カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« メンソールたばこ、脳卒中のリスクが2倍以上 | トップページ | 「プルトニウムは飲んでも安心」の東大・御用学者の大橋弘忠の尊大さ、責任を取れ »

2012年5月21日 (月)

日本の売国奴政治家の明日は我が身かなのニュース

殺人と汚職をめぐるムバラク裁判に沸くエジプト

民衆革命から半年、エジプトでは長期にわたる独裁政権を敷いてきたムバラク元大統領の公判が開かれました。カイロ郊外の警察学校に置かれた法廷に、入院先から担架で運びこまれた元大統領は、二人の息子とともに、在職中の汚職や革命中の市民虐殺などの罪状で裁かれます。

初公判が開かれた8月3日には大勢の群集が敷地を取り囲み、スクリーンに映し出される法廷の様子を固唾を呑んで見守りました。「今後何が起ころうと、今日はエジプト革命の決定的な瞬間です」と、昨年来カイロに居を移した元デモクラシー・ナウ!のプロデューサー、シャリフ・アブデュル=クドゥースは言います。

実際、民主化への道のりはいまだ険しいもののようです。革命後のエジプトは軍が実権を握り続け、民政への移行が進まず民衆デモが再燃した時期もありました。ようやく2012年5月末に大統領選挙が実施される運びになりましたが、旧体制の実力者が名乗りをあげて大きな反発を受けるなど、緒戦から波乱ぶくみです。一方、政治動乱による経済不振は深刻で、外貨準備が底をつき食料確保のためにも早晩、IMFなどの借款にたよることになりそうです。(中野真紀子)

 
 

ゲスト

*シャリフ・アブデュル=クドゥース(Sharif Abdel Kouddous) カイロ在住の元デモクラシー・ナウ!プロデューサー

字幕翻訳:玉川千絵子/全体監修:中野真紀子/ウェブ作成:丸山紀一朗

 
以上は「democracy now」より
自国民を愛さない売国奴のなれの果です。日本の売国奴政治家が沢山居ますので、良く参考にしてもらいたいものです。「国民の生活が第一」の歌を忘れたカナリアには用ありません。早く退場を願います。しかし、だからと言って昔の名前の党もいけません。以上

« メンソールたばこ、脳卒中のリスクが2倍以上 | トップページ | 「プルトニウムは飲んでも安心」の東大・御用学者の大橋弘忠の尊大さ、責任を取れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の売国奴政治家の明日は我が身かなのニュース:

« メンソールたばこ、脳卒中のリスクが2倍以上 | トップページ | 「プルトニウムは飲んでも安心」の東大・御用学者の大橋弘忠の尊大さ、責任を取れ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ