カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本人3人、東中国海で中国漁船に救助される | トップページ | ドイツWDR「希望的観測」の他に、何もない原子力 »

2012年6月 7日 (木)

中国が北朝鮮をなだめられない理由ー3/3

中国が北朝鮮をなだめられない理由(3)=共産党機関紙

  中国共産党の機関紙「人民日報」の国際版「環球時報」は19日付けの社説で、北朝鮮が「無鉄砲」な行動に出るたびに、中国はバツの悪さを感じているとし、中国が北朝鮮をなだめられない理由について論じた。以下は同社説より。

■「中国 北朝鮮」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト

  現在の互いに譲らない状況のもとで、中国の立場は一部で考えられているほどひどいものではない。中国の努力は外部でもかなり認められている。中国が北朝鮮との友好関係を維持していることに、日米韓は不満を感じながらも中国と北朝鮮核問題における交流を続けている。

  朝鮮半島問題をもっとも悪く見た場合、中国の現在の立場は、全面的な戦争が始まった際に最初に脅威を受ける対象から外れることを意味している。巻き込まれるかどうか、中国にはある程度の主導権がある。

  朝鮮半島問題はあまりに複雑で、中国のコントロールできる能力をはるかに超えている。中国はそれを受け入れ、予想外の出来事に現実主義の対応をする必要がある。

  中朝友好関係は保護に重点を置くべきだ。これは中国が北東アジアの外交で利益を得るうえで重要な一つであると同時に、役割を発揮できるきっかけにもなる。中国は北朝鮮に影響を与える新たな手段を探し、北朝鮮にひたすら譲歩しているわけでなく、中国の圧力が影響していなければ、北朝鮮は今以上に傲慢(ごうまん)で不遜であるに違いないことを日米韓に示す必要がある。

  日米韓が満足する北朝鮮をつくる能力など中国にないが、高い信頼を利用して北朝鮮の指導者に「もっとも緊迫し、苦しい状況になるのは北朝鮮政府と国民である。北朝鮮は思想を解放し、国の発展に向けてバランスをとる必要がある」と事実を伝えなければならない。(おわり 編集担当:米原裕子)

(1)へ (2)へ

【関連記事・情報】
中国が北朝鮮をなだめられない理由(2)=共産党機関紙(2012/03/20)
中国が北朝鮮をなだめられない理由(1)=共産党機関紙(2012/03/20)
北朝鮮がステルス偵察機を開発、発泡スチロール利用=中国報道(2012/01/06)
「北朝鮮に派兵、すでに越境」説を完全否定=中国・国防部(2011/12/29)
中国中央軍事委員会が北朝鮮大使館へ弔問(2011/12/28)

以上は「searchine」より

« 日本人3人、東中国海で中国漁船に救助される | トップページ | ドイツWDR「希望的観測」の他に、何もない原子力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国が北朝鮮をなだめられない理由ー3/3:

« 日本人3人、東中国海で中国漁船に救助される | トップページ | ドイツWDR「希望的観測」の他に、何もない原子力 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ