カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« エルピーダへの米外資乗っ取りは「日米半導体30年戦争」の敗北 | トップページ | 中国が北朝鮮をなだめられない理由ー1/3 »

2012年6月 4日 (月)

原子炉の壊滅的メルトダウンは10-20年毎に起きうる


福島原発事故

◆5月27日
 
 これからも原発事故が10~20年に一度の割で起きるだろうと、ドイツの研究所が発表した。今までにスリーマイル島、チェルノビュイル、そして福島と3回、大規模な原発事故がおきている。したがって今後も当然、事故が起きると考える方が合理的な考え方である。

 既にこのブログで示したように、今後地震や火山の噴火は世界中に頻発するようになっていくと考えられるから、それが原発を襲えば原発事故につながることが考えられる。また世界的な旱魃で川の水の減量で、川の水を冷却水としている原発は大問題を抱えるようになるだろう。さらには2013年に頂点を迎える黒点活動極大期での、超巨大太陽フレアーの発生とそれが地球を直撃した場合の電力関連システムのダウンが考えられる。

 人口密集地帯で起きれば「汚染地域」から退避させられる人口が数千万人にもなる危険が存在する。ヨーロッパなどは隣国の事故でも汚染は自国に拡散することになるだろうから既に一国だけの問題ではないと言うのが現実だ。福島の場合は偏西風が吹けば汚染は太平洋に広がる形であったから、国際問題になっていないのは不幸中の幸いだったということだ。

 多少、厳しい時期を過ぎることになってでも、人類は、脱原発に舵を切ることが賢い選択である。太陽のエネルギーを地上にと、核エネルギーを礼賛する者たちがいるが太陽のエネルギーはプラズマエネルギーであり、核融合によるものではない、という理論が新しい見解として出てきており、その理論の元になっている「電気的宇宙論」ないしは 「プラズマ宇宙論」というものが21世紀の宇宙論になるであろうと見られているのだ。人類が開発し確立すべきはこの宇宙に満ちるプラズマエネルギーを地上での【無限エネルギー機関】に変換するシステムとメカニズムである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ドイツの研究所:原子炉の壊滅的メルトダウンは10~20年ごとに起き得る
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2149154/Catastrophic-nuclear-reactor-meltdowns-like-Chernobyl-Fukushima-happen-20-years-scientists-warn.html?ito=feeds-newsxml
【5月24日 Jamie McGinnes – Daily Mail】

 新しい研究によればチェルノビュイルや福島のような原子炉の壊滅的メルトダウンが10~20年ごとに起こり得るという。ドイツのマックス・プランク化学研究所の科学者たちは似たような壊滅的災害が、今までの考え方から見れば200培多く、世界中で10~20年ごとに起き得ると恐れている。そのような大災害では放射性降下物による被害をこうむるリスクは、世界で西欧の人々がもっとも高い、とこの科学者は言っている。この科学者らは、すべての民生用原子炉の稼働時間とメルトダウンの回数からこの不吉な予測をしている。

 彼らはまた、チェルノビュイルや福島のメルトダウンで放出したセシウム137の半分が原子炉から1000㎞の地域にまで拡散するかもしれないと警告している。ジョス・レリーベルド所長を中心とするマックス・プランク化学研究所によれば西欧はほぼ50年ごとに汚染されるようになるという。国際原子力機関(IAEA)は、平方メートル当たり 40キロベクレル以上のセシウム137があれば、「汚染地域」と指定する。レリーベルド教授は「原子炉事故の実際的なリスクについて徹底的に公的な調査」を行う必要性があると語った。また彼は、「我々の調査から見て、国際的に原子力エネルギーからの協調的撤退ということが考慮されるべきと考える」と語った。

 1979年のスリーマイル島、1986年のウクライナのチェルノビュイルの事故が原子力を毒物問題にしたのだ。ソ連のチェルノビュイルでのメルトダウンでヨーロッパ中に放射能汚染が拡散した。2011年3月の津波による日本の福島原発事故は将来のエネルギー源に関する世界的議論を呼び起こし、ドイツは2022年までに原子力発電~撤退する決定を引き出した。

 この問題が発生する前は、日本は54基の原子炉で電力の三分の一を供給していた。しかし今月初旬、北海道の最後の原子炉をメンテナンスのために停止させたことで、40年以上になる期間で初めて原発による電力供給がストップした。

 世界中で現在440基の原発が稼働しており、60基以上が稼働予定となっている。プランク化学研究所は、ドイツ南西部の人々はフランス、ベルギー、ドイツの数多くの原発が存在している国境に近いのと偏西風のため、放射能汚染のリスクが最も高いことを発見した。

 もしも西欧でメルトダウンが起きたら、2800万人が住む地域が汚染されると彼らは語る。この数字は南アジアでは人口密度から言って更に高くなりそうだ。大きな原発事故が起きればこの地域では3400万人が影響を受けるが、アメリカ東部と東アジアでは1400万から2100万であろうとドイツの科学者たちは語った。

 大気化学学者のレリーベルド教授は、「ドイツが原子力から撤退することで国家の放射能汚染の危険を減らしたことになる」と語った。「しかしながら、ドイツの隣国が原発のスィッチを切れば更にその危険は減るだろう」と付け加えた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上は「rockway express」より
現在は、「地球大異変」の時代ですから、もっと短い頻度で起きるものと思われます。早く世界的に原発停止を実行しない限り、人類は放射能汚染で絶滅する可能性が非常に高いものと思われます。最終的には人類のエゴにより自滅するものと思われます。以上

« エルピーダへの米外資乗っ取りは「日米半導体30年戦争」の敗北 | トップページ | 中国が北朝鮮をなだめられない理由ー1/3 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子炉の壊滅的メルトダウンは10-20年毎に起きうる:

« エルピーダへの米外資乗っ取りは「日米半導体30年戦争」の敗北 | トップページ | 中国が北朝鮮をなだめられない理由ー1/3 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ