カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 我々は水に落ちた犬扱い | トップページ | 3.11の喪失・魔法の津波対策(1/9) »

2012年4月 3日 (火)

日本、放射能汚染を「可視化」できるカメラ開発

日本 放射能汚染を「可視化」できる特殊カメラ開発

   F2012040108203606637 

 福島県飯館村で2月に実施された実験時に特殊なカメラによって撮影された画像。放射線の強さを色で表示し、線量が強いところは赤になっている。(共同通信社)

 日本共同通信社によると、日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日、放射性物質を「可視化」する事ができ、汚染状況を一目で確認できる特殊なカメラの開発に成功した。この特殊カメラは、セシウムなどの放射性物資が放出するガンマ線を捉える事が可能である。一般的なデジタルカメラで撮影した原発内部の画像と特殊カメラで撮影した画像を重ね合わせると、放射性物質の分布状況は一目瞭然であるという。

 JAXAは、超新星爆発などで生じる「ガンマ線バースト」を観測するために開発中の次世代天文衛星に搭載する機器の技術を応用して、地上で使用できる特殊カメラを開発した。

 JAXAによると、東京電力は既にこのカメラに似た装置を使用しているが、今回は開発した特殊カメラは一回の撮影でより広い範囲の放射性物質を「可視化」する事ができ、分布状況もより正確に把握する事ができるという。

 放射線量の強さによって色分けさら、放射線の特徴から放射性物質の種類を判断することも可能だ。
以上は
 「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年4月1日より

汚染状況を可視化できる技術は大変役立つものとなります。一刻も早く実用化して欲しいものです。                                          以上

« 我々は水に落ちた犬扱い | トップページ | 3.11の喪失・魔法の津波対策(1/9) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本、放射能汚染を「可視化」できるカメラ開発:

« 我々は水に落ちた犬扱い | トップページ | 3.11の喪失・魔法の津波対策(1/9) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ