カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 3.11、東日本大震災の真相に付いてー再確認 | トップページ | 最近のポールシフト情報に付いて »

2012年5月 5日 (土)

福島原発・4号機は日本と世界の運命が掛かっているー国連に要請

〔ENEニュース〕★★★★★ 元スイス大使の村田光平氏 3月に国連の潘基文事務総長に対して書簡で直訴 「日本および全世界の運命は4号機の行方にかかっていると言って過言ではない」 独立した調査チームによる対応を提起 Ambassador Murata writes to UN Secretary General: “It is no exaggeration to say that the fate of Japan and the whole world depends on No. 4 reacto

 → http://enenews.com/ambassador-murata-writes-secretary-general-exaggeration-fate-japan-world-depends-4-reactor-appeals-independent-assessment-team
 ◇ ソース → http://akiomatsumura.com/2012/04/682.html

 元国連アドバイザーの松村昭雄氏によると、元スイス大使の村田光平氏は、ことし3月25日付けで国連の潘基文事務総長に対して書簡を送った。

 その中で村田氏は、3月23日に開かれた参院予算員会の公聴会で、4号機の使用済み核燃料プールの危険性(1535本の燃料棒を貯蔵。50メートル離れたところには、6375本を貯蔵した共用プールがある)を問題提起したことを明らかにしたあと、「4号機の行方に日本および全世界の運命がかかっている」と述べ、その倒壊による破局は「アーニー・グンダーセン氏や小出裕章氏にような最も信頼できる専門家によって確認されていることだ」と警鐘を鳴らした。

 その上で村田氏は開催が迫った「ソウル核安保サミット」にふれ、4号機の使用済み燃料プール問題について独立した調査チームを設置して対応するよう求めている元国連スタッフの松村昭雄氏の提案を伝え、サミットに参加した各国首脳に対し、この「4号機プール」問題に対する注意を喚起するようアピールした。

 村田氏は潘基文事務総長に対し、野田首相に対しても同日付けで書簡を送り、「フクイチ4号機」問題で「独立調査チーム」を設けるよう求めたことも明らかにした。

 村田氏は潘基文事務総長の書簡を以下のように結んでいる。

 「世界はこんなにも脆く傷つきやすいものになってしまいました。そうした中で国連の役割はますます重要になっています。閣下の崇高な使命への最高の幸運を祈ります。潘基文事務総長さま、どうか私の究極の判断に対する承認を受け入れてください」

◎ 日本の元トップ外交官が国連の潘基文事務総長に対し、「フクイチ4号機プール」が世界の運命を左右する重大な問題であると警鐘を鳴らし、世界規模の破局を回避するために、独立した専門家チームによる調査を求めていた!

 これは実に重大なことである。

 もはや隠しだてできない。国際社会の支援を受けながら、4号機プール対策を進めなければならない!

            #

 ◇ 参考 村田光平オフィシャルサイト → http://kurionet.web.fc2.com/murata.html 

            #

 There was a Nuclear Security Summit Conference in Seoul on March 26 and 27, and Ambassador Murata and I made a concerted effort to find someone to inform the participants from 54 nations of the potential global catastrophe of reactor unit 4. We asked several participants to share the idea of an Independent Assessment team comprised of a broad group of international experts to deal with this urgent issue.

 I would like to introduce Ambassador Murata’s letter to the UN Secretary General Ban Ki-moon to convey this urgent message and also his letter to Japan’s Prime Minister Yoshihiko Noda for Japanese readers. He emphasized in the statement that we should bring human wisdom to tackle this unprecedented challenge.

 It seems to us that the Nuclear Security Summit was focused on the North Korea nuclear issue and on the issue of common security from a terrorist attack. Our appeal on the need for the independent assessment at Reactor 4 was regarded as less urgent. We predicted this outcome in light of the nature of the Summit. I suppose most participants fully understood the potential disaster which will affect their countries. Nevertheless, they decided not to raise the delicate issue, perhaps in order to not ruffle their diplomatic relationship with Japan.

 I was moved by Ambassador Murata’s courage in pressing this issue in Japan. I know how difficult it is for a former career diplomat to do this, especially in my country. Current and former government officials might be similarly restricted in the scope of their actions, as Ambassador Murata is, but it is their responsibility to take a stand for the benefit of our descendants for centuries to come—to pass on a world safer than our ancestors passed us.

 If Japanese government leaders do not recognize the risk their nation faces, how could the rest of us be persuaded of the looming disaster? And if the rest of us do not acknowledge the catastrophe we collectively face, who will be the one to act?

 Tokyo, March 25, 2012

 Dear Secretary-General,

 Honorable Ban Ki-moon,

 I wish to express my heartfelt gratitude for your considerate letter dated 2 March, 2012. Your moral support for a United Nations Ethics Summit will remain a constant source of encouragement for my activities.

 Please allow me to pay a tribute to your great contribution to strengthen nuclear safety and security. The current Nuclear Summit in Seoul is no doubt greatly benefiting from the high-level meeting you convened last September.

 I was asked to make a statement at the public hearing of the Budgetary Committee of the House of Councilors on March 23. I raised the crucial problem. of N0.4 reactor of Fukushima containing1535 fuel rods. It could be fatally damaged by continuing aftershocks. Moreover, 50 meters away from it exists a common cooling pool for 6 reactors containing 6375 fuel rods!

 It is no exaggeration to say that the fate of Japan and the whole world depends on NO.4 reactor. This is confirmed by most reliable experts like Dr. Arnie Gundersen or Dr. Fumiaki Koide.

 Please allow me to inform you of an initiative being taken by a former UN official who is endeavoring to have the Nuclear Security Summit take up the crucial problem. of N0.4 reactor of Fukushima. He is pursuing the establishment of an independent assessment team. I think his efforts are very significant, because it is indispensable to draw the attention of world leaders to this vital issue.

 I am cooperating with him, writing to some of my Korean acquaintances that this issue deserves the personal attention of President Lee Myung-bak. I have written today to Prime Minister Yoshihiko Noda. I asked him to consider taking the initiative of mobilizing human wisdom on the widest scope to cope with the Fukushima reactor No.4 problem, fully taking into account the above-mentioned “independent assessment team”.

 The world has been made so fragile and vulnerable. The role of the United Nations is increasingly vital. I wish you the best of luck in your noble mission. Please accept, Secretary-General Ban Ki-moon, the assurances of my highest consideration.

Mitsuhei Murata

Former Japanese Ambassador to Switzerland and Senegal

Executive Director, the Japan Society for Global System and Ethics

Posted by 大沼安史  at 04:15 午後   |

以上は「大沼安史氏」ブログより

日本政府も遂に日本には手に負えなくなり、国連に助けを求めた模様です。しかし、やることが遅すぎます。先に野田総理が収束宣言を出しましたが、あれはどうしたんですか?国民騙しの時間稼ぎなのでしょう。全く酷い日本の政府です。今では世界の笑いものです。

                                              以上

« 3.11、東日本大震災の真相に付いてー再確認 | トップページ | 最近のポールシフト情報に付いて »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 3.11、東日本大震災の真相に付いてー再確認 | トップページ | 最近のポールシフト情報に付いて »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ