カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 海底掘削船「ちきゅう号」と東日本大震災、そして福島原発事故 | トップページ | 中国次世代戦略と日本の対中政策はどうあるべきか(6/8) »

2012年3月13日 (火)

福島県の未来はどうなる?

原発事故で拡散、プルトニウム241初検出

読売新聞 3月9日(金)8時4分配信

 東京電力福島第一原子力発電所事故で拡散したとみられるプルトニウム241を、放射線医学総合研究所などが福島県内で初めて検出した。

 文部科学省による昨年9月の調査結果では、同位体のプルトニウム238、239、240を検出していたが、241は調査対象外だった。英国の科学電子雑誌に8日、発表した。

 研究チームは浪江町、飯舘村のほか、広野と楢葉の両町にまたがるJヴィレッジの3か所から採取した土壌や落ち葉から、241(1キロ・グラムあたり4・52~34・8ベクレル)を検出した。241は国内ではほとんど検出されないため、原発事故で拡散したと結論づけた。

 最大濃度の落ち葉が採取された場所の今後50年間の被曝(ひばく)線量は0・44ミリ・シーベルトと試算され、健康影響はほとんどないと研究チームはみている。ただ、241が崩壊して生じる放射性物質のアメリシウムは植物へ移行しやすいという研究もあり、「継続調査が必要だ」としている。文科省は241を調査から外した理由について、「検査に時間がかかるため、同じベータ核種のストロンチウムを優先した」と説明している。

人が住んではならない放射能汚染地帯に妊婦子供たちを含めて数百万人が住んでいる。この結果どうなるか? もちろん放射能によって殺されてゆく。チェルノブイリでも最初の五年間、何も起きないようにみえて人々は「たいしたことない」とたかをくくった。しかし五年後、凄まじい結果が待ち受けていた。

« 海底掘削船「ちきゅう号」と東日本大震災、そして福島原発事故 | トップページ | 中国次世代戦略と日本の対中政策はどうあるべきか(6/8) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島県の未来はどうなる?:

« 海底掘削船「ちきゅう号」と東日本大震災、そして福島原発事故 | トップページ | 中国次世代戦略と日本の対中政策はどうあるべきか(6/8) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ