カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 東電・勝俣会長は、全然悪いと思っていない感覚は? | トップページ | 制御されている私たち 金原ひとみ(芥川賞作家) »

2012年5月 8日 (火)

千葉県印西市の除染風景、他でもこんな程度!

Thursday, March 29, 2012

(こんなんで大丈夫?)千葉県印西市の除染風景パート2

タケノコから4月1日から施行の新しい安全基準を超えるキロ当たり180ベクレルのセシウムが検出された千葉県印西市。

印西市在住のブログ読者から寄せられた、印西市の小学校の「除染」風景を3月18日のポストでご紹介しましたが、更に追加で写真をお届けします。

市内の公園の風景。どこもこんなもの、とのコメント。これは、高線量の砂場の砂を入れ替え、その砂を公園内に埋めるために掘った穴から出た土だ、と言うことです。(どうやって砂を埋めたのか、3月18日の学校校庭の除染の写真を見る限り、あまり安心できなそうですが。)

中学校の校庭。幅跳びに使う砂場。シートをかぶせ、シートの飛散防止に古タイヤを置いています。

雨どいの下。毎時4.37マイクロシーベルト。除染後でも2.5マイクロだそうです。

印西市がとりわけ「適当」にやっているわけではないと思います。東北、関東の市町村は多かれ少なかれ、この程度の「除染」なのではと推測します。(それでも、やるだけまし。東京都などは、周辺の放射線量と毎時1マイクロ以上の差が出なければ何もしない、と公言しています。)

(H/T reader Chibaguy)

Sphere: Related Content

« 東電・勝俣会長は、全然悪いと思っていない感覚は? | トップページ | 制御されている私たち 金原ひとみ(芥川賞作家) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県印西市の除染風景、他でもこんな程度!:

« 東電・勝俣会長は、全然悪いと思っていない感覚は? | トップページ | 制御されている私たち 金原ひとみ(芥川賞作家) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ