防護審議会と並んでICRP派の牙城である。

WHOはもちろんIAEAに従属している。

 アレクセイ・ヤーブロコフ

 ゲントナーは、(チェルノブイリ)事故とがんや白血病との増加には

明白な科学的証拠は見いだせない、と云う内容の話をしている。

このゲントナーの話を、白いあごひげを蓄えた顎を突き出すように

して憮然とした表情で聞いているのは、ロシアの科学者アレクセイ

・ヤーブロコフ(Alexey V. Yablokov)だ。ヤーブロコフは欧州放射

線リスク委員会(ECRR)の2010年勧告の編集委員にも名前を

連ねている。

 ゲントナーのプレゼンの後、今の話を聞いて「ショッキングだ、

ショッキングだ」というヤーブロコフが画面に登場する。

S_video2

(左の写真はゲントナーの発表を聞い

て憤慨するヤーブロコフ)


 「何故?」という質問にヤーブロコフは、

客観的でないデータに基づく信頼性に欠けるプレゼン

テーションだ』

と断ずる。

(事故のため起こってきた)結果を軽減しなければならない

のに、彼らはできるだけ使うお金をけちりたいのだ。

だから全ての研究が彼ら(ICRP派の学者)が信ずるより

もさらに悪い結論を示している。そうした結論は

(受け入れを)拒否されているのだが、彼らはさほど

(チェルノブイリ事故の影響は)深刻ではないとのレッテルを

貼っている。』

 スイステレビのインタビューに答える形で、ヤーブロコフはさら

に続ける。

私を恐怖させているのは、こうしたプレゼン(たとえば

ゲントナーのプレゼン)が科学的結論に基づくと、大っぴら

にいわれていることだ。実際の話がそうした主張や

結論は科学的でも何でもない。』

 ここで突然画面が切り替わり、どこかスラブ風の農家のおばあ

さんが登場する。スイステレビのインタビュアがこのおばあさんに

「放射能は問題ではありませんか?」と水を向ける。

 おばあさんは―。

それはわからないよ。見えないからねぇ。』

 インタビュアは、「放射能は健康にいいという人もいますがね。」

と聞いて寡黙なおばあさんから話を引き出そうとする。

年取った人にはそうかもしれないねぇ。今死んでいる

人は若い人や中年の人だと、みんなが云っているよ。

年寄りは生き残っているね。』


S_video3

(子どもたちについて話すスラブ風

のおばあさん)

 「子どもたちについてはどうですか?」とインタビュア。それには

直接おばあさんは答えず、

訪ねてきた子がいてねぇ。』
「何か訴えていましたか?」
うん。ここらへん(と喉のあたりを示す)に何かできていたよ』

このあたりの通りは前は10人くらいの子どもがいてね。

あたりはうるさくて。放射能の前だよ。でも今は・・・。この

近所に8人子どもがいてね。みんな寝込みがち。前みた

いな(元気な)子はいないね。』

(前は)そこら中走り回っていてね、氷の上を滑ったもんだ。

今は子どもたちは横に寝ているか、ただじっとすわっ

ている・・・』

 IAEAのイデオロギー

 ここでまた画面は切り替わって、先ほどの科学者会議の場面。

今度はヤーブロコフのプレゼンの番らしい。マイクをもつ

ヤーブロコフ。

チェルノブイリの事故の後即座にIAEAがチェルノブ

イリの被害者のために何か積極的に取り組んだとは

理解していません。その理由もわかっています。私は

ブリックス事務局長に面会しました。』

 ブリックス博士というのは当時IAEAの事務局長だったスエーデン

のハンス・ブリックスのことである。チェルノブイリ事故後の86年

8月、IAEA非公開会議で、ソ連側の事故処理責任者ヴァレリー・

レガソフ(後に自殺)は、当時放射線医学の根拠とされていた唯一

のサンプル調査であった広島原爆での結果から、4万人が癌で

死亡するという推計を発表した。しかし、広島での原爆から試算

した理論上の数字に過ぎないとして会議では4000人と結論さ

れた。この時の会議を主導したのがブリックスである。

 広島原爆の被害は、一切内部被曝を無視して算定されている

のでそれ自体が過小評価である。その過小評価に基づいて

レガソフとソ連政府は4万人と推定したのだが、当時核推進派

完全に主導権を握っていたIAEA(いまでもそうだが)は、それをさら

に1/10に値切った。IAEAは意図的に2重の過小評価をおこ

なったわけだ。

この数字がIAEAの公式見解となった。ミハイル・ゴル

バチョフはレガソフにIAEAに全てを報告するように命

じていたが、彼が会場で行った説明は非常に細部ま

で踏み込んでおり、会場の全員にショックを与えたと

回想している。結果的に、西側諸国は当事国による

原発事故の評価を受け入れなかった。2005年9月に

ウィーンのIAEA本部でチェルノブイリ・フォーラムの主

催で開催された国際会議においても4000人という

数字が踏襲され公式発表された』

と日本語Wikipedia「チェルノブイリ原発事故の影響」は記述

している。

(なおここの記述はIAEAが2005年に発表した「Chernobyl’s Legacy:

Health, Environmental and Socio-Economic Impacts and Recommend

ations to the Governments of Belarus,the Russian Federation and

kraine」という報告書に基づいて

いる)

(ブリックス)はチェルノブイリ事故の直後ただちに

宣言いたしました。「原子力産業は毎年チェルノブ

イリ事故のような破滅的状況を迎えうる」と。これ

こそがチェルノブイリ事故に関するIAEAのイデオ

ロギーなのです。これは政治的結論です。チェル

ノブイリ事故の明白な影響を考えようともしない

各国政府代表者の結論でもあります。』

 ここでスイステレビのナレーションが入る。

 「ロシア連邦科学アカデミーの中央環境科学会議の議長で

ある環境学者のアレクセイ・ヤーブロコフは、世界の原子力

産業からの核廃棄物を喜んで受け入れようとするプーチン

政権に強く反対しました。」
(なお日本語Wikipedia「アレクセイ・ヤブロコフ」と表記しているが、スイス

テレビのナレーターは「ヤーブロコフ」と発音しており、またECRR2010

勧告の編集委員のリストにも「アレクセイ・ヤーブロコフ」と表記している。

私もそれに従う。)



 さてヤーブロコフのプレゼンを続けよう。

 会議に出席できなかったバンダシ

ェフスキー

 再びヤーブロコフ。

 『ここに取り返しのつかないほど歪められた公式発表の

データがあります。』とIAEAの発表した公式数字をOHPで提

示する仕草。

2年前のことですが、(ロシア)連邦統計委員会の

リーダーたちが、データを歪めたという理由で逮

捕されたことを知っていますか?』

国連科学委員会(UNSCEAR)は知っているのです。

彼らは(国連科学委員会やIAEAの)データが歪められ

ていることを知っているのです。彼らはチェルノ

ブイリ事故がさほど深刻なものではないと主張す

るために(歪められた)データを使っているのです。』

チェルノブイリ事故では遺伝的影響はないとして

います。しかし遺伝的影響は実際には最悪です。

真面目な科学者による数千ものデータが真面目

な紙誌で公表されています。』

そしてもうひとつ興味深い実例があります。今日

ユーリ・バンダシェフスキーは裁かれました。』

 日本語ウィキ「ユーリ・バンダジェフスキー」は次のように

記述している。

1999年、ベラルーシ政府当局により、ゴメリ医科

大学の受験者の家族から賄賂を受け取った容疑

で逮捕・拘留された。バンダジェフスキーの弁護士

は、警察によって強要された2人の証言以外に何

ら証拠がないと無罪を主張したが、2001年6月18

日、裁判で求刑9年・懲役8年の実刑判決を受けた』


 ヤーブロコフ。

検察は9年の懲役を求刑しました。私はこの会議は、

彼のためにメッセージを法廷に送るべきだと思います。』


 そしてバンダシェフスキーの研究をスクリーンに表示しながら、

バンダシェフスキーは、予測できない死、突然死が、

各放射線核種の合わさった量に相互連関している

ことを示しました。もしこのデータが確証されるなら

ば、この破局(チェルノブイリ事故のこと)の結論に加える

べきだと私は思うのです。』

 「子どもたちは死につつある」

 ここで突然画面が変わる。画面中央に一人の男のシルエットが

浮かんで、その男の独白が画面にかぶる。

私はいつ爆発してもおかしくない爆薬の樽の上に座

っているようなものだ。全く何が起こるか予測ので

きない状況の中で、また全く予測のつかない時の

流れの中で。』


S_video4 (画面に登場するシルエットの男と独白)

 画面に、チェルノブイリ事故で汚染された地域の研究を9年間

続けた後、バンダシェフスキー教授は低レベルで汚染された食物

が生命器官を破壊することを突き止めた、という意味合いのナレ

ーションがかぶる。そこでテロップとともにこのシルエットの人物

がユーリ・バンダシェフスキーその人であることがわかる。彼は

「病理学者」と紹介されている。
 
 さらにナレーションは、放射線の影響が不可逆的な段階に至

ると突然死することがある、子どもでも例外ではない、この結果

を発表した後、政府から激しい非難を浴び、投獄された、という

内容に続く。バンダシェフスキーの奥さんは次のように説明する。

奥さんのガリーナも小児科医である。

S_video5 (バンダシェフスキー夫人のガリーナ)

心臓病変と放射線核種の合計量との間に相互関連

があることを私たちが発見した時、私たちの家庭の

中で激しい葛藤がありました。私はこのような(従来の

説に対する)変更を受け入れませんでした。』

それは発見だったのです。私たちは以前には知ら

れていなかった、何か新しいことを発見したのです。

私はこの発見に恐くなりました。でもこれは科学者

の業績なのです!そうです。業績です。しかし、放

射線の影響についてあまり多くを語るな、と言う人

がここにいました。』


 ここでバンダジェフスキーがたまらなくなったように口を挟む。

常なる相互関係を見いだした時が科学なのです。

(Science is when one find a constant correlation)パラメータ

(変数要因)がどうあろうともです。(現実は)論理に従

います。』


 「原因を探索すること?」とスイステレビのインタビュア。

原因と影響との間のリンク、これこそそれです。

あるパラメータ群はすでに既知のことかも知れま

せん。しかしその複合、相互関係、これこそ科学

です。私にとってそれが最も重要なことです。私

は逮捕されるまでこのために生きました。誰が

それを云おうが、人々は知っておくべきなのです!

バンダシェフスキー、バンダシェフスキー夫人、

シドローフ、ペトローフ、私たちの子どもたちは死

につつあるのです。』

 シドローフ、ペトローフはこのインタビューに同席している彼の

子供たちだろう。「私たちの子どもたちは死につつあるのです」

というバンダシェフスキーの言葉は、「フクシマ」という現実を前

に、私にはとても切実に響く。

S_video6

(子どもたちは、死につつあるのです、

と語るバンダシェフスキー)

 「長期複合放射線核種症候群」

 バンダシェフスキーの逮捕、投獄に世界の良心的な科学者

や市民は憤激した。そして国際世論を動かした。その結果ベ

ラルーシのルカシェンコ政権(世界的な核推進勢力の支援を受けた。

今ではアメリカのオバマ政権も形ばかりのルカシェンコ政権批判をするよう

になったが、それは形ばかりだ。それが証拠にルカシェンコ独裁政権は今も

続いている)は、バンダシェフスキーを2005年8月5日に釈放

せざるを得なかった。ただし5ヶ月の自宅軟禁という条件つき

だった。

 だからこのスイステレビの取材は、釈放の直後、自宅軟禁

中に行われたものだと思う。

 画面は再びキエフの国際シンポジウムのヤーブロコフの

プレゼンのシーンに戻る。

自発流産の増加、死亡の増加、疾病の数や弱々

しい出産、遺伝的影響、先天的奇形、がんの発生

の増加、不正常な知能発育、精神病疾患の増加、

免疫システムの異常、ホルモン均衡の疾患、心

臓血管系の疾病、異常に示される子どもたちの

成長過程や異常なまでの疲労、病後回復の遅延

や早い時期の老化現象・・・最低限、これらの

(健康損傷の)リストは受け入れなければなりません。

バンダシェフスキー、バンダシェフスキーその人は、

「長期複合放射線核種症候群」(Long Term Incorporated

Radionuclides Syndrome)と呼んでいます。全く新しい症

候群です。これは現実なのです。これを拒否するこ

となどどうしてできますか。これは科学です!こうした

事実に口を閉ざしているとは正しくないと私には思

えます。ご静聴ありがとうござました。』

 次に演壇に立つのはロシアの科学者・放射線生物学者、

ヤルモネンコ(S. Yarmonenko)教授である。彼はこういう。

ロシア放射線学界の名において、この国際組織

(ここではWHOのことを指しているのであろう)に私は

謝罪します。数多くの発表が、チェルノブイリ事故

による健康影響を緩和するための支援となること

を示しました。私は全く専門性に欠ける発表につい

て反応を返しておきたいと思います。ヤーブロコフ

氏の発表です。彼は放射線学者でもなければ、

放射線生物学者でもありません。彼はあらゆる

適格性を欠いております。私は・・・の仕事を評価

するものであります・・・』

 ここで彼の演説は会場からの鋭い女性のヤジに中断される。

そのヤジは「・・・・。誰がその演説に金を払っているの!」といっ

ている。「ン?」と一瞬絶句するロシアの科学者。

また将来において、(こうした国際組織が)成功を継続す

るものと希望します。ありがとうございました。』
(なおもしつこく続く女性のヤジ。カメラはその女性を追おうとするが、

捉え切れない。傍聴席にいる女性のようだ)

 結局このロシアの科学者は予定された演者ではなく、これだ

けをいうための飛び入りだったようだ。(なおも続く女性のヤジ)

 反論するように再び演壇に立つヤーブロコフ。

私はお答えしておかねばなりません。私は国際組

織に反対するものではありません。私がここで今日

述べたことを(その分析結果に)組み入れて欲しいの

です。(全くその通りで、彼の発表は国際組織、ここではWHO

よりもIAEAを強く意識した言い方だと思うが、に反論する内容で

はなく、バンダシェフスキーの発表を支持する内容だった。バンダ

シェフスキーは逮捕・収監によってこのキエフのシンポジウムに

来られないのだ)(その分析結果は)チェルノブイリ破局の

実際の結果に十分目を配っていないのでありま

す。ありがとうございました』

 不機嫌そうなヤルモネンコの映像が映る。ナレーションは

ヤルモネンコが、チェルノブイリ事故の後、さほど危険はない

として住民の避難を止めた人物、35ミリレム(350ミリシーベルト)

まではこどもを含めて放射線の影響はないとした人物として紹

介している。さしずめ、ロシアの山下教授、神谷教授といった

ところだろう。(ヤルモネンコは両教授より大物かな)

 ルカシェンコ政権と日本政府

 このスイステレビのドキュメントはこうした論争を紹介するのだが、

明らかにヨーロッパではICRP学派に対する激しい批判と反撃

が起こっている。かつては考えられないことだったが、反ICRP

派の学説は徐々に欧州一部政府の放射線防護行政の中に

取り込まれはじめてすらいる



 この記事の「その①」や「その②」でも触れたウクライナや

ベラルーシの放射線汚染食品防護行政などはその端的な

例であろう。
 
 さて再び日本語ウィキディア「ユーリ・バンダジェフスキー

の記述に戻ろう。

(バンダシェフスキーの)この研究は、セシウムなどの放

射性同位元素が体内に取り込まれたときの現象と

病理学的プロセスを解明するとともに、旧ソ連時代

からの放射線防護基準を改訂することに寄与した。

ゴメリ医科大学ではバンダジェフスキーの指導のもと、

30の博士論文が作成され、200篇の文献が作成された。

研究成果は、定期的にベラルーシ国内の新聞、

ラジオ、テレビ、および国会で報告されていた。

1999年、ベラルーシ政府当局により、ゴメリ医科大

学の受験者の家族から賄賂を受け取った容疑で

逮捕・拘留された。バンダジェフスキーの弁護士は、

警察によって強要された2人の証言以外に何ら証

拠がないと無罪を主張したが、2001年6月18日、

裁判で求刑9年・懲役8年の実刑判決を受けた。

大学副学長のウラジミール・ラブコフ(Vladimir Ravkov)

も8年の実刑を受けている。

この裁判は政治的意図による冤罪だとして、海外の

多くの人権保護団体がベラルーシ政府に抗議した。

国際的な人権保護団体であるアムネスティ・インタ

ーナショナル(Amnesty International)は、「バンダジェ

フスキー博士の有罪判決は、博士のチェルノブイ

リ原発事故における医学研究と、被曝したゴメリ住

民への対応に対するベラルーシ政府への批判に

関連していると広く信じられている。」と発表。

実際にバンダジェフスキーの逮捕は彼がセシウム

の医学的影響に関する研究論文を発表した直後

に行われ、WHOが2001年6月4日にキエフで開催

したチェルノブイリ原発事故による人体への影響に

関する国際シンポジウムへの出席も不可能となった。

ベラルーシ政府は『(チェルノブイリ原発事故による)放射

線は人体の健康にほとんど影響しない』という見解

を現在でも堅持しており、アレクサンドル・ルカシェ

ンコ大統領(1994年より独裁体制)は「ベラルーシ国内

農地の4分の1が放射能汚染を理由に放置されて

いることは認めがたいとして、バンダジェフスキー

が逮捕された1999年に原発事故以来人々が避難

していた汚染地への再入植を施政方針とした。』

 このルカシェンコ政権の対応は、なおも汚染されたフクシ

マに人々を縛り付け、除染を行って避難市民を呼び戻そ

うとする日本政府の対応とダブって見える。

 軟禁を解かれたバンダシェフスキーは出国が可能となり、

その後、フランスのクレルモンフェラン(Clermont-

Ferrand)市長から招聘され、現地の大学や病院

で研究や治療に携わった。クレルモンフェラン市

は1977年からゴメリ市と姉妹都市の関係にある

。フランスでは、環境保護NGOであるクリラッド

放射能調査および情報提供の独立委員会 CRIIRAD:Com

mission de recherche et d'information indépendantes

sur la radioactivité)の学術指導を行い

、また自身の研究をサポートされている。現在、

ベラルーシを国外追放となり、ウクライナ・キエフ

州のイヴァンキブ(Ivankiv)中央病院に勤務している。』

 コリン・コバヤシのメールとネステ

レンコ

 現在、フランスに在住している反原発・反被曝市民運動家の

コリン・コバヤシは、このバンダシェフスキーを日本に呼んで、

彼の研究成果を広く日本の市民に知らせようとしている。コバ

ヤシの電子メールを引用する。<()内青字は私の註。>

 昨年の福島事故発生時からの流れを見ると(山下

俊一教授を中心とした福島での専門家会議+国際

ロビーの動きや、広島でのIAEA会議など)、今後の

被曝問題の闘いは、これらの動きを根底的に批判し、

内部被曝(低線量被曝)問題を、国内的にも国際的

にもいかに公的に認知さ せることにかかっている

と思われます。

 原子力産業は、国際的なロビーと結びついており、

当然、核武装をしている安保理常任理事国、そして

国連の諸機関(IAEA、UNSCEAR、WHO)やICRPと密

接な結びつきを持っていることは、周知の事実ですが

、何度繰り返しても繰り返しすぎることはないでしょう。

 (このことが)日本国内で認知されるためには、国際

的なバリアーを取り除く必要があり、その圧力を

排除する必要があります。

 そのためには、現在まだ進行しつつあるチェル

ノブイリによる被曝問題を明らかにする必要があり

ますし、国際的に低線量被曝問題に関わってい

る科学者、医者、専門家を結集する必要があります。』

『そのため、私は現在、ジュネーヴでWHOの(IAEAか

らの研究上の)独立を毎日のようにWHO本部前で訴え

ている<IndependentWHO>の活動家たち、またこ

のグループの世話人の一人でもあり、NPO<チェ

ルノブイリ/ベラルーシ>の創設者でスイスの医学

者ミッシェル・フェルネックスやその会の人たちと連携

を進めており、彼らが20年来、連携関係にあるミンス

クのベルラド研究所、ネステレンコ親子やユーリ・バ

ンダジェフスキーと連絡を取り合っています。そして、

バンダジェフスキーとフェルネックスの日本招聘を

模索しています。日本で彼らの講演会を実現

、彼らのやって来た研究成果を広く知ってもらうこ

とが、低線量被曝問題の実

相を理解する事に繋がると思います。

 しかも、これらの問題がなぜ、(ベラルーシ)現地で

受け入れらなかったのかという政治的問題にもぶち当たります。

 バンダジェフスキーは、無実の罪を着せられ、

逮捕され、ベラルーシ政府は彼の研究成果を葬り

去ろうとしました。当時もっとも有名な原子力物理

学者であったワシーリ・ネステレンコは、低線量被

曝問題をチェルノブイリ事故以前から研究し始め、

バンダジェフスキーの研究内容に真実を見て、共同

作業を行い、全国に300以上の測定・治療センターを

設け、ペクチンやその他の治療を行なって来ましたが、

ワシーリ・ネステレンコは二度も暗殺されそうになり、

また300以上のセンターは政府によって全て潰された

のです。それはルーカチェンコ政府が原発推進派で

あり、これらの事実が明るみに出ると、政府にとって

は大きな障害になるとなされたからです。』


S_video7


(写真はワシーリ・ネステレンコ。日本語

ウィキ「ワシリー・ネステレンコ」からコピー)

 コリン・コバヤシのメール文中のワシーリ・ネステレンコもバン

ダシェフスキー同様、ベラルーシで反被曝に向けて闘った核物

理学者で、ベラルーシ核エネルギー研究所の所長を務めた人

である。2008年に亡くなった。日本語ウィキペディア「ワシリ

ー・ネステレンコ」から引用する。

1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故後、政府

当局に対抗して、住民の健康被害の防止に努めた。

事故の実態調査をしようとすると、圧力がかけられ

脅迫を受け、研究所の放射線モニタリング装置が

没収されたこともあったという。1990年、民間のベラ

ルーシ放射線安全研究所(ベルラド研究所)を設立、終

生所長として放射能被害防止のための活動を続けた。』

 このネステレンコと前述のヤーブロコフが共同で2007年

に発表した報告書が『チェルノブイリ――大惨事が人びとと

環境におよぼした影響』である。「ヤーブロコフ・ネステレン

コ報告」と呼ばれている。この報告は86年のチェルノブイリ

事故発生から2004年までで、事故のために死亡した人は

約100万人と推定している。(Webサイト「チェルノブイリ被害実態

レポート翻訳プロジェクト」に詳しい)

 さて、バンダシェフスキーはどんな研究成果をえたのだろうか

?それを次回に詳しく見てみることにする。

以上は「善川チャーリ」ブログより

日本の福島原発事故のその影響は、後日に結果が出る

ものと思われますが、このチエルノブイリ事故が大変参

考になります。今では、それ以上の汚染となっているの

で日本の被害は相当なものとなるのは明白であります。

それこそ日本民族の崩壊となりそうな趨勢です。当時の

菅内閣の責任は重大すぎて、A級戦犯に相当します。

何故、今もってそのまま責任追及しないのか全く理解

出来ません。当時の権力者全員グルの犯罪なのかも

知れません。                                         以上

« 「ベーシックインカム」という新兵器(4/7) | トップページ | 警察権力による無言の言論弾圧? »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日の日本はこうなる、!チエルノブイリ事故が参考:

« 「ベーシックインカム」という新兵器(4/7) | トップページ | 警察権力による無言の言論弾圧? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ